Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:5月27日

 人口減少問題を調査した件

2025年、女性の半数は50歳以上になり、出生数はさらに減る。

a2

2040年、全国の3戸に1戸が空き家。

a3

2100年、人口の40%が外国人になる(かもしれない)。

a4

 大阪府 人口が減り始めた問題

東京以外で人口が増えているのは愛知県と福岡県。

a5

大阪は4年前から人口減少に転じた。

a6

働き盛りの30~40代が東京に流出している。

a7

大阪の若年世代にインタビュー。

a8

周りは東京に行っている人が多い。

a9

劇団四季最先端説。
これはこのお姉ちゃんの個人的な勘違いでは?w

a10

大阪の若い世代にはアンチ東京感がない。

a11

「村上は大阪を捨てた」とか言わないの?

a12

村上はいずれ東京に捨てられて大阪に帰ってくるw

a13

 沖縄県 自然増加問題

沖縄は日本で唯一自然増加している県。

a14

文化的には琉球王国。

a15

やることないから、やるしかない説。

a16

「高校生はお墓でやるから膝をケガしている」は沖縄あるあるw

a17

 鉄道の廃線問題

採算が合わない路線が廃止されることにより、ますます人口が減る。

a18

ソフトクリームを作るのが下手すぎる鈴木さんのいる月形温泉も札沼線廃止の影響を受ける。

a19

久しぶりに月形温泉を訪ねてみたら、鈴木さんは1年以上前に退職していた。

a20

お客さんは鈴木さん目当てなのでソフトクリームを頼んでくれない。

a21

鈴木さんをマネしてみるがうまくいかない。

a22

ある意味名人芸だったのねw

a23

 後継者問題

特に深刻なのが農業と漁業。

a24

珍宝館の後継者問題。

a25

続きを読む

 記憶に残る上京者たち

 タダならどんな米でも食う

山形出身の女子大生。

a1

左の子はタダならどんな米でも食う主義。

a2

右の子は山形の米しか食べないw

a3

 伴奏をきっかけに他の楽器の子と付き合いたい

藝大でピアノを学ぶ岡山出身の彼。

a4

ピアノの伴奏がきっかけで彼女をつくる。

a5

希望は笛系。
下ネタかよw

a6

 夢だった渋谷のタワレコへ

長野出身の二人。

a7



a9

残念TSUTAYAでしたw

a8

 初耳

幼馴染で一緒の大学に入学。
中高も同じで人生の大半をともに歩んできた。

a10

右は彼氏なし、左は彼氏あり。

a11

初めて聞いたw

a12

これからは別々の人生を歩むんだろうなw

a13

 これはずっとポロシャツだと思っていた

鹿児島出身の社会人たち。

a14

それはVネックのTシャツ。
(この言い方もヘンだけどな)

a15

 ドラマに出てくるような河川敷に行ってみたい

鹿児島から上京した女子大生。

a16

そこで、河川敷に連れて行ってあげた。

a17

鹿児島には河川敷も少年野球もないのか?

a18

とりあえず走ってみるw

a19

河川敷でキーボード。
しかも結構尖ったジャズw

a20

 上京してきた若者たちに聞いた今の夢

考古学が好き。

a21

声優志望は今多い。

a22

東大に合格した二人組。

a23

総理大臣は3歳からの夢。

a24

ひいている友達w

a28

あなたの夢は?

a25

すぐ叶うぞw

a26

人生いろいろ。

a27

村上信五のライバル現る。

a29

村上は田中角栄の再来?

a30

若い子たちには田中角栄がわからない。

a31

田中角栄は小卒からたたき上げで総理大臣に登りつめた。

a32

続きを読む

 好きなテレビ番組のジャンルランキングでバラエティ番組は7位だった件

a12

10位~4位

a1
 
3~1位

a2

ドキュメンタリーはマツコも好き。

a3

「月曜から夜ふかし」はややドキュメンタリー。

a4

ガチのドキュメンタリー番組はキレイにまとめる。

a5

要は制作者サイドのさじ加減。

a7

ゆえにドキュメンタリー番組でもある「月曜から夜ふかし」は2位。

a8

「月曜から夜ふかし」ではNHKでは流さないようなニュースもやる。

a9

小岩で聞いた個人的ニュースw

a10

ゆえに「月曜から夜ふかし」は1位w

a11

 上京してきた人にインタビュー

 化粧が羨ましい剣道部女子

静岡から上京してきた二人組。

a13

君たちと変わらんよ。

a14

 とにかく田舎者と思われるのが恥ずかしい

福岡出身と大阪出身。

a15

方言が出ないようにする。
博多弁は日本一可愛い方言らしいから、使えばいいのに。

a17

疑心暗鬼になる田舎者。

a18

怪しいので名刺に載っている電話番号に電話する。

a19

田舎者というより世間知らずだなw

a20

 彼女が欲しい大学生活を送りたい

本音だよなw

a21

それ一番言っちゃダメなやつ。

a22

熟女好き?

a23

 Suicaに憧れていた

故郷の徳島ではまだ駅員が切符を切っている。

a24

ドキドキの初Suica。

a25

すぐに当たり前のことになるよ。

a26

 新宿駅前でパンをむさぼる女の子

a27

バイトの研修でもらったパンを食べていた。

a28

大阪から友達が来るのでここで待っている。
約束の時間まで4時間半w

a29

テレビ制作の技術系の専門学校に通っている。

a30

カメラを触らせてあげることに。

a31

初TVカメラ。

a32

デビュー戦でカメラに収めたのは…

a33

ちょっと厚切りベーコン?

a34

ジェイソンなw

a35

続きを読む


今回のゲストはショーケンこと萩原健一さん。

shoken2

場所は南青山のイタリアンレストラン、トラットリア・フィレンツェ・サンタマリア
ショーケンさんの行きつけのお店だそうです。

shoken3

珍しく緊張している三人。

shoken1

坂上忍さんはもちろん俳優の大先輩(坂上さんは3歳で子役デビューしているので、厳密にいうとショーケンの先輩ですが)。
ダウンタウンの二人はショーケンのファンなのだそうです。
50代、60代の男性は、若い頃ショーケンに憧れた人は多かったと思います。

ショーケンは1967年にグループサウンズ、テンプターズのボーカルとしてデビュー。
私も子供だったのですが、タイガースのジュリーとテンプターズのショーケンが大人気だったことは覚えてます。
今でいうアイドルですね。

shoken3

テンプターズは1970年に解散、1971年、ショーケンやジュリーをはじめとするグループサウンズのメンバーたちでロックバンド「PYG」を結成 しましたが翌1972年に解散。

shoken4

 この頃からショーケンは音楽活動から離れ、映画監督を目指すようになります。

1972年に松竹映画「約束」に助監督として参加しましたが、なぜか主演に抜擢されました。
この辺りの事情をショーケンさんは番組で話していましたが、要は俳優、女優の出演キャンセルが相次いだための窮余の策だったようです。
とにかく、この映画の演技で、ショーケンは俳優として高く評価されることになりました。

shoken5

同じ年に人気ドラマ「太陽にほえろ」で初代新人刑事で出演。
ショーケンが演じるマカロニ刑事の殉職シーンは有名です。

shoken6

1974年、「青春の蹉跌」でキネマ旬報最優秀主演男優賞を受賞。

shoken7

テレビドラマも「傷だらけの天使」、「前略おふくろ様」と立て続けに主演して人気を博しました。

この当時の10代20代男子に人気が出始めたのはこのあたりからだと思います。
特に「傷だらけの天使」でのオープニングシーンでのショーケンのカッコよさに若者たちは心を鷲掴みにされました。

shoken8

ダウンタウンもこのオープニングシーンのパロディ版を「ごっつええ感じ」でやっていました。

shoken9

「傷だらけの天使」は斬新なドラマでした。
ショーケンの弟分は当時新人の水谷豊さん。
岸田今日子さん、岸田森さん(お二人はイトコです)がドラマの怪しい雰囲気を盛り上げていました。

shoken10

坂上忍さんも記念すべき第1話にゲスト出演していました。

shoken12

続きを読む

 メールのやりとり中に急に電話へ切り替えないで

アルバイト(27)男性からの投稿、「メールをやり取りしていたのに、いきなり電話をしてくる父に腹が立つ。しかも、電話の内容もくだらない世間話なので無意味」、といった内容です。

line1

この投稿を聞いてまず思ったのは、ずいぶん仲の良い親子だな、ということです。
お父さんは息子さんが大好きなのでしょう。
だから、メールだけでは物足りなくて電話をするのではないでしょうか。
まあ、電話が好きというのは男性では少数派なのかもしれません。
 
私は電話は苦手なので、メールというツールができてとても助かっています。
自分の都合の良い時に返せるのが良いし、話しにくいことでもメールだと伝えやすい(逆の人もいると思いますが)。 
仕事の用件も記録が残るので、後で”言った言わない”のトラブルにならない。 

そんなメールにも弱点はあります。
文章だと、相手の意図が読み取りにくい。
特に短文だと、ニュアンスが伝わりにくい。
その点電話だと時間当たりの情報量がメールと比べると格段に多いし、声のトーンなどで、相手の感情や言葉の真意が伝わってくるので情報の密度もまるで違います。

line4

まあ、そういう意味では、直接会って話をするのが一番です。
だから、状況に応じてメール、電話、直接会うを使い分けるのが賢いコミュニケーション法なのでしょう。

怒り新党の3人はLINEを使っていないそうですが、私も使っていません。
そもそもガラケーですw
別に意地を張っているわけではありませんが、スマホの料金が手ごろになったら乗り換えようかなぐらいには思っています。
ただ、今でも電話とメールで十分なので、どうしてもスマホにしなくてはならない理由があるわけではありません。

line2

有吉くんがLINEいじめにあった話をしていましたが、私もちょっと違いますがスマホ迫害ぽいっ体験をしたことがあります。
自分のサイト(このブログではない)がスマホでどう見えるかを確認したくてグーグル・フォーラムというサイトで確認をお願いしたことがあるのですが、”なぜお前はスマホを持っていないのか”という旨をかなりきつい言い方で咎められたことがあります。
質問には答えてくれていたので、お礼だけ述べて引き下がりましたが、スマホを持っていないことを罪悪みたいに言われたことには納得がいきませんでした。

line3

目には見えませんが、スマホの社会的圧力はかなり強い。
話はやや飛躍しますが、戦争って、こうやって始まるような気がします。












 

このページのトップヘ