Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:黒木華

この映画は小さいお家とタキ(黒木華)で、ピタッと世界ができあがった感じがします。

chisaiouchi1

赤い三角屋根のモダンな文化住宅。
20世紀までは、洋風の意匠を取り入れた古い戸建て住宅があちこちにあったような気がします。

chisaiouchi6

デザイナーズ戸建てなので、窓や扉が妙に凝っていたりして、個性がありました。
今の戸建てはコスト重視の大量生産方式なので、機能的なのでしょうがどれもこれも同じようです。

asannoniwa
 杉並区阿佐ヶ谷 「Aさんの庭」
 
タキ役の黒木華は着物と割烹着が異様に似合います。
今の若い子にはなかなかない”清らかな色気”があります。
50代以上のお父さんが大好きなタイプです。
和装の彼女が赤い屋根のお家で家事をしているだけで、ノスタルジー度が100を振り切ります。

chisaiouchi2

彼女はこの映画で外国の映画祭の優秀女優賞を受賞したそうですが、外人のオヤジにも彼女の良さがわかるのですね。
そういえば、作中の会話で「ヒジキと油揚げ」という言葉が出てきましたが、翻訳ではどうなったんでしょうか。

このお話の舞台は戦前の昭和なので、もちろん私も生まれていませんが、どういうわけかいたるところに懐かしさを覚えてしまいます。

電話がまださほど普及していない頃のお話なので、いちいち先方の家を訪ねていく。
ちょっとした話でも、ハガキや手紙で応答する。
親せき筋とのつき合いが深くいろいろと干渉される。
戦後からかなりたった昭和でも、こういう名残りはまだあったような気がします。

それから、嵐の夜の”緊急事態感”。
今は台風が直撃しても特に何もしませんが、昔は「サザエさん」なんかを見ると台風襲来前には必ず警戒態勢に入ったようです。
窓に板を打ち付けたり、停電に備えてロウソクを出したり、食事は缶詰ですませたり…。

この映画では嵐の夜の緊急事態が、逆に抑えていた男女の心に火をつけてしまう結果になります。
時子(松たか子)が板倉(吉岡秀隆)に”接吻”をした時、見ていた私は思わず「あ~あ~」というため息にも似た声が漏れてしまいました。
不倫とか、ドロドロした恋愛とか、たとえフィクションでも私は好きではありません。

平凡で善良で美しい人妻のうちに潜む魔性。
この世で一番見たくないものです。

tokiko

この映画の恋愛模様については解釈が分かれるかもしれませんが、私はタキは板倉に対して密かに好意を寄せていたと思います。
時子が板倉に会いに行くのをタキが止めた時、それは二人に起こるであろう危機を回避することが動機だったと思います。
しかし、タキは板倉に思いを寄せていたからこそ、自分のこの行動を後々まで苦悩することになったのでしょう。
あれはほんとうに二人のためにしたことなのか、と…。

tumabuki taki

作品全体に漂う雰囲気がとても良い映画でしたが、板倉正治を演じる吉岡秀隆は二人の女性に思いを寄せられる男性としてはちょっと色気に欠けるような気がします。
あと、晩年の恭一(米倉斉加年)ですが、米倉氏は撮影当時、78、9歳、晩年のタキを演じる倍賞千恵子は71歳ぐらいのはずです。
恭一は少なくとも10歳くらいタキより若いのに、演者の実年齢が逆転してしまっています。

そのあたりはちょっと気になりました。

小さいおうち (文春文庫)
中島 京子
文藝春秋
2012-12-04


ちいさいおうち (岩波の子どもの本)
バージニア・リー・バートン
岩波書店
1954-04-15


小さいおうち [DVD]
松たか子
松竹
2014-08-08


 

「花子とアン」、とうとう最終回を迎えました。

そこで、今回は締めくくりとして本作品の部門賞を発表いたします。
あくまでも個人が独断と偏見で選出した賞なので、悪しからずご了承お願いいたします。
 
まず、助演女優賞は…ダラララララララ(ドラムロール)。
 
仲間由起恵さ~ん。

 nakama

抜群の安定感で、場面の要所要所を締めてました。
それから、ご結婚おめでとうございます。
末永くお幸せに。

助演男優賞は…。

 賀来賢人さん。

 kaku

憂いに満ちた暗いまなざしが素敵でした。

新人女優賞は…。

高梨臨さ~ん。

takanasi

朝の連ドラにふさわしい爽やかな美貌でした。
吉太郎さんと素敵なワイナリーを経営してください。

新人男優賞は…。    

矢本悠馬さん。

yuma

キュートな”てっ顔”で一躍お茶の間に人気者になりました。

ベスト・ドレッサー賞は…。

山田真歩さ~ん。
 
 udagawa

アンティークのお着物と小物類は毎回楽しみでした。

セクシー賞は…。

黒木華さん。

kurokiharu

オールウェイズ世代のオジサンは皆大好きだと思います。
顎から頬にかけてのラインとホクロが…もう…。

話題賞は…。    

ハリセンボン春奈さ~ん。

haruna

修和女学校時代を引っ張ったのはなんといってもこの人。

ベスト・ハズバンド賞は…。

鈴木亮平さん。 

ryouhei

女性は誰しもこんなダンナがいてくれたら…と思ったのではないでしょうか。
人気赤丸急上昇中の俳優さんです。

ワースト・ハズバンド賞は…。

 吉田剛太郎さん。

goutaro

ワーストとはいえ、とても魅力的な男性でした。

そして、栄えある主演女優賞は…。

吉高由里子さ~ん。

hanako

半年間、お疲れ様でした。
また、どこかでお会いできるのを楽しみにしています。
ごきげんよう、さようなら。

 花子とアン~序盤快調?女優陣に注目 

花子とアン~いよいよ中盤 注目の女優・男優陣 

花子とアン~中盤いよいよ佳境へ 

 花子とアン番外編~ちょっと気になる脇役たち

花子とアン~吉高由里子という女優

花子とアン~ちょっと気になる脇役たち part2

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 Blu-ray-BOX -1
吉高由里子
アミューズソフトエンタテインメント
2014-09-24

 

このページのトップヘ