Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:藤島琴弥









第3位 会津天宝みそポン酢

p46

みそベースだがいろいろ入っている。

p47

これはポン酢なのか?

p48

美味いのは美味い。

p49

アレンジ料理、みそポン酢の手羽煮。

p50

半熟卵という卑怯な手w

p51

ポン酢依存症に酢、醤油は不要。

p52

塩ポン酢、みそポン酢はポン酢界の新加勢大周w

p53

第2位 黒豆ぽん酢 ゆず仕込み

p54

高級食材「丹波の黒豆」を使用。
極上のまろやかな口当たりが特徴。

p55

マツコに直球勝負。

p56

やはり高いだけのことはある。

p57

ポン酢釜玉うどん。

p58

まろやかで開封直後なのですすりこんでもむせない。

p59

高級ポン酢の実力。

p60

第1位 特製すだちポン酢

p61

醤油発祥の地、湯浅町の金山寺味噌醤油醸造のポン酢。

p62

すだち果汁のほどよいさわやかさと出汁の旨味が凝縮されたポン酢。

p63

匂いからして違う。

p64

ポン酢のポイントは酢と柑橘の配合ではないのか。

p65

続きを読む









「ポン酢の世界」の案内人は、10年間365日ポン酢を食べる藤島琴弥さん(40)。

p1

藤島さんがまず伝えたいこと。

p2

開封すると柑橘類の果汁が酸化して酸味が強くなってしまう。
ポン酢の旬は1か月。

p3

開封後1か月のポン酢と開封直後のポン酢を飲み比べ。

p4

全然違うらしい。

p5

ポン酢の賞味期限は早めるべき。
そうかもしれないけど、ポン酢はそんなに早く使い切れないよ(・_・;)

p6

藤島さんのプロフィール。
ポン酢に支配された生活w

p7

ポン酢は3000種類以上あるそうです。

p8

ウチにもある味ぽん。
今はつけ麺のゴマダレにこれをちょい足ししてます。

p9

藤島さんのポン酢ライフ。


p10

中野区のご自宅。

p11

冷蔵庫に11種。

p12

収納棚に30種のポン酢。

p13

朝からポン酢を3杯飲み干す女w

p14

酸化の進み具合をチェックしているのだそうです。

p15

朝はこのポン酢を使って、

p16

卵かけご飯。

p17

昼は旬を過ぎそうなポン酢を優先的に使用。

p18

カブの塩ポン酢漬け、トマトサラダ、わかめスープ、チャーハン。
味付けはすべてポン酢。

p19

脚本家のご主人と食事。

p20

ご主人はポン酢ライフで健康になった。
高血糖だったが平均値まで回復。

p21

お察ししますw

p22

ポン酢まみれの一週間の献立。

p23

トーストにはポン酢ジュレをかけて食べる。

p24

マニアがやりがちな自分の常識、一般の非常識w

p25

ポン酢の卵かけご飯を試してみる。

p26

マツコは保守派。

p27

カメラマンたちは「おいしい」。

p28

たぶんポン酢自体はおいしいやつだと思う。

p29

続きを読む

このページのトップヘ