Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:8月30日









ウチの旦那は神聖なスポーツをちょっとエロい目で見てるんです、というお怒りメール。

a1

セクシーな女子選手たちで盛り上がっている女子ゴルフ界。

a2

サラリーマンの日曜日の夕方。

a3

ほぼ100%だと思いますw

a4

プロ選手は見られてなんぼ。

a5

イアンソープの競泳水着にがっかりしたマツコ。
オネエのエロ目線は女性とはまたちょっと違うような気が…。

a6

露出度を増している女子陸上界。
エロカッコ良くなって人気が出た。

a7

男性がエロさを感じてしまうスポーツ。

a8

マツコは昔のレスリング選手のコスチュームが好きだった。
確かにこれはエロい、というかヘンw

a9

逆に女性は羽生結弦くんのスケートなんかを純粋にスポーツとして見ているの?

a10

制服も本物が着ているからこそ萌える。
コスプレではダメ。

a11

ゴルフウエアに身を包んでこその女子プロゴルフ選手。
スポーツ選手が普通の格好をすると、がっちりした体格のただの人になってしまう。

a12

プロ野球選手もユニフォームを着ているとカッコよいが、私服でいるとダサい。
今はそうでもないけど、一昔前はスジモンにしか見えなかったw

a13

お相撲さんは浴衣着て街にいてもカッコイイ。
朝青龍のサッカーは見たくなかったw

a14

個人的にエロいと思う女子スポーツ選手は、たまに体育会TVに出てくる青学の女子陸上部。

a16

グルメジャーナリストはんつ遠藤さんからの業界幸せニュース。

a17

能登丼はルールはユルいのでどんどん種類が増え、今や50種類に。

a18

輪島市の「天然活魚 今新」の能登丼はアナゴと夏野菜の天ぷらの天丼。

a20

能登町の「夢一輪館」の能登丼は牛丼。

a21

輪島市の「オープンカフェ木の音」はタコライスの能登丼。

a22

そもそも能登丼は、10年前能登半島の4つの地域の町おこしとして始まった。

a23

ルールは能登の食材を使用していればOK。

a24

ということで、能登丼は50種類を突破。

a25

続きを読む









プレゼンターはバイきんぐ小峠英二さん。

c1

説はこちら。

c2

ゲストで来ていたロンドンブーツの1号か2号。

c3

「バイきんぐ」にも飛び火。

c4

危険球を投げる鳥居みゆきw

c5

若手芸人200人にダサいと思うコンビ名をアンケート。
それをもとにランキングを作成します。

c6

第10位 ANZEN漫才

c7

アンケートには理由も書かれています。

c8

確かに漫才はほとんど見たことがない。

c9

足立センスw

c10

第9位 雨上がり決死隊

c11

バッサリw

c12

第8位 うしろシティ

c13

「蟹パーティー」もなかなかだぞw

c14

第7位 さらば青春の光

c15

第6位 ロンドンブーツ1号2号

c16
 
たいして重要ではないが、

c17

1号2号に批判が集中。

c19

第5位 フルーツポンチ

なかなか手厳しい「ひみつスナイパー健のふじこ」w

c20

コンビ名の由来を聞いて改めてダサいと思う。

c21

第4位 コロコロチキチキペッパーズ

カッコいい名前を真似しようとして失敗するパターン。

c22

実はコンビ名については、二人の間でもめていた。

c23

どっちに転んでもダサいw

c24

続きを読む

「自撮りグッズの世界」の案内人は生駒幸恵さん(29)。
自撮りを極め、数々のモデルにテクニックを教える自撮り指導員です。

jidori1

自撮り指導員とは聞きなれない言葉ですが、生駒さんはアパレルの会社員でショップ店員やファッションモデル、タレントなどに自撮りで実物よりきれいに映るノウハウを教えているのだそうです。
そして、ブログやインスタグラムに自撮り写真を上げさせる。

jidori2

つまり自撮り指導員とは…

jidori3
 
生駒さんが自撮りにはまりだしたのは10年前。

jidori4
 
当時19歳の生駒さんと幼馴染のなつ美ちゃん。
なつ美ちゃん目力強いw

jidori5
 
 ここまで進化した!最新自撮りグッズ

Hamee セルフィースティック付きハードケース


jidori6

スマホケースと自撮り棒が一体化した自撮りグッズ。
スティックは40㎝まで伸ばせます。

jidori7

撮影テクニック
① カメラは顔より高い位置で構え上目遣い気味に
② 撮影者の手を映さないようにする
③ 自然な表情を引き出すため連写機能を使う

jidori8

顔ww

jidori9

④ 顔が小さく見えるように撮影したり、太陽光の当たり具合を調節してきれいに見せるのがコツ。

jidori19

BLACK EYE WIDE ANGLE 

jidori11

スマートフォンのカメラ部分に装着するクリップ型の広角レンズ。

jidori12
 
レンズをつけると広角になります。
広大な景色やグループでの自撮りに最適。

jidori13
 
東京タワーのセットをバックに撮影。

ブラックアイなし。

jidori14

ブラックアイあり。

jidori15

カシオ EX-ZR3100

jidori16

液晶画面をレンズ側に向けることができる、まさに自撮りのために開発されたデジタルカメラです。

jidori17

勝手に美肌モードにしてくれるメイクアップモードが付いています。

jidori18

スマートフォンでアプリを立ち上げ、カメラのWi-Fiボタンを押すと写真がスマートフォンに自動的に送られます。 
一気に100枚動かせます。

jidori10

JOBY クリップタイト ゴリラポッドスタンド

jidori20

三脚部分が自由に動かせ、屋外の撮影に便利。

jidori21
  続きを読む

「プチプラ雑貨の世界」の案内人は、”雑貨が好きすぎて借金1000万を作った女性”森井ユカさん(50)。
本業はデザイナー。

ppz01

プチプラ雑貨とはプチなプライスの雑貨のこと。
森井さんの感覚では1500円以下の雑貨だそうです。
1500円以下の雑貨で1000万の借金はなかなかですが、話を聞いてみると雑貨を買いに海外に行っているそうです。
多いときは年20回。
だったら、1000万も不思議ではありません。

ppz3

プロフィールを見てみると、21歳で海外の雑貨に衝撃を受け、それから徐々に深みにはまり、現在に至るようです。

ppz2

さらに森井さんは雑貨を買うとき、使う用、愛でる用、予備と3つ買うのだそうです。

ppz4

尋常でない雑貨オタクぷりっを聞き、マツコ早々に見放すw

ppz5

プチプラ3大雑貨店 イケア


今回はイケア、フライングタイガー、無印良品の3大雑貨店の競演。

ppz12

マツコさんに好きな雑貨を選んでもらって、スタジオに用意された部屋にディスプレイしてもらうという趣向です。

ppz6

まずはスウェーデンの家具&インテリアショップのイケア。

ppz9
 
冬が長い北欧では室内で過ごす生活を楽しくするためにポップな家具や雑貨が多いのだそうです。

 ppz10

こちらが森井さんのオススメ。
時計の向き(置き方)で温度・タイマー・時計・ストップウォッチの4機能を使い分けることができます。

ppz11
 
青と黄色のカラーはイケア福岡新宮店オープン記念で販売された限定品。
もちろん森井さんはこれを買うために九州に行ったそうです。 

ppz13

LEDを使ったキャンドル(大中小の3個セット)。
電池式で本体を振ると電気がついたり消えたりします。

ppz14

金属があればどこでも貼り付けられるLEDライト。
両面テープがついているので金属以外のところもOK。
電池式です。

ppz15

 こちらも森井さんのオススメ。
イケアの代表的なプロダクト。

ppz17
 
ジョウロ、花瓶、ワインクーラーなどに使えます。

ppz18
 
マグカップの取っ手が上に付いているので重ねて保管できます。

ppz20

ベルギーのファッションデザイナーとコラボしたマグカップ。

ppz21

手回し充電式懐中電灯。
30回ほど回すと約1分半点灯。

ppz22

プチプラ3大雑貨店  フライングタイガー コペンハーゲン

1995年にデンマークのコペンハーゲンで誕生した北欧雑貨ショップ。
世界に656店舗あります。

ppz23
 
チェコのフライングタイガーで購入したTシャツ。
デンマーク語で「愛」と書かれている。

ppz25

ちょいちょい借金のことを思い出させるw

ppz24

ワイングラス。
6個セットでこのプライスはうれしい。

ppz26
 
バタークッキーとチョコチップクッキー。
本国ではもっと種類があるそうです。 

ppz27

クッキーを食べ終わった後は、缶を入れ物として使えます。 

ppz28
 続きを読む

このページのトップヘ