Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:退治

自宅のサザンカに毛虫が大量に発生しました。

毎年5~6月に毛虫が出ることは知っていましたが、今年はやけに多いような気がします。
調べてみると、サザンカについている毛虫はチャドクガの幼虫であることが判明しました(チャドクガの幼虫は9~10月にも発生します)。

chadoku1

サザンカ(ツバキ)に毛虫がいるかどうかは地面を見るとよくわかります。
黒もしくは濃緑色の丸い小さな糞が落ちています。 
一見黒っぽい砂のようにも見えますが、チャドクガの幼虫の糞です。

chakudoku2
 
とにかく私は見つけ次第高枝切りバサミで毛虫が付着した枝葉を切除してしまいます。
切除した枝葉はすぐにゴミ袋にいれます。
低い位置にいるモノは普通の園芸用の鋏でも切れますが、毛虫との距離が近いとヤツラの毒毛を浴びる可能性があります。

高枝切りバサミは軽量をおススメします(特に女性、高齢の方)。
ライザップに半年通った私でも(ウソ)長時間重い高枝切りバサミを持っているとかなり腕が疲れます。







先にお話したチャドクガの毒毛が散るため、気をつけているつもりでも、この駆除作業が終わった後は首や腕が痒くなります。
皮膚が弱い人は長そでやタオル、軍手で肌を防御することをおススメします。

地面に落ちた毛虫付き枝葉は、できれば長いハサミのようなものでつまんでゴミ袋に入れるのが良いかもしれません。
(ダイソーで柄の長い万能トング売ってました)


サザンカは値段が安いので生け垣などによく使われるそうです。
そのせいか、自宅の狭い敷地でもサザンカが6本もあるので、2、3週間ほどで45リットルのゴミ袋がパンパンになりました。
ゴミ袋は口をちゃんと閉じてください。
ヤツラは生きていると脱走します。

5、6月は次々と新しいチャドクガの幼虫が孵化するので、毎朝のようにチェックしなければなりません。
小さな毛虫なので見て見ぬ振りをするのも一つの方法ですが、ここから巣立ったチャドクガがまたここに戻って卵を産みつけるかもしれないと思うと、やはりここで悪循環を断ち切らねばなりません。
それに道路に面した側にあるサザンカは毛虫がついていると通行人にも迷惑です。

毛虫はいつも目に付くところにいるわけではありません。
むしろ目につきにくい葉の裏側などに付着していることも多い。
それから、木の幹のところにびっしりついている時は枝切りバサミでは対処できません。

こんなときは殺虫剤が有効です。

私は、キンチョール、フマキラー、ゴキジェットを試しましたが、いすれも有効です。
ゴキジェットはゴキブリ退治用なので他二つよりも殺傷力が高いような気がします。
殺虫剤を噴射した直後は変化はありませんが、しばらくすると悶絶して落下します。
糸を出して吊り下がるやつも多いので、長い棒状のもので糸を切ってください。

糞は落ちているのに姿が見えない、という場合は殺虫剤を噴霧しておきます。
翌日になると毛虫の死骸が地面にたくさん落ちています。

ただ、殺虫剤を使うと他の虫も殺しますし、植物への悪影響が心配という方にはおススメできません。

















←少し値は張りますが、これだと毛が飛ばないらしい

 
 

海外ではゴキブリをペットにしている人もいるようですが、大多数の日本人はゴキブリは苦手だと思います。

あのどこにでも忍び込める薄べったいフォルムにテラテラ光る茶色のボディ。
人を惑わす俊敏な動きに加え、飛翔もできる。

虫のクセして高性能で、厚かましくも人様の住居に住み着いているのが許しがたい。
しかも、ヒトの髪や垢も食料にする雑食性で繁殖力も凄まじい。
カワイイ要素ゼロです。

人を見て逃げるだけならまだいいのですが、天井などに張り付いていると逆ギレしてこっちに向かって飛んでくることがあります。

一体何を考えているのでしょう。

ところで、私が住んでいる街にはちょっと有名なラーメン屋さんがあります。

背脂コッテコテの味噌ラーメンがイチ押しで、店の前にはいつもちょっとした行列ができています。

hanamichi
 野菜ニンニク増し無料サービス

ある夏の夕べ、私はそこのラーメン屋さんの行列に加わりました。
店の前には簡単な木のベンチがあり、10分ほど待ってようやくそのベンチに座る権利を得るところまで順番が進みました。

商店街の道路をはさみ、ラーメン店の向かい側は空き地になっていました。
その空き地の暗がりから、2つ3つほどの黒い物体が現れ道路を横断してこっちにやってくるのが見えました。

その走り方で、ゴキブリだとすぐに知れました。
ラーメン屋の換気扇からモウモウと出る脂の匂いに誘われ、奴らは決死の攻撃を仕掛けてきたのです。
おそらく、奴らは空き地となる前の店舗に住み着いていたゴキ一族の残党と思われます。

すぐに並んでいる若い女性たちの間から悲鳴が湧き上がりました。
一匹のゴキブリは何を思ったか、クォーターパンツを履いた私のむき出しのスネを駆け上りました。
私は無言でそいつを振り払いましたが、世間に許されるのなら私も女子たちと一緒に「キャー」と叫びたいところでした。

悲鳴を聞きつけ、店内から若い店員がホウキとチリトリを持って出てきました。
逃げるゴキブリを容赦なくホウキで叩き潰し、死骸をチリトリに掃き入れます。
そのまったく無駄のない動きで、彼がこの業務にだいぶ慣れていることがわかりました。

彼はゴキブリを2匹やっつけると、何事もなかったかのように店の中に戻って行きました。

ヒーローの登場によって行列コミュニティは平和を取り戻しましたが、その平和は長く続きませんでした。

またしても奴らが数匹、道路を渡ってこちらに突進してきたのです。
主を失い空腹の奴らにとって、今や人間約1ダース<脂の匂いなのです。
 
再び行列コミュニティから悲鳴が沸き起こり、先程と同じくホウキとチリトリを持ったヒーローが店内から登場しました。

正確無比なホウキ・クラッシュは、今度も2匹のゴキブリを処理しました。

幸いにも次の突撃隊が来る前に私は店内に入ることが許されましたが、ラーメンを待っている間も店の外から悲鳴が聞こえました。

きっと彼らは全滅するまでこの突撃を繰り返すのでしょう。
敵ながら、その敢闘精神はあっぱれでした。

CA390422
  空地には和菓子屋さんができました。

さて、今年もゴキブリのシーズンを前にして、ゴキブリ駆除商品を購入しました。

CA390407

ここ数年、この置きエサタイプを仕掛けているせいか、家の中でゴキブリに遭遇することは少なくなってきたような気がします。
そして、夏の間は水回りと台所は特に丹念に掃除します。

ゴキブリ君、どうか私には見えないところで幸せに暮らしてください。







このページのトップヘ