Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:蕎麦

「蕎麦の世界」の案内人は、”10年間365日昼食に蕎麦を食べ続けてきた男”池森秀一さん(48)。

a1

池森さんは芸能人ですが、一人でテレビに出演するのは今日が初めて。

a2

DEENのボーカル、池森秀一さん。

a3

問い詰めると、蕎麦を食べるのは年間360日ぐらいだったw

a4


池森さんのプロフィール。
22歳で北海道から上京し、23歳でミリオンヒット。

a5

音楽プロデューサーにこれ(「このまま君だけを奪い去りたい」)歌ってみと言われて歌ったら、DEENのボーカルとしてのデビューが決まった。

a6

一時筋トレをし過ぎてムキムキになったが、ダイエットのために蕎麦を食べ始めてハマる。
以来昼は年間約360日蕎麦。

a7

ライブ作品の特典映像で、15分ただただ蕎麦について熱く語る程の蕎麦好きに。

a8

いわゆるそば通のこだわり。

a9

池森流。

まあ、各々好きなように食べればいいと思います。

a10

かなり池森流寄りのマツコ。
塩で蕎麦を食ってどこが美味いw

a11

 家で食べるならコレ!3000回食べたベスト乾麺

信州田舎そば 小諸七兵衛 281円(税込)

a12

池森さんは自宅にこれをストックしている。

a13

毎日食べてもうまい。

a14

マツコ御用達のつゆの素。

a15

にんべんつゆの素 1000ml 882円(税込)
スーパーではもっと安く売っているけど、他のつゆの素よりちょっと高い。

a16

茹で時間はきっちりタイマーで測る。

a17

海苔をかけるざる蕎麦はNG。

a18

マツコ、早くも池森流から離脱w

a19

作業しながらのトークは難しいw

a21

できました。

a20

薬味のねぎをドバッ。

a22

おいしい。
飽きない味。

a24

 DEENの全国ツアーで巡る!日本全国絶品蕎麦

5年に一度全都道府県をツアーで訪れるDEEN。

a27

行く先々で蕎麦屋を巡る池森さん。

a28

DEENのリーダーは太って大仁田厚になるw

a29

神奈川県のオススメは、鎌倉茶織庵のせいろ(780円)。

a30

鎌倉の蕎麦屋の店主はエッジがきいているw

a31

蕎麦をすするマツコ。

a32

思わぬところを褒められて腰砕けになるマツコw

a33

池森さんオススメの蕎麦湯。

a34

そばつゆをドロドロの蕎麦湯で割る。

a35

里芋のポタージュのよう。

a36

続きを読む

初めてのスカイツリースペシャル、後半のゲストは高田延彦さん、市川紗椰さん。

kado5

スカイツリーを出て一行が最初に立ち寄ったのが、喫茶店風のパン屋さん「カド」。
いかにも昭和風のレトロなたたずまいに市川さんが惹かれました。

kado1
 カド 墨田区向島2-9-9 (定休日)月曜

中に入るとカウンターの向こうで店主が出迎えてくれます。
45前後の店主のファッションは有吉くん曰く、「ヨーロッパの靴磨きの少年」。
お店の内装にマッチしています。

kado2

ここのウリはくるみパンと季節の生ジュース。

高田さんと市川さんは活性生ジュース(蜂蜜、アロエ、セロリ、グリーンアスパラ、レモン、リンゴ)、生野さんは季節のいちごジュース、有吉くんはコーヒーを注文。
くるみブルーベリーパンのナスとモッツァレラチーズのサンドイッチを一つ頼んで、4人でシェアしました。
 
 kado3
活性生ジュース(600円)とくるみブルーベリーパンナスモッツァレラサンド(400円)




サンドイッチとジュースに満足した一行は東武博物館の前を通りかかり、市川さんのテンションが急に上がります。
 市川紗椰さんは鉄ヲタ(鉄道ファン)としても有名で、タモリ倶楽部の栄えあるタモリ電車クラブの会員でもあります。
 市川さんの先導により、一行は博物館に入ります。

 tobu1
 東武博物館 墨田区東向島4-28-16 (定休日)月曜

入館料は大人200円。
 
蒸気機関車や大正時代に作られた木造の電車などが見学でき、運転手シュミレータで電車の運転の疑似体験もできます。

tobu2


道路に置いてあった立て看板に導かれて、一行はお蕎麦屋さんにたどり着きました。

雰囲気のあるお店の佇まいを見て、今回は迷うことなくこのお店に入ることになりました。

sichifuku1
向島七福すずめの御宿 墨田区向島2-9-2 (定休日)水曜

ここ「向島七福すずめの御宿」は、料亭の女将さんが花街向島に合う蕎麦屋を作りたいという思いから始めたそうです。

高田さんと市川さんは江戸蕎麦、生野さんは田舎蕎麦、有吉くんは10割蕎麦を注文しました。

inakasoba
粗挽き玄粒田舎蕎麦 1200円

田舎蕎麦は塩で食べると蕎麦そのものの味がよくわかるそうです。

edosoba
江戸蕎麦 850円

江戸蕎麦は普通のそばつゆと江戸時代の味噌つゆの2種類の食べ比べができます。

有吉くんは蕎麦のうまさに感激して、さらに2枚お蕎麦をお代わりしていました。
一緒に頼んだ板わさも美味しそうでした。








 

このページのトップヘ