Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:1月14日


欲望期に絶対食べたい!絶品おはぎ2品

神奈川 こめ蔵 1個160円(税込)

a1

こめ蔵は鶴見を代表する老舗和菓子店。

a2

米好きな安井さんは米の粒感がしっかり残ったおはぎが好き。

a4

ずっしりと重い。

a3

米の粒粒が最高。

a5

絶妙なバランスにマツコも満足。

a6

キーワードは「半殺し」。

a7

ひとおもいに殺ってほしいw

a8

モチのつぶし具合が3~5分を半殺し。
8~10分を皆殺しという。

a9

安井さんは「半殺し」が好きw

a10

半殺しのおはぎをいただく安井さん。

a12

京都祇園 白 6個入り1500円(税抜)

a13

京都白は、ミシュラン2つ星の高級料亭の手土産店。

a15

安井さんのおはぎランキングNo.1。

a14

オシャレ&うまそう。

a16

あんこの宝石箱や~。

a17

彦摩呂は偉大なり。

a18

赤福ぽいっ。

a21

ぱくっ。

a20

これは飲み物w

a19

和三盆を使った上質な甘さのあんこが最高。

a22

京都の上品なおはぎをひと呑みw

a23

クセになりそうな食べっぷりw

a24

ダイエット中でも楽しめる!?女性必見!絶品おはぎ2品

SNS映えする進化系おはぎ。

a25

東京・桜新町のタケノとおはぎ。

a26

お土産や贈り物にぴったり。

a28

お洒落な店内。

a27

東京・蔵前 結わえる 1個160円(税込)

a29

中のお米がポイント。

a30

ちょっときなこっぽい。

a32

もち米にはない玄米の香ばしさがアクセントになる。

a31

玄米を寝かせてあるのでモチモチ感がアップ。

a33

食物繊維が豊富なので、翌日どっさり、だそうです。

a34

恒例となったおはぎ丸呑みショーw

a35

続きを読む


「おはぎの世界」の案内人は、”日本全国のおはぎを食べ歩くビキニフィットネス王者”安井友梨さん(35)。

a1

マツコの第一印象w

a2

私のカラダはおはぎでできている。

a3

「私の血はワインでできている」
故川島なお美の名言。

a4

安井さんのプロフィール。

a6

普段は丸の内の外資系銀行のOLさん。
NFLのチアリーダーみw

a5

父親がおはぎ好き。
家の前がおはぎを売っている米屋。
誕生日はおはぎケーキで祝う。
という、おはぎエリートの環境。

a8

こうなると、おはぎが大好きになるか、大嫌いになるかの二択だなw

a7

和菓子を食べるために茶道部に入部した大学時代。

a10

大学時代に出会った北海道のおはぎ。

a11

知る人ぞ知る宮城のスーパー「さいち」。

a13

ここのおはぎを買う人で行列ができる。

a12

おはぎ効果でビキニフィットネス日本選手権5連覇。

a14

2019年、アジアチャンピオンに。

a15

だとするなら、田舎のおばちゃんたちはフィットネスボディになっているはずw

a16

安井さんのおはぎ年間消費量。
12~2月はオフシーズンなのでおはぎ食べ放題。

a17

12~2月は1日10個食べている。

a18

オフシーズンにおはぎツアーを満喫する。

a19

大学時代の友梨ちゃんに会いたいw

a20

京都のおはぎツアーに同行。

a21

同志w

a22

老舗の今西軒に余裕の一番乗り。

a24

明らかにカタギじゃないもんなw

a23

ほんとに好きなんですね。

a25

おはぎ30個お買い上げ。

a26

大量オーダーに店員さんも困惑。

a27

こしあん10、つぶあん10、きなこ10。

a28

買ったら即食う。

a29

続きを読む

 平成を振り返ってみる件

シリーズ企画。

a8

今夜は平成元年から5年までを振り返ります。

a1

元号が「平成」と発表された平成元年。

a2

岐阜県武儀町平成(へなり)の平成フィーバー。

a3

当時9世帯37人が暮らす岐阜県の小さな集落、平成。

a4

元号と同じ地名ゆえに観光客やマスコミが押し寄せる。

a5

シイタケぐらいしかなかったこの集落で、平成まんじゅうや平成Tシャツが飛ぶように売れた。

a6

ここに来て平成の町はまた活気を取り戻している。

a7

平成最後の荒稼ぎ。

a9
a10
a11

4月30日は平成最後の日の入りを見る会を企画。

a12

平成が終わったらこの町がどうなるか心配だ。

a13

右端のインパクトが強すぎるw

a14

もうオバタリアンは忘れてるのね。

a15

平成2年。

a16

人面魚(山形県鶴岡市・善宝寺)。

a17

人面魚に端を発する人面ブーム。

a18
a19
a21
a20

あれから29年。
未だに人面にとり憑かれている珍樹ハンターの小山さん。

a22

小山さんの人面樹コレクション。

a23
a24
a25
a26
a27

平成2年「おどるポンポコリン」大ヒット。

a28

続きを読む

 街行く人の携帯の検索ワードを調査した件

 162㎝で48㎏はデブですか

a2

52㎏から48㎏にダイエットしたが、これでもまだデブなのかどうかわからなくて検索。

a3

その後徐々に検索ワードの体重が増えている。

a4

リバウンド中w

a5

 カメルーンどこ

a6

たまたま知り合った外国人がカメルーン出身だった。

a7

一夫多妻制の国と知って盛り上がるw

a8

 生理が2か月来ない

a9

思い当たるフシがありすぎて、誰が父親かわからない。
笑い事じゃないぞw

a10

 ぽっちゃり オーバーオール

a11

太ってしまったのでオーバーオールにしようかと思っているが…

a12

石ちゃんのポスターを見ると決意が揺らぐw

a13

 ナイトブラ 違い

ナイトブラをつけると、小さいおっぱいが大きくなるのかと思って。

a14

次の検索ワードが怖かった…。
「乳首切っちゃった」。

a15

産毛の処理中誤って乳首を切る。

a16

危うくタケノコを切るところだったw

a17

切ったら血だらけの更地w

a18

  タバコ 体力低下

a19

「タバコ 吸わない モテる」も検索。
喫煙者の揺れる心。

a21

喫煙者の本音w

a22

 酒やけ?

声が低い彼女。

a24

あまりにも「酒やけ?」と言われるので、「かすれ声におすすめののど飴ランキング」を検索。

a23

しばしば見る氷結女子w

a25

 吉原 ソープ

a26

続きを読む

 夜ふかし的新春かくし芸

a1

 肩甲骨芸

千葉県在住のスポーツトレーナー、大野昌朋さんのかくし芸は「肩甲骨せんべい割り」。

a2

ベキベキッ!

a3

インドの大道芸かなんかでクッキーで同じことやってたな。

a4

新技「肩甲骨ウズラの卵落とし」。
まだ成功したことはない。

a14

肩甲骨でウズラの卵を割り、

a11

肩甲骨で作った道を通して生卵を落とす。

a12

ハムエッグを作る。

a13

割れた卵。

a7

ホットプレートに白身がしたたり落ちる。

a8

白身だけがジュージュー焼ける。

a9

黄味を落とそうと悪戦苦闘。

a10

この後スタッフがおいしくいただきましたw

a15

 おなら芸

市川こいくちさんはいつでもおならを出すことができる。

a16

お尻から空気を吸い、それを出す肛門呼吸システム。

a17

豆腐屋さんの笛。
プ~ピ~~。

a18

おならの声変わり。
吸うと声が変わるヘリウムガスを使用。

a20

ノズルに肛門サイズのキャップをつけ、お尻でガスを吸う。

a19

肛門にヘリウムガスを注入。

a21

ピィーw

a22

おならお掃除。
空気を吸う力で粉を吸い取り、

a23

おならを出してごみを捨てる。

a24

コントロール失敗w

a25

続きを読む

このページのトップヘ