Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:3月30日










今年はアップルがアプリのダウンロードサービスを始めて10周年になるらしいが、だから何だ、というお話。

a1

ロケ地:杉並区 下高井戸浜田山八幡神社

a2

ゲストは、山田五郎さん、忍野さらさん、東京03の面々(飯塚悟志さん、豊本明長さん、角田晃広さん)。

a6

地盤の安全性を100点満点で数値化する地盤アプリ「JIBUN NO JIBAN」。

a7

自分がいる場所の地盤の状態をいつでもチェックできます。

a4

今回はそんなアプリを提供している地盤解析専門会社「地盤ネット」に依頼して、ロケ地の地盤を調査します。

a9

野郎と地面だけでは数字が取れないので、お色気もプラス。

a10

タイトル。

a11

今回の調査でお世話になる地盤ネット総研の小林智浩さん。

a12

そもそも地盤とは?

a13

建造物を建築する時、地面のことを地盤と呼ぶ。

a14

東京03の豊本と角田、地盤測定機とともに登場。

a15

全自動地盤測定機iGP。

a16

地盤アプリは広域の情報だが、地盤測定機はピンポイントで地盤の詳細な情報を得られる。

a17

iGPに行く前に…。

a18

何かを持ち上げる豊本と角田。

a19

スウェーデン式サウンディング試験を行います。

a21

スウェーデン式サウンディング試験:
1917年ごろスウェーデンで鉄道の地盤を調査するために開発

手動の地盤調査器具です。

a22

まず、先端にスクリューがついたロッドを地面に刺します。

a23

地盤調査員の淺越風人さんが使い方を教えてくれます。

a24

ロッドを地面に刺したら、クランプを取り付ける。

a25

クランプの高さはだいたいでいいらしい。

a26

次に重り(10kg×2,25kg×3)を使います。

a27

クランプに重りをのせて、ロッドが沈むかを調べる。

a28

重りを全部のせると、クランプと合わせて100kgになる。

a29

ロッドが沈まない場合は回転を加えてさらに調査。

a31

回した回数から地盤の強度を計算します。

a32

半回転数、重りの重さ、土の音を記録し、沈めていく。

a33

硬い支持層に到達して沈まなくなれば調査完了。

a34

タモリと忍野が回してみるがかなり重い。

a35

淺越さんによると、まだまだ全然いける。

a36

お色気頼みの昭和の深夜放送w

a37

ところで、関東ローム層はどこからやって来た?

a38

続きを読む

今回はガラスの中に閉じ込めた繊細なアート作品の紹介です。 

glass1
 
有識者は、「芸術新潮」編集長の吉田晃子さん。

glass2

① 田中勇輝・作「薬師寺西塔」

田中勇輝さん(73)は、コンタクトレンズメーカー、メニコン技術顧問。
創業者の弟さんだそうです。

glass3
 
メニコン60周年を記念して、誰もやったことがない事に挑戦することに。

glass4

それは、ボトルシップアートの究極系。

glass5

ガラスのボトルに閉じ込められた薬師寺西塔!

glass6
 
 いったいどうやって作ったのか?
社内保存用に制作過程を映像化したDVDがあります。

パーツは丸太から削り出した手作り。
約1万個あります。

glass7
 
パーツをいったん組み立ててみます。
ここまでで約2年。

glass8
 
組み立てたパーツを瓶の口に入る大きさまで分解。
瓶の中で組み立てるために、自作の装置を作りました。

glass9
 
瓶の中のクレーン?

glass10
 
瓶の中で吊り下げたパーツにパーツを付けたしていく。

glass11
 
息子さん(左下)もお手伝い。

glass12
 
丸3年の月日をかけて完成。

glass13
 
ガラスに閉じ込めた理由は、ホコリがかからないように…。
ボトルシップならぬボトルアーキテクチャ。

glass14
 
② ノグチミエコ・作「富士百景海龍」

有識者の吉田さんによれば、それは”緊張感のある美しさ”。

glass15

神奈川県藤沢市にあるガラス工房。
この女性がガラス作家歴25年のノグチミエコさん。

glass16
 
ノグチさんの作品は、ガラスの塊の中に様々な風景を閉じ込める、というもの。

glass17
 
海の生物。

glass18
 
地球。

glass19

作品の作り方。

1200度に熱した透明なガラスに色のついたガラスパウダーを付けます。

glass20

続きを読む

主婦(52)女性からの投稿、「食卓にスーパーから買ってきたおかずをトレーのまま出すと、私の旦那は”そりゃないぜ”と言ってとても怒ります。余計なお皿を使わないから洗い物も減るし経済的だと思うのですが、お二人はどう思われますか?」、という内容でした。

tore01

この投稿をした主婦はなかなかクレバーというかずる賢いと思います。

なぜなら、有吉くんもマツコさんも独身中年。
しかも、当面結婚なども考えていないと思われます。
そんな二人が、買ってきたおかずをいそいそとトレーからお皿から移すなんて図は想像できません。
トレー派の二人が、トレー派の主婦に不利な意見を言うはずがありません。

これに対して、夏目ちゃんは視聴者の期待通り、お皿に移す派。
その理由はトレーから直接食べていると、心がさもしくなっていくからw

tore4

さもしい:心が汚くいやしい、あさましい
最近聞かない言葉ですが、なかなか強烈なワードですw

tore6
 
さもしいは言い過ぎですが、トレー派は心が荒んでいくような気はします。
毒舌で鳴らす売れっ子タレントの有吉&マツコですが、心に潤いが足りないような気はしなくもありません。
というか、自らの舌鋒の切れ味を保つため、あえてそういう荒涼とした孤独な状態に身を置いているようです。
マツコさんは犬や猫を飼うことを思いとどまる理由をそんな風に語っていたことがあります。

有吉「買ってきたおかずを皿に移すなんてことは、買ってきた惣菜をさも自分が作ったように見せかけた写真をブログにアップするクソインチキ女がすることだ」
有吉くんの毒舌が冴えわたりますw

tore7

ここで番組のアンケート調査の紹介。

「スーパーのお惣菜トレーのまま食卓に出す?盛り付け直す?」という質問(対象:主婦78人)に対し、盛り付け直す74%、トレーのまま26%。

また、「スーパーのお惣菜トレーのまま食卓に出すのはアリ?ナシ?」という質問(対象:既婚男性211人)に対し、アリ67%、ナシ33%。

このアンケート調査の結果を受け、二人は市民の意識は比較的健全だという印象を持ったようです。
確かにアンケートを見る限りでは、お互いに相手を思いやっている様子がうかがえます。

有吉くんはトレーが嫌なら旦那が皿に移せばよいと言い、マツコさんもトレーのおかずが嫌なら旦那が料理を作ろうと提案。

奥さんもフルタイムで働く共働き家庭ならば、当然そうべきだと私も思います。
ただ奥さんが専業主婦の場合、トレーのおかずをそのまま食卓に出されたらちょっと職務怠慢のような気がして、旦那が「そりゃないぜ」と言いたくなる気持ちもわかります。

マツコさんの実家では、買ってきたようなお惣菜が皿に盛られて食卓に並ぶようになり、

tore2

だんだん買ってきたお惣菜の品数が増え、しまいにはトレーごとのおかずばかりが食卓に並び、そのままスーパーのお総菜コーナーみたいになっていたそうですw

tore3

この感じはよくわかります。
私も子供のころは母が手作りのプリンやアイスキャンデーを作ってくれたりしましたが、私たち子どもに手がかからなくなってくるようになると外で働くようになり、そうなると目に見えて料理が手抜きになってきました。
自分が料理を自分で作るようになったのも、母が働くようになってからのような気がします。

私は一人で冷凍シューマイをチンして食べるとき、皿に移さずそのまま食卓でプラスチックのトレーにおさまったシューマイをつついたりしていますが、誰かと食べる時は皿に盛りつけたい方です。

有吉&マツコはトレー派として、食卓にトレーのままおかずを出すことを承認しましたが、無条件でこれを家庭に認めてしまうのはちょっと違うような気がします。

 

夏目ちゃんのご挨拶 

通常の新3大コーナー終了後、マツコさんに促されて夏目三久総裁秘書の挨拶が始まりました。

miku01

夏目「えー、5年間務めさせていただきました…」

miku5
 
夏目「総裁秘書の職をこの度離れることになりました」

miku6
 
 夏目「お二人のそばで仕事ができるなんて、幸せな時間でした」

miku12

夏目「ありがとうございます」

miku7

夏目「新しい総裁秘書の方が、この党を支えてくださると思います」
有吉「大丈夫かね、イビリに耐えられるかね」
マツコ「本当だよ、あんた、私たち結構、そんな優しくないよ、本当に」

miku8

マツコ「どれぐらいで戻ってこれるの?」

miku9

夏目「また、遊びに来てもいいですか?」
 
miku10
 
有吉「いいとも~!」
マツコ「てんこ盛りね、もうね、これ」

miku11

 夏目「…(笑)」

miku13

 夏目「ありがとうごさいます。明るく送っていただいて、嬉しいです」

miku14
 
マツコ「寂しくなるわ、本当に」
有吉「お疲れ様でした」
夏目「ありがとうございました(涙目)」

miku15

新3大・夏目三久の肝っ玉を感じた瞬間

① 2011年4月5日初回放送

 初回なので、有吉&マツコも探り合いの中、

miku20
 
夏目総裁秘書登場。
懐かしいのに斬新な髪型w

miku16
 
二人の個性について聞かれ、

夏目「有吉さんは 猿岩石でブレークされて、いろいろ乗り越えられて今はもう毒舌でキャラを確立されているじゃないですか」

miku21
 
夏目「マツコさんは…うーん、まあ、まあちょっと…(言いよどむ)」
マツコ「ほんとのこと言っていいから言いなさいよっ!ほら、怒んないから」
夏目「まあ…太ってる?」

miku18
 
 有吉&マツコ「…(爆笑)」

miku22
 
クセの強い有吉&マツコに負けまいと、初回の夏目ちゃんは二人に真っ向から立ち向かっていましたw 
 
続きを読む

 村上、結構どこにでもいるんじゃないか問題

murakami1

多分、撮影した時の角度。

murakami2

髪型でしょう。
村上がキムタクに寄せていった気配がする。

murakami3

言いたいことはわかるw

murakami4

引きの画が似てました。

murakami5

村上度0.3%。

murakami6

特徴をよく掴んでいますw

murakami7

もはやまったく別人。

murakami12

歯並び一点。

murakami8

村上系列の最上位モデル。
若い頃の吹石一恵にも似てる。

murakami9

PVではそっくりだが、

murakami10

実物はそうでもなかった。 

murakami11
 
 カナダでも辱めを受ける村上くんw

 murakami13

 桐谷さん春の大掃除のウラ側

テーマ曲”サンサーラ”とともに自転車で登場。

kirista1
 
半年で、タイヤがツルツル。
桐谷さんをハワイの鉄人レース(トライアスロン)に出場させたい。

kirista2

この大掃除企画はイヤだったらしい。
でも、”笑いが取れたから”良かった、そうです。
部屋がキレイになることに関しては、興味がないようですw 

kirista3

手伝ってくれた担当ディレクターに感謝。

kirista4

引っ越し企画を目論む番組。
桐谷さんはほんとは掃除も引っ越しもしたくないのだろうけど、自分を引き立ててくれたこの番組をむげにはできない。

kiriista8

担当ディレクターに対する積年の恨みもポロリ。

kirista5

結局引っ越し企画から逃れようとして、言うことがブレブレになる。

kirista6

番組はまだまだ桐谷さんからダシを取るつもりのようですw

kirista7
 



 






このページのトップヘ