Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:関取花









ロケ地:文京区・養源寺

出版界ではサーバルキャットの写真集が人気で即日完売というお話。

s1

ゲストは堀部圭亮さん、関取花さん、都築響一さん。

s2

今回はスズメ写真家のうえだこうじさんを迎え、少子化が危惧されているスズメの撮影会を開催します。

s3



撮影会にチャレンジするのは、珍日本紀行で一世を風靡した編集者・写真家の都築響一さん。

s5




そして、”ひがみソングの女王”と言われるミュージシャンの関取花さん。

s4

君によく似た人がいる
関取 花
dosukoi records
2017-02-15


今回はスズメが来たら話の途中でも撮影タイムになります。

s6

うえださんの作品から。

桜の蜜を吸うスズメ

s7

幽体離脱?
死ぬ前?

s8

正解はくしゃみの瞬間。
よく見ると唾が飛んでいる。

s9

少子化によるスズメの危機が言われているが、うえださんには少子化の実感はない。

s10

ということで、新たにスズメ研究家の三上修さんが登場。

s11



三上さんによると、3,40年前はつがいの親スズメに2~5羽の子スズメがいた。
今は子スズメが平均1.41羽しかいない。

s12

少子化の理由① 巣を作る場所が減った
昔は瓦の隙間などに巣を作っていた。

s13

少子化の理由② 緑地(餌を調達する場所)が減った

s14

最近は電柱の腕金の中に巣を作るスズメも多い。

s16

こんな感じ。

s15

三上さんによれば、この2,30年でスズメは半減した。

s17

そして、三上さんの推定では現在のスズメの個体数は1800万羽。

s18

スズメの個体数の推定方法

① まず、単位面積当たりの巣の数を数える
② 環境ごとの巣の密度の違いを確認

s19

ここでスズメ接近中のお知らせ。

s20

お話はひとまず中断し、300㎜の望遠レンズでスズメ撮影大会。

s21

チュンチュン。

s22

スズメはすぐに飛び去り、撮影タイム終了。

s23

先ほどの推定法のお話の続き。
住宅地、農村、商用地といった環境ごとの巣の分布を調べます。

s24

これらのデータをもとに巣の数を計算すると、国内には約900万の巣があるという結果に。
子の数は置いておいて、親の数(つがい)だけでも1800万羽いるということになります。

s25

続きを読む




春に三日の晴れなし、というお話。

ot1

ゲストはハマ・オカモトさん(OKAMOTO’S)、関取花さん(シンガーソングライター)。 

ot2
 
テレビ朝日アナウンサー野上慎平さん。

ot3

今回は”美しい!気持ちいい!”を基準に様々なワンタッチグッズが競う、ワンタッチ全日本選手権を開催。 

ot4

会場:江戸川区西一之江小学校体育館

ot5

 最初は傘の製造を手掛ける(株)東京丸惣の社長、相馬選手。

ot6
 
この春新発売の電動フルオート傘。

ot7

ワンタッチで開くのはもちろん、

ot8

ワンタッチで閉じる。
フィニッシュポーズも決めました。

ot9

リチウムイオン充電池を使用。
2時間の充電で150回開閉できる。

ot10

シャフトを縮める動作までフルオート化した点が画期的。

ot12

アイデアは50年前からあったが、リチウムイオン充電池の登場でようやくフルオート化が実現。
 
ot13
 
希望販売小売価格21600円。
電車に忘れたら大変なことにw 

ot14

次はアウトドアブランドのFIELDOORから熊野選手。

ot15

フルクローズテント(200cmタイプ) 希望小売価格約6400円

ot16

着地失敗したのにフィニッシュポーズw

ot17

銀色のシートがチャックで閉まるので、フルクローズになる。
着替えや日よけに。

ot18

関取花がグラビアモデルポーズで模範演技w

ot19

続いて、Goodbaby Japanから岩崎選手。
 
ot20

折りたたみベビーカーPOCKIT 希望小売価格19800円

ot21

ワンタッチでベビーカー。

ot22

折りたたみもワンタッチ。

ot23

オサレイクメンパパ。

ot24

BGM:MCハマー"U can't touch this"
ハマオカモトと「ワンタッチです」のダブルミーニング。

ot25

続いてはスマート・トレーディング社長の児玉選手。

ot26

続きを読む

このページのトップヘ