Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:餃子

ロケ地:横浜市鶴見区 (株)岩崎 ビーアイ・ファクトリー

鶴見は京浜工業地帯発祥の地、というお話。

sam01

ゲストは板倉俊之さん(インパルス)、柳原可奈子さん、山崎育三郎さん。

sam02

今回は食品サンプル製作技術コンクールの出品作の紹介。

sam4

普段は顧客のオーダーに応じてサンプルを作っている職人さんが、本当に作りたかった食品サンプルとは?

sam3

解説は食品サンプル製作技術コンクールの委員長も務めている工場長の寺島貞喜さん。

sam011

まずは工場長の寺島貞喜さん(職人歴21年)の作品。
作品名「想い出食堂のカツ丼」。
工場長のこだわりは衣のサクサク感と卵の色のメリハリ、トンカツに染みた出汁のコントラスト。

sam5

リアリティを追究すると汚く見えてしまうので、一般的なサンプルはきれいでリアルではないそうです。
食品サンプル業界の定説では、”日本人はきれいな色と光るものに吸い寄せられる性質がある”そうです。

sam03

続いてコンクール1位に輝いた兵頭隆行さん(職人歴28年)の作品。
作品名は「鯵(味)を食らう!」。

普段の業務では魚のサンプルを作る機会はほぼないそうです。
兵頭さんのこだわりは匂いが嗅げるようなサンプル作り。

sam6

板倉「普段は何を作っているんですか」
兵頭「洋食ですね」
板倉「ここだけの話、もう作りたくないなというのあります?」
兵頭「まあ、しいて言うならハンバーグですかね(一同爆笑)」
板倉「あんなに人気者なのに」 
兵頭「入社してからずっとハンバーグばっかり作ってますから(爆笑)」
 
sam04
 
続いて、商品企画賞受賞の塚越千春さん(職人歴18年)の作品はお味噌汁。
作品名は「究極の一杯」。
定食のわき役でしかないみそ汁サンプルを本気で製作。

sam1
 
板倉「工場長から見ても、これは見事ですか?」
寺島「そうですね、見事というか、みそ汁一杯に何でここまでやれるんだろう、ていう(爆笑)」
板倉「ちょいちょい、ヒドイんだよ」

 sam09

こちらが一般的なみそ汁のサンプル。
タモリ「みそ汁と言われたらみそ汁、茶わん蒸しと言われたら茶わん蒸し」

sam05
 
続きまして、コンクール2位受賞、山川剛さん(職人歴14年)の「YY餃子パーティ」。
調理の行程から製作することで、奥さんとの楽しかった餃子パーティを表現。

sam7

新婚の奥さんが作ってくれた餃子をサンプルにした作品。
奥さんのイニシャルがYYなので、「ワイワイ」とかけたそうです。

sam07
 
 油(肉汁)の表現は技術が確立されていないので難しいそうです。

sam08
 
板倉「やっぱすごいなっと思いました?工場長」
寺島「そうですね、なんか苦労しているな、というのはありありと顔から伝わってきました(笑)」 
柳原「顔から…w」

sam010

コンクール2位に輝いた社えつ子さん(職人歴2年)の作品は「冷や汁」。
作品名「冷や~汁」。

sam012

板倉「なんでも工場長、この作品に不満があるとか」
寺島「あのーたかだか…(爆笑)たかだかとは言わないけど、メインは氷と冷汁なんですけど、この器とか、マットとか蒸籠とかを有名な百貨店で購入してきて…100円ショップでいいじゃないかという(爆笑)」

sam9

 続いては長谷川勝也さん(職人歴27年)の作品は上海蟹。
作品名「食うとこねぇなぁ」

sam10

食品サンプル業界では、硬さ柔らかさなど質感の表現は難しいとされているそうです。

sam013

続きを読む

今回のロケ地は赤坂。
赤プリの跡地に巨大ビルが建つというお話。

gyoza1
 
ゲストは、高橋克実さん、梨衣名さん、オードリー若林さん、

gyoza2
 
と、オードリー春日さん。

gyoza3
 
KWGC=K春日的 W世界 G餃子 C中心 
一同「……」
わざわざ看板を作る事もなかったような…w

gyoza4
 
とにかく、世界の餃子を食べてみようという趣旨のようです。 

gyoza5
 
ご飯に合う餃子を決めるという企画だったようですが、「餃子でご飯は食べない」というタモリさんのクレームが入り、ご飯はひっこめられました。
中国では餃子は点心なのでご飯は食べないという話はちょくちょく聞きます。
中国人からすると、餃子定食は肉まんでご飯を食べているような奇妙な感じなのでしょうか。

gyoza12

最初はベトナムの餃子。
ベトナム料理店「チャオハノイ」から派遣されたジアップさん。

gyoza7

これがベトナムの餃子バンボロック。
皮はタピオカの粉を練ったもの。
具は豚ひき肉、エビ、キクラゲなど。

gyoza8

ナンプラーのたれにつけていただきます。
(ベトナムでは魚醤をニョクマムというはずですが、ジアップさんはナンプラーと言っていました)

gyoza9

 企画ではほんとうにご飯と一緒に食べる予定だったようです。
この後、ほんとは餃子定食派の高橋克実さんがご飯をリクエストしました。

gyoza10
 
試食タイム。

gyoza11
 
 中国人モデル梨衣名さんの感想。
「柔らかくてプリプリしてる」という意味だそうです。

 gyoza13

皆さんの感想は、おいしいけど前菜っぽく、ご飯には合わないそうです。

次はネパールの餃子。
ネパール料理店「モモ」から派遣されたギミレさん。

gyoza14

 ネパールの餃子モモ。
見た目が小籠包ぽいっ。
茶色のタレはモモチャタニ、カレー風味だそうです。

gyoza15
 
具の鶏ひき肉はターメリック、クミンなどで味付けしてあります。 

gyoza16
 
餃子と小籠包の中間のような感じ。
タレがカレー味なのでご飯に合うようです。 

gyoza17

 「カレーご飯!おいしい!」

gyoza18
 
次はチュニジアの餃子ブリック。

gyoza19

切ると半熟卵の黄身がトロ~ン。

gyoza20

具はチーズ、玉ねぎ、パセリ、ツナなど。
餃子とはちょっと違うけど、おいしいそうです。

gyoza21

 ハリッサ:唐辛子とにんにくで作る辛いソース

gyoza22
 
チュニジア料理店「クスクス」のカイスさん。
的確な春日評。
在日19年だそうです。

gyoza23
 
ここで本場中国の餃子登場。
中国茶房8赤坂店の馬寧(マーネイ)さん。
撮影しているこのお店の店長さん。

gyoza24

定番の水餃子。
ニラと白菜の2種類。

gyoza25
 
タレは黒酢のみ。

gyoza26
 
中国では具にニンニクは入れない。

gyoza28


生ニンニクを齧りながら食べるのが中国流。

gyoza27
 
梨衣名さんの家では年越しそばの感覚で大みそかに餃子とセミの素揚げ。
夏に裏山で捕ったセミを冷凍保存しておくそうです。

gyoza29

続きを読む

このページのトップヘ