Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:醍醐亜矢子

今日のプレミアムトークは「花子とアン」で花子の親友、醍醐亜矢子を演じた高梨臨さんです。

rin5

最初にちょっと驚いたのは、インタビューに答える高梨さんと、醍醐亜矢子とのギャップです。
あの能天気なぐらいに明るく天真爛漫な醍醐亜矢子お嬢様と比べると、高梨臨さんは声も低めで落ち着いた年相応(26歳)の女性でした。 
考えてみれば醍醐さんみたいな人は現実にはなかなかいない女性ですから、その虚構の人物を高梨さんは上手く演じてしっくりとドラマに馴染ませていたという事なのでしょう。

それに少し緊張していたことも、ギャップを大きくしていた原因の一つかもしれません。
後半グッチ裕三さんの冗談を交えながらの音楽コーナーではだいぶリラックスしてきて、自然に笑顔がこぼれるようになっていました。
おそらく普段の高梨臨さんは、劇中の醍醐亜矢子さんと少し硬くなってインタビューに答える高梨臨さんの中間ぐらいのような気がします。

芸能界入りのきっかけは高校生の時に原宿の竹下通りでのスカウト。
よく聞くパターンですが、これだけのベッピンさんですからスカウトは当然でしょうね。

2008年公開の映画「GOTH」でいきなり主演デビューを果たしたのですが、この時は毎日監督さんに叱られ続けつらかったそうです。
高梨さんはあの時の経験があるから今の自分があると思っていますと話していましたが、吉高由里子さんがデビュー作で園子音監督にしごき抜かれたというエピソードをちょっと思い出しました。
 
その映画「GOTH」の数シーンが流されていましたが、これがまた醍醐亜矢子とは180度真逆のミステリアスでダークな美少女の役でした。

rin1

高梨さんの特技は書道と将棋。

書道は子供の頃から習っていて、五段までいった腕前。
スタジオで書を披露してもらいましたが、お手本のようにきれいな「人」を書いてくれました。 

将棋の方は何となく将棋の対局をテレビを見ていて、対局者たちが勝負を終えても勝者も敗者もあまりテンションが変わらないのが不思議で、それから将棋に興味を持つようになったそうです。
好きな棋士は羽生善治名人、得意な戦法は矢倉囲いだそうです。 

将棋はちょっと意外でしたが、和のテイストは高梨さんに似合います。
 
仕事の話題では2012年にイランの巨匠アッバス・キアロスタミ監督の「ライク・サムワン・イン・ラブ」に主演した当時のエピソードが語られました。

キアロスタミ監督には「他の映画作品や劇を見ないで、そのままのあなたでいてほしい」と言われたそうです。

監督が言いたいことはなんとなくわかるような気がします。
高梨臨さんの魅力は、プロの女優にはない素人っぽさにあるのではないでしょうか。
もしかしたら近所にもいそうな、ごく普通に育ったベッピンのお嬢さん、それが高梨臨さんのイメージです。

rin2

将棋の話題の時に、高梨さんは司会の二人に将棋の駒の消しゴムをお土産にプレゼントしました。
有働さんには「飛」、井ノ原さんには「角」。
どちらも攻守のかなめとなる大駒ですが、飛車はどちらかと言えば攻撃の駒、角は守りの駒です。
会う前のイメージでは、有働さんが「角」で、井ノ原さんが「飛」だったのだそうですが、実際にスタジオで会ってからイメージが逆転したそうです。
確かに画面であさイチ司会の二人を見ていると、井ノ原さんはゲストにグイグイ攻めてゆき、有働さんがNHKアナウンサーとしてフォローしていくというイメージがありますが、高梨さんは実物の二人を見て何かを感じたのでしょう。
同性のイメージを「攻撃的」と言ってしまうのは少々リスクを伴いますが、感じたままを素直に発言するあたりが邪気のない高梨さんらしさが出ていたような気がします。

12月30日(火)には高梨臨さんも出演しているスピンオフドラマ、「朝市の嫁さん」(NHK総合16:20~17:49)が再放送されるそうです。
お見逃しなく!

 
GOTH[ゴス] デラックス版 [DVD]
本郷奏多
ジェネオン エンタテインメント
2009-06-24

 
ライク・サムワン・イン・ラブ [DVD]
奥野匡
トランスフォーマー
2013-04-26

高梨臨 ファースト写真集 Rin
角川書店
角川書店(角川グループパブリッシング)
2009-10-21

 

花子と”腹心の友”蓮子様はともに道ならぬ恋に落ち、朝の連ドラもいよいよ佳境を迎えようとしています。
まあ、実際そうだったようですから、お二人ともドラマチックな人生を生きたのですね。

ところで、本筋から少し離れますが、最近は女流作家の宇田川満代センセイ(山田真歩)に注目しています。
最初からぶれない”感じの悪さ”(笑)。
ヒロインを前にして毒を吐く様は清々しささえ感じさせます。
文学賞の授賞式の時は5000円札の人みたいでしたが、最近は金回りが良くなったのかお召し物や小物などがオシャレです。

yamada3
 樋口一葉?

yamada2

 なんだか着せ替え人形みたいでカワイイ

yamada
 現代劇ではこんな感じ…ちょっと鬼奴入ってます

一方、花子の”恋のライバル”醍醐亜矢子ちゃんは性格が良すぎます。
花子とアンの公式ホームページに村岡を巡って恋のライバルになるとあったので、どんなドロドロがあるのかと思っていたのですが、あんな爽やかであっさりした恋のライバルってありですか(笑)。
演じている高梨臨さんはいるだけで周りを明るくする華のあるベッピンさんですね。

takanasi
 坂下千里子さんに似ています

さて、今日(6月30日)放送分で村岡印刷さんの病床の奥様が登場しました。

綺麗な奥さまです。
この雰囲気からすると、奥様は夫の気持ちを察して自分から身を引くような気がします。
現実ではまずそんなことにはなりませんが、朝の連ドラの方程式ではそうなるはずです。

nakamura
 演じているのは中村ゆりさん

 domingo
 最初、ゴンドミと読んでいた…
 

花子とアン~序盤快調?女優陣に注目 

花子とアン~いよいよ中盤 注目の女優・男優陣 

花子とアン番外編~ちょっと気になる脇役たち

花子とアン~吉高由里子という女優

花子とアン~ちょっと気になる脇役たち part2

 
花子とアン~放映終了記念 愛と独断の部門賞発表








赤毛のアン
ルーシー.モード・モンゴメリ
講談社
2014-05-23

 

このページのトップヘ