Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:WOT

WOT WIKIによると、WOTのゲームをプレイするには最低でも予算5万、最高画質で快適にプレイするためには22万円以上の予算を目安としています。

私のノートPCは3万円の安物です。
当然、WOTをプレイするための最低動作環境を下回っていました。

ですから、題名に掲げたような症状に年中悩まされていました。 

動作が重いのはしょっちゅうと言うか、それが普通の状態でした。
 
重くても動けばまだいい方です。
ゲームに参加したはずなのに自分の戦車が動かない、そのうち接続が切れるというAFK状態も頻繁に起こりました(いわゆるクラ落ち)。
このAFK(BOT・INACTION・REECHING)が累積し、ついにアカウント停止になってしまいました。
しかも、永久アカウント停止という終身刑です。(゚∇゚ ;)エッ!?

isu152
一生懸命育てたISU152にももう会えません (p_q*)シクシク

今は新しいアカウントを作ってゲームをしていますが、動作環境が悪いのは相変わらずでした。

ところが、最近電源が頻繁に落ちるようになってきました。

この現象はWOTのプレイ中に限らず、PCでの作業が高負荷になると電源が落ちてしまいます。

調べてみると、ファンやヒートシンクなどの部品にホコリがついていると熱を抑えられなくなり電源が自動的に落ちてしまうケースが多いということでした。

そこで私は掃除機のノズルを排気口(吸気口)にあて、ホコリを吸い取ってみました。

この行為は事態を悪化させました。
インターネットに接続しただけで、電源が落ちてしまうようになってしまったのです。
おまけにPC を起動させると、アプリケーションが勝手に立ち上がるようになりました。。゜゜(´□`。)°゜。

完全にPCの調子がおかしくなってしまったので、私は最後の手段をとることにしました。
PCを初期状態に戻して、リカバリーするという方法です。
これをすると、インストールしたアプリケーションがかなり削除されてしまうのですが、背に腹は代えられません。

この作業をする際も、電源落ちでかなり苦戦したのですが、ここでの本筋ではないでそこは割愛します。

とにかくPCの初期化に成功しましたが、WOTをはじめ、多くのアプリケーションソフトを失いました。

そのかわり、PCは正常に動作してくれるようになりました。

WOTを再インストールし、私はゲームに参加してみました。
すると何ということでしょう!
以前よりずっと快適に動作するようになっていたのです。ヾ(=^▽^=)ノ

それまでゲーム開始前のカウントダウンから参加できることは滅多になかったのですが、今では毎回カウントダウンでゲーム開始を待てるようになりました。
以前は低fpsに苦しみ、ひどいときは4前後でしたが、今は安定して二ケタを維持しています

これは、PCの初期化によって、セキュリティ常駐ソフトなど負担の大きなアプリケーションが削除されたためではないかと考えています(セキュリティソフトは別のモノがインストールされているので、削除されたセキュリティソフトは再インストールしませんでした)。

こうして私は偶然にもオンラインゲームでの厄介な症状を軽減させることができましたが、PCやOSはユーザーそれぞれで異なりますから、安易にお勧めすることはできません。
もし、試す場合は自己責任でお願いますね。(⌒∇⌒)

ちなみに、WOTWIKIでは、動作環境の改善法として有線LANを推奨しています。

t34-85
 プレイヤーに人気のT34-85 このクラスでは最強?


オンラインゲーム ワールドオブタンクス

 WOT チームメイトとの闘い方(チャット編)
 
WOT~SWAMP他

WOT アカウント停止になる理由と期間

 

今回このテーマで記事を書くにあたり、あちこちのサイトを覗いてみたのですが、アカウント停止を食らうケースが一番多い事由はbotting/leeching(inaction/bot)のようです。
 
bottingは、ツールを使ってタンクを自動で操作する行為ですが、まあこれはそれほど一般的ではないようです。
ほとんどのケースは、leechingつまりタンクを戦場に放置すること(AFK)によるもののようです。

AFKを常習的に行い、それをほかのプレイヤーに通報されるとアカウント停止の処分が下されます。
 
私はAFKを故意にやったことはありませんが、スペックの低いパソコンでプレイしているので接続不良でAFKの状態になってしまうこと(いわゆるクラ落ち)はしょっちゅうあります。
この場合、私はもう一度ログインし直して、できる限り戦闘に参加するようにしています。
戦場に戻った時にはすでにわが戦車が亡き者になっていたということも相当数あります。
それでも、アカウント停止の処分を受けたくないのならば、できる限り戦場復帰を試みることをお勧めします。 
 
自陣に高ティアの戦車がAFKしている状態で接戦を落せば、誰だって怒りを覚えます。
アカウント停止云々以前にマナーの問題だと思います。

akaban
これがアカウント停止の画面 
見えにくいが下に赤字でアカウントの停止とその理由が表示されている

次にアカウント停止処分を受けるケースはFF(Friendly fire)もしくはTK(Team kill)、つまり味方を撃破する行為です。

誤射でもアカウント停止になった人もいるようですから、注意しましょう。
その方の場合は、1日のうちに連続して誤射により味方を撃破してしまったようです。
私も通算では7、8回は誤射で味方を殺してしまっていますが、連続ではないし、必ず謝罪をしているので今のところ問題になったことはありません。
誤射したら、すぐにsorryとチャットしておきましょう。
相手がまともな人間なら、状況を理解して通報するようなことはしないはずです。 

最近はFFを誘発させるような行為を仕掛けてくる悪質なプレイヤーもいるようです。
後ろから押してくる、二台の戦車で挟んで走行妨害するなどです。

大分前ですが、provinceで高台から狙撃をしていたら、後方から格上の味方に小突き回されてがけ下に落ち、最後は窪地に押し込まれてタンクは上を向いていました。
とどめにそいつに「go(行け」)とお許しをもらい、涙でprovinceの青空が滲んでいました。
いじめられっ子の気持ちがよ~く解りました。

味方から嫌がらせをされたら、運が悪いと思ってあきらめた方が得です。
味方を撃てば、損をするのは100%自分の方です。
どうしても腹の虫がおさまらないのなら、相手の妨害行為を皆に知らせて通報するように呼びかけましょう。
この際大事なのは、誰がやったのかをちゃんと覚えておくことです。
タンクの車種は重複することがあるので、ユーザーネームを記憶しましょう。

例)Report ****, he pushed me again and again
(しつこく俺を押してきた****を通報してくれ)

Insult/provocation(侮辱もしくは挑発)でアカウント停止になったという人のケースはいまだ見聞したことはありません。
まあ、あまりにひどければそういうケースはあるのかもしれませんが、我々日本人はゲーム中おおむね寡黙で謙虚です(笑)。
(追記:あまり頻繁にやっていると、1日チャット禁止などの刑に処せられるようです)

それから、complain に out of game  threatという項目が加わりました。
これは脅迫的な内容のメールを送りつける行為などだと思われます。
明らかに証拠が残る行為ですから、どんなに頭に来ても罵詈雑言はゲームプレイ中だけにした方がよさそうです。
逆に送られたら、WOTに転送してあげましょう。

chi to
日本人なら一台ぐらいは日本の戦車をガレージに置いていると思います 
 日本製は射撃の精度が高いような気がします。

アカウント停止の期間ですが、これは違反内容によって異なるようです。
例えば、TKなどは初犯は1日、2度目は1週間、3度目は1か月と回数を重ねるにしたがって期間が延びるようです。
一方、禁止MODの導入などは重罪とみなされ、非常に厳しい処分(永久アカウント停止)が下されるようです。

*追記:6月になって、私もついにアカウント停止の処分を受けました。
理由は<inaction/bot>
故意ではないAFKを避けるためには、もっとスペックの高いPCを購入するしかなさそうです。
2015 6月4日

*現在新しいアカウントで1から出直しています。
2015 6月14日

*あまりにもアカウト停止が長いので、運営に問い合わせ(WOTではチケットを切ると言うらしい)しました。
翌日、永久アカウント停止というショッキングな返信が帰ってきました。
ただし、ゴールドとプレミアム車両を除くすべてを削除した状態でなら1度のみアカウント復活が許されるという事でした。
少しですがゴールドも残っているので、復活をお願いしました。
初犯なのにいきなり無期懲役はひどくない?、という抗議だけはしておきました。
以上、ご参考までに。
2015 10月24日

WOT 低スペックによる低fps、動作が重い,クラ落ち、AFKなどの症状について

オンラインゲーム ワールドオブタンクス

 WOT チームメイトとの闘い方(チャット編)
 
WOT~SWAMP他
 
 
WOT 敵と戦う~実戦編 




 


 

WOTでのゲームの楽しみ方はいろいろあると思います。

もし、戦場で無双(超人的な活躍をすること)したい、とにかく勝率をあげたいとお考えなら、ゴールドを購入することをお勧めします。
WOTも商売ですから、お金を払うお客様には気持ち良くゲームできるようにしています。
金弾積んだり、付属品をつけてタンクや乗組員を強化すれば、やはり戦場ではぐんと有利になります。 
 私のISU-152君は、金弾積んだ同格の戦車に正面を撃たれて一発で消えました。

私自身は一応ラマーの付け替えに必要なゴールドは購入しましたが、額にして500円程度です。

私の場合は、パソコンのスペックが問題です。
私が使っているパソコンのスペックは最低基準を下回っているので、ちょっと調子が悪いと泥沼の中で戦っているような感じです。
もっと調子が悪いと、戦場に登場した時にはすでにタンクは天に召されています。
まあ、チームメイトにしてみれば迷惑な話です。

comet
ウチの問題児1 コメット君 とにかく砲が弱くて格下でも打ち負けることがある

ゴールドやパソコンのスペックという要素は置いておいて、このゲームでは基本的にどう戦えばよいのか?

私も勝率をあげるためチームの勝利のために懸命に戦ってきました。
滅私奉公という言葉がありますが、勝利のためにわが身を犠牲にすることもしばしばありました。
ただ、機械のシステムが戦闘内容を判定しているので、せっかくの献身的貢献もまったく評価されないことは少なくありません。

まあ、それでも自分なりに楽しんでいればいいやと思っていたのですが、このゲームは格上になるほど経費がかさむようにできています。
師範や師範代になるといろいろと物入りになる日本の茶道・華道と同じシステムです。
NOOBな私でもさすがにゲーム数の累積ととともにガレージにあるタンクたちが徐々に出世してきたので、クレジットの懐具合が苦しくなってきました。
このままだとクレジットが増えるどころか減り続け、ゴールドの購入を余儀なくされます。
そういう意味でもWOTのゲームシステムは良くできています。

kingtiger
ウチの問題児2 キングタイガー君 カッコいいけど、弾代がかさんで勝っても赤字のことも

そこで、簡単にタンクを潰すような無謀な戦いは避け、自分のタンクを大事にする戦い方に路線変更しました。

ゲーム数をこなしていると、しばしば深く考えずに前線にふらっと出て、むざむざ敵の餌食になるような失敗をしていたのですが、これはクレジットも経験値も全く稼げない最悪の結末(大赤字)です。
また優勢なゲームでも調子に乗って敵陣深くに乗り込むと、思わぬ伏兵に大ダメージを与えられてしまうこともよくあります。
うかつに前に出ない、これは自分のタンクを大切にするうえでとても重要です。

さらにバトルを上手に戦い抜いて生き残るためにはミニマップのチェックが重要な鍵になります。

常にミニマップで敵味方の状況を確認しつつ、どういう形で戦うかをイメージしながらタンクをコントロールします。
停車するときは必ず遮蔽物を利用します。
前に出る時は、後方に支援がいるかどうかを確認します。

初級者と上級者の違いはミニマップをちゃんと見ているかどうかの違いのような気がします。
目の前の敵にとらわれていると、横や後方から来た敵に気づかず撃破されたり、デイフェンスがおろそかになって数的に優位でもキャップ負けを喫したりします。
極端に言えば、左目でスクリーンを見て右目でミニマップを見るぐらいのイメージでゲームをする必要があります。

このように慎重にプレイをして、被ダメージを少なくして戦っていると、自然にサバイブ率も高くなりますし(敗戦の時は生き残りは難しくなりますが)、クレジットの赤字も防げるようになってきます。

一見チームプレイではなく、わが身を大事にする利己的な戦法に見えますが、最後まで戦場に残って戦うことはなによりも大きなチーム貢献になります。

それに常にチームプレイを強く意識しているのは日本人だけのような気がします。
所詮はシステムでふり分けられたその場限りのチーム(外人混成部隊)ですから、あまり自分のやり方(チームプレイ)にこだわらず、状況に応じて柔軟に対応することが得策だと思います。

一つ一つのバトルを丁寧に戦って無駄死にを減らせば、自然と勝率も上がってゆきます。

しかし、勝負は時の運。
味方のふがいなさを嘆いても仕方ありません。
負け戦でもしっかりクレジットをゲットいたしましょう。

t54e
ウチの問題児3 T54E様 とにかく車両修理費がお高い高級車 図体がデカくて扱いづらい

オンラインゲーム ワールドオブタンクス

 WOT チームメイトとの闘い方(チャット編)
 
WOT~SWAMP他

WOT アカウント停止になる理由と期間










 

家庭用ゲーム機器が出回る前は、1980年代にインベーダーゲームとかブロック崩しなど、喫茶店やゲームセンターでやるゲームが大流行しました。
私もおつき合いで少しはやりましたが、のめりこむほどではありませんでした。

invade
 コンピューターゲーム界のビッグバン 
 これでコンピューターゲームの認知度が一気に高まりました


私が最初にやった家庭用コンピューター・ゲームは、ドラゴンクエストでした。
まだファミコンの時代で、ゲーム機にカセットを嵌めこむタイプです。
画像があまりにお粗末で面白くなくて、途中で止めてしましました。

doragon1
 これをやるには大人になりすぎていた?

これに懲りて、しばらくゲームには手をつけませんでした。 

そして、1990年代後半、家電店で何気なく手に取ったパソコン用ゲーム・ソフトによって、私のゲーム・ライフが復活しました。
それがトゥームレイダーⅢです。

まず、画像が美しいのに驚きました。
ジャングルや古い寺院、ロンドンの地下鉄などクオリティの高い画像によってバーチャル世界にすんなり入りむことができました。

 tomb
 結局3が一番面白かったな…

セクシーで強いヒロイン”ララ・クロフト” は様々武器を手にして敵と戦いながら冒険をします。
 決してやさしいゲームではなく、行き詰った時にはネットのゲーム攻略サイトに助けてもらいました。
このゲームで、私は初めてコンピューター・ゲームに夢中になりました。

 そして、再び手にしたドラゴンクエストも短い期間ですさまじい進化を遂げていました。
ルーラ、ホイミの呪文は昔のままでしたが、画像のクオリティやゲームシナリオの面白さは初期作品とは全くの別物でした。
天空シリーズをはじめ、2000年代前半までのドラゴンクエストに次々と手を伸ばしました。

nonenslaim
 能年玲奈の正しい起用法

次にハマったゲームはレイトン教授シリーズです。
謎解きの面白さもさることながら、私はこのシリーズの絵と音楽が好きでした。
イギリス(?)の情緒あふれる街並みを見ていると、不思議に心が癒されます。
rayton
独特のレイトン・ワールドが素敵です

有名なファイナルファンタジー・シリーズも中古ソフトを買って時々やりましたが、このシリーズの絵は私好みではありません。
最近、車のCМでどこかで聞いたことのある懐かしい音楽を流していると思っていたのですが、このシリーズのテーマ・ミュージックだったのですね。

/

私はこれらのゲームをニンテンドーDSやプレイステーションを使ってやっていましたが、メーカーが度々ゲーム機器をリニューアルして新しいゲーム機器の買い替えを迫るため、嫌気がさしてゲーム機器でのゲームプレイをやめてしまいました。

ゲーム機器をすべて処分したので、今やっているゲームはパソコンを使うオンライン・ゲームだけです。
オンラインゲームの良さはゲームの相手が人間だということです。 
行動が予測不能な人間同士がゲームをするので、同じゲームは一つもありません。

不正行為をしかけられたり、チャットで罵られたりと不愉快な思いをすることもありますが、これもままならない人間を相手にしてこその醍醐味と思えばリベンジして楽しむこともできます。

 wot1
 戦争ごっこは男子の本能
 
 















9.0バージョンになってから、ラグがひどいというよりほとんど動かなくなったのでだんだん遊ぶことがなくなってきたのですが、9.1になってからまた動くようになってきました。

今日の午前中、Lorr155 50(自走砲)でSWAMPのバトルに参加していたのですが、中盤味方のIS6を撃破してしまいました。

味方と敵ががっぷり四つに組んでいるところに砲弾を落とすと自走砲ではしばしば起こるアクシデントです。 
おまけにフレンチの自走砲は精度が悪いし…。

すぐに詫び(SORRY)を入れたのですが、亡霊になったIS6君は激怒しているようでした。
ただ、こっちも取り込み中だし、英語なんで 彼が何をわめいているかまでは把握してません。
 
ゲームは途中まで味方優勢だったのですが、北側スタートではよくあることですが、敵陣付近で攻めあぐねて結局逆転負けを喫しました。
ゲームが終わってから、もう1戦してガレージに戻るとお手紙が来ていました。

経験上、WOTでもらうお手紙にはロクなことが書かれていません。
重い気分で手紙を開いてみると、それはIS6君からの謝罪の手紙でした。

「ひどいこと言って悪かった。俺も自走砲の時は時々やっちゃうんだわ」

コンプレインを恐れたのかもしれませんが、被害者なのにわざわざ謝罪の手紙を送るとはあっぱれな心がけ。
私もすぐにお返事を出しました。

「全然大丈夫。こっちこそ誤射してゴメン。またどこかで会おう」

こんな風に好青年風なコンタクトができるのはここ(WOT)では珍しいかもしれません。

爽やかな話だけでは面白くないので、私の記憶に残る極悪プレイヤーの話を一つだけ書きます。

大分前になりますが、FJORDSでのバトルでした。

ヘルキャットの2つ手前ぐらいの駆逐戦車で参加していたのですが、味方の中戦車(仮名FF)に3発入れられて殺されました。
おまけに、「トロトロしてんじゃねえよ、ボケッ」ぐらいの暴言まで吐かれました。
確かにラグで動きが重かったのですが、誰にも迷惑はかけていません。

この殺害現場に他の味方がやってきて、「何してんだ?」と言ってきたのですが、FFは「こいつ(私)が撃ってきたからやむなく殺した」みたいな大ウソをこきました。

私は怒りのあまり、何も言うことができませんでした(英語だし)。

それからだいぶ経って、ERLENBERGでFFが味方チームにいました。
(私はブラックリストにヤツを載せていたのでヤツの名前には赤いマークがついています)

私はFFから離れたところにいたのですが、味方の誰かが川に突き落とされるという事故が発生したようです。
チャットのやり取りから、またFFがやりやがったことはすぐにわかりました。
しかも私の時のようにうまく言い逃れをしているようです。

しばらくなんだかんだ言い合いがあり、誰かが「オレはFFを信じる」と言いました。
私も黙ってられなくなり、「オレあいつ知ってるけど、嘘つきだぜ」と言ってやりました。

FF君はほんとうに病的な性格の持ち主だと思います。
以前はよく見かけたのですが最近は全然見ません。
さすがにアカウント停止を食らったのかもしれません。

lorr50
 Lorr155 50 精度はイマイチだが、スピードはある 


オンラインゲーム ワールドオブタンクス

 WOT チームメイトとの闘い方(チャット編)
 
WOT 敵と戦う~実戦編 

WOT アカウント停止になる理由と期間

このページのトップヘ