Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:TVタックル

腹筋を鍛える女性が、巷に増えているそうです。

fuku1

ベストボディ・ジャパン2015さいたま大会。
この大会のテーマは”健康的な女性らしさ”なので、ボディビルのように極限まで鍛えあげたボコボコに割れた筋肉を持つ女性はいません。

 fuku3

その一歩手前、鍛えながらもうっすらと筋肉を皮下脂肪が覆い、女性らしさが残る肉体。

fuku2
26~34歳クラス優勝者の腹筋

腹筋女子にとって腹筋はファッションの一部、あくまで自己満足なので男性の視線は関係ないそうです。

腹筋女子になるためには何をすればいいのか、また腹筋女子は男性にモテるのか?
番組はその実態に迫っていきます。

fuku4
 
1.腹筋女子の主食は???と???

大会二日前、大会出場を予定している林さや夏さん(32)さんの自宅を訪れてみました。
会社員の林さんは仕事が忙しくてトレーニングジムに通う暇がないので、部屋には約10万円をかけて作ったトレーニングルームがあります。

彼女は10代20代の頃は運動とは無縁の生活だったそうです。
30を過ぎて贅肉がつき始め、 痩せたいという思いで筋トレを始めたそうです。
引き締まっていく肉体に次第に自信を持つようになり、筋トレにハマっていったそうです。 

もちろん、無駄のない美しい肉体を作るために食事も制限しています。
彼女のこの日の夕食のメニュー。 

fuku8

鶏ささみのバジル炒め、温野菜(ブロッコリー、ナス、ジャガイモ)、キムチ納豆、少量のハチミツをかけたヨーグルト、プロテイン。
タンパク質が多く、脂質・炭水化物がかなり控えられた食事が基本のようです。

低カロリー高たんぱくの鶏ささみとビタミンなどの栄養価が高く食物繊維が豊富なブロッコリーは筋トレマニアには2大必須食材。
味付けを変えて毎日食べているそうです。

そんな彼女も大会が終わったら食べたいものがあるそうです。

fuku9

それは、コッテリの豚骨ラーメン。
もう体が欲しているのでしょうねw

12歳の息子がいる腹筋女子、重永徳子さん(38)の主食はラム肉。
ラム肉も、高タンパク、低カロリー、そして脂肪燃焼を助けるとされるカルチニンが含まれているのだそうです。

ということで、腹筋女子の主食は、鶏ささみとブロッコリーとラム肉でした。

2.芸能界の腹筋女子

芸能界でも腹筋女子は大ブームです。

スタジオのゲストの中村アンさんも鍛えた腹筋をその場で披露。

 fuku7

芸能界で有名な腹筋女子といえば、AKB48の田野優花さん(18)なのだそうです。

fuku10

ということで、レポーターが田野優花さんを突撃取材。
彼女はその場で見事に縦に割れた腹筋を見せくれました。

fuku6
 
田野さんは小学校3年生からヒップホップダンスを習っており、キレのあるダンスパフォーマンスがウリ。

この腹筋を維持するため、彼女もストイックな生活をしているようです。
まず、夜ご飯は食べない。
公演終了後メンバーたちと焼き肉を食べにいったときも、飲み物だけでガマンしたそうです。

fuku11

3.腹筋女子は???にめちゃめちゃモテる

では、男性たちは腹筋女子をどう思っているのか?

fuku15

街頭インタビューをしてみました。
 
 fuku13

多くの男性は女性の割れた腹筋はちょっと苦手なようです。

fuku12
 
しかし、この男性たちはちょっと違うようです。

食い入るように腹筋女子の腹筋を見つめる腹筋男子たちw

fuku5
 
「(つきあうと)食事とかトレーニングを高めあえるような気がします」という意見もあったように、趣味が共通しているので彼らは腹筋女子にとても魅力を感じるようです。
 
ということで、腹筋女子は腹筋男子にめちゃめちゃモテる!、ようです。 

fuku16
 
個人的には、女子陸上選手の腹筋は”いやらしい意味で”好きですw

 fuku17

番組前半は割と和気あいあいと進行していましたが、テーマが領土問題になるとややとげとげしい雰囲気になりました。

tv323

竹田恒泰さんが韓国を批判し、金慶珠さんがそれに反論。
似たような場面を、もう幾度となく見てきたような気がします。
金慶珠さん自身も「何かを言って、それに対して反日だと言われるのはもう飽きた」と言っていましたが、私もこういう論争にはうんざりしています。

それはおそらく論争が理屈を被せた感情のぶつけ合いに終わってしまい、何も生み出していないからだと思います。

番組中一番面白かったのは、苗字の話でした。
キム・ヒョンギ「私はこう見えても王様の子孫なのです」
金慶珠「氏姓制度で困ったのは、こうやって誰でも王族の末裔と名乗るようになって…」
阿川 「先生はどうなんですか?」
金慶珠 「私は本家本元の王族です(苦笑)」
一瞬、納得しそうになりましたw
チャングムなんかを見ていると、どう考えても美人の慶珠先生が王族の妃役がしっくりくるし、ヒョンギさんは村人か商人役がぴったりです。
でも、どこの国でも高貴な身分の人物だからと言って容姿が必ずしも優れているわけではないというのが現実です。
ヒョンギさんの先祖が案外本物の王族なのかもしれません。

images

人間、血縁幻想というか、だれだれの直系の子孫という話に弱いものです。
だからこそ、竹田氏の天皇の玄孫というのも大きなセールス・ポイントになっています。

番組最後にビートたけしさんが、「(日韓は)芸能・スポーツの分野で良きライバルであってほしい。政治的な話はそれから」と言っていました。

私も同感です。
今は政治的な論争をするには空気が険悪になりすぎてしまったと思います。
これでは感情的なもつれが大きくなるばかりで、良い解決策が出るとは思えません。

ひとまず冷却期間を置くことが必要だと思います。 

正直どちらの国も国内情勢が安泰とは言えません。
差し迫った大きな危機こそはないものの、見通しは不透明、解決しなければならない問題をいくつも抱えています。 
お互いに隣の国と角を突き合わせている余裕はないはず、と思うのですが…。 




私の名前はキム・サムスン コンプリートDVD-BOX
キム・ソナ
アミューズソフトエンタテインメント
2014-03-26






● パンダでビジネス!?

パンダが中国からレンタルされているとは知りませんでした。
しかも日本で生まれた子パンダも所有権は中国にある。
人間の抜け目ない商法と愛らしいパンダのイメージにギャップがあるのである種ショッキングなニュースとなったのでしょう。 
問題は年間レンタル料(つがいで約1億円)を払う価値があるのかどうか、ということになりそうです。
上野動物園のパンダは都民として私はいらないけど、子供たちにはパンダは必要なのかな?

● 痩せている女性過去最多 
 
今の若い女性の体重基準が「やせ」の方に傾いているという事のようです。
健康面で言えば、太りすぎもやせ過ぎも体にダメージを与えますから、どちらにせよほどほどにしておいた方が良さそうです。
ゲストのおのののかさんが若い女性代表として「極端に痩せているわけではないからほっといてほしい」という旨の事を言ってましたが、そう言われてしまえば返す言葉はございません。

オジサンの好みなんか言ってもしょうがないでしょうが、きれいな女優さんが棒みたいな細い脚だと心底ガッカリします。 
AKBの子たちは、細くてもダンスで鍛えているから皆ある程度太モモがしっかりしている。
AKBは合格ですw

● 秋田なまはげ存続の危機

「なまはげ」はそもそも秋田の一部の地域の伝統行事ですから、「なまはげ」体験がある人、「なまはげ」を見たことがある人は全国的にはほとんどいないのではないでしょうか。
それでもどういうわけか、「なまはげ」は全国区レベルの有名行事です。

みんなが知っている「なまはげ」が廃れてしまうのは寂しいことですが、他県民のために「(お膳を用意するのが)面倒」、「家が汚れる」、「怖すぎる」と感じている地元の人たちになまはげを続けてもらうのもおかしな話です。

そういえば、クールポコのネタに、「なまはげっ!」というのがあったような気がするのですが、どういうフリだったのか忘れてしまいました。

ハロウィンなんかにうつつを抜かさず、若いモンは「なまはげ」やりなさい。

● 3Dプリンターで○○コピー

わいせつか否かの当局の検閲基準について、AV監督の村西とおるさんが面白いことを言っていました。
「アメリカのAVは(人の)関係性をチェックするが、日本は性器の露出の有無を重視する、だから日本のAVはエロスを追求することができる」
わいせつ性は必ずしも性器そのものにあるわけではないことを物語っています。

まだ裏ビデオが貴重品だった若い頃、友達が持ってきた裏モノを鑑賞したことがありましたが、性交のどアップが延々と続き、興ざめした思い出があります。
そういうものは、馬や牛の性交と大差がないのです。

だから、関係性を取り締まる外国の当局の方がわいせつの本質についてよく解っているような気がしますが、ここを取り締まりの対象にするのかどうかはまた別の次元で問題になりそうです。

関係性とエロスは切っても切れない世界で、ここを追求するのは一つの芸術活動とも考えられます。
一方でここをあまりに野放しにすると、例えば児童ポルノといった犯罪を誘発することにもなりそうです。

3Dプリンターで女性器のデータを配信した問題は、実物を見ていないから何とも言えませんが、わいせつとは何かを世に問いかける良いきっかけにはなったのではないでしょうか。




← 肖像権がつく前におひとついかがでしょう









 

今回のTVタックルは主に集団的自衛権の是非を中心に討論が進められていました。

ところが、集団的自衛権行使容認派のオジサンが声を荒げてしゃべるので、イライラしてきて最後まで見られませんでした。

動物は敵と相対した時、まずうなり声で相手を威嚇して、それで決着がつかないと闘いになります。
そのオジサンのデカい声はそれと同じレベルの騒音でしかないので、討論と呼べる内容ではありませんでした。

ジャーナリストという肩書でしたが、物の見方も歪んでいました。
米国の衰退と何度も言ってましたが、別に米国は衰退したから"世界の警察"をやめたわけではないと思います。
他国の紛争に税金と自国民の命をつぎ込むことのバカバカしさに気づいただけでしょう。 
今はエネルギーの国内供給の見通しも明るいので、たとえ産油国の紛争でも介入に積極的ではなくなってきたのではないでしょうか。 

何故この人物がゲストとして呼ばれているのか不思議でした。
ああいうキャラクターがいると討論が盛り上がると踏んだのでしょうか。

戦争になるときはああいう手合いが大声で他の人の意見を掻き消して世論を戦争に導いていくような気がしました。
集団的自衛権について個人的には反対ではなかったのですが、剣を持たせるとそれを抜きたがる人間がいることがとても心配です。

この後、NHKスペシャルの「狂気の戦場 ペリリュー」を見ました。
米国のカメラマンが悲惨な戦場の実態を撮影した貴重な映像が流されていました。
戦争の本質を知るためにも、特に若い世代の人たちにぜひ見てもらいたい番組です。
 
狂気の戦場 ペリリュー 忘れられた島の記録
 
 
ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)
ユージン・スレッジ
講談社
2008-08-07

このページのトップヘ