Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:立山









タモリさんたちは立山のさらなる神秘を探るため室堂平を出発。
バスで500mほど下ります。

t5

車窓から見える柱状節理。

t2

広い平原が見えます。

t4

弥陀ヶ原という平地。
室堂平の3倍の広さがあります。

t3

弥陀ヶ原は湿地帯で、3000もの池があります。

t7

弥陀ヶ原はラムサール条約(湿地保全のための国際条約)に登録された日本最高所の湿地。

t8

湿地は普通低いところにできる。
もしくは湖が枯れて湿地化したもの。

t9

なぜここに湿地があるのか?
その前にここが平地の理由を解き明かします。

t10

見慣れない石に目をつけたタモリさん。

t11

溶結凝灰岩:火砕流が冷えて固まった岩

t12

10万年前、立山で巨大な噴火がありました。

t13

発生した火砕流は谷間を20km以上にわたって埋め尽くしました。

t14

こうして溶結凝灰岩の広大な平地が生まれました。

t15

平地ができた理由はわかったが、湿地ができた理由は?
それはこの先に行くとわかるそうです。

t16

土壌は泥炭

t17

泥炭:微生物による分解があまり進んでいない寒冷地特有の土

t18

標高の高い弥陀ヶ原では冬の間厚い雪が一面を覆い、雪は初夏まで残ります。

t20

そのため枯れた植物の分解があまり進まず泥炭が堆積しているのです。

t21

泥炭は保水性が高い。

t22

スポンジが敷き詰められているようなもの?

t23

火山の火砕流で平地ができ、降り積もる雪で湿地ができる。

t24

火山と雪はここだけなく別の場所にも絶景をつくったそうです。

t25

タモリさんたちは絶景を見るために、さらに山を降りてきました。

t26

続きを読む









立山・室堂平からスタート。
標高2450m。

t1

雄山の山小屋と祠。

t2

タモリさん、初立山。

t3

富山市が一望できます。

t4

タモリさんの疑問:標高が高いのになぜ平らなのか?

t5

旅のお題は「北アルプス・立山はなぜ神秘的?」。

t6

案内をするのは、立山カルデラ砂防博物館の丹保俊哉さん。

t7

立山は富士山、白山と並ぶ日本三霊山の一つ。

t8

美しい立山連峰は極楽浄土に見たてられ、室堂平は信仰登山の拠点になっていました。

t9

標高が高いところにどうしてこのような平らな場所があるのか?

t11

タモリさんたちはその理由がわかる場所に移動します。

t10

ミクリガ池にやってきました。

t12

この池はどうやってできた?

t13

カルデラ?

t14

カルデラ湖と火口湖の違いはこちら

t15

室堂平ではかつて火山活動が活発でした。
池は水蒸気爆発でできたもの。

t16

室堂平ができたのは噴火か山崩れ?
それにしては、山が小さい。

t17

4万年前、3000m級の火山が噴火。

t18

噴火で流れ出た溶岩が、室堂平一帯を埋め尽くし、平らな地形をつくる。

t20

山はその後に崩れて現在の姿になる。

t21

溶岩で平らになった後に、水蒸気爆発でくぼ地ができ池ができた。

t22

池の端にまだ雪が残っています。

t23

噴煙が上がっている地獄谷にやってきました。

t24

日本最高所にある温泉

t25

白濁湯。

t26

足湯を楽しむ。

t27

浴室からの景色も最高。

t28

続きを読む

このページのトップヘ