Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:茎

ブロッコリーの茎は栄養もあるので、捨てたりせずにおいしく食べましょう。

今回はツナ・マヨネーズのディップをつけて食べるお料理をご紹介します。
タンパク質、ビタミン、ミネラル類などがしっかりとれ、しかもおいしい逸品です。

まず、ツナマヨ・ディップを作ります。

用意するものは、ツナ缶、玉ねぎ小1、マヨネーズ適量、塩コショウ適量。

玉ねぎはミジン切り、もしくは薄切りにして(玉ねぎの食感を残したいときは粗みじん)、水に10~20分程度さらします(辛味を取りたければ長めにさらす、ただしあまり長いと栄養分は逃げるらしい)。

玉ねぎの水をよく切って、ツナと合わせ、マヨネーズ(量はお好みで)、塩コショウで味を整えます。

完成したツナマヨ・ディップは、いったん冷蔵庫にしまいます。

次はブロッコリーの茎を調理します。

ブロッコリーの茎の皮を剥きます。
皮は硬いので、厚めに剥いてください。
根元部分は1~2センチカットします。

CA390399
 包丁とピーラー総動員

次に、厚さ3ミリ程度の拍子切りにします。

CA390400
 タケノコっぽい

これを4分ほど蒸します。
蒸し器がない場合はお湯で茹でます。

CA390401
 お湯が沸騰したら蓋をして4分、茹でるなら3分ぐらい

蒸しあがった茎をお皿に盛りつけ、ツナマヨディップを添えてできあがり!
余ったディップはトースト、サラダ、パスタなどいろいろなものに使えて便利です。

CA390402
 ディップを茎にのせていただいてください

ブロッコリーの茎は結構いけますよ。
ぜひお試しください。



ブロッコリーを食べ終えて、太い茎をゴトッとごみ箱に捨てるたび、私は小さな良心の呵責を覚えていました。
野菜クズにしてはでかすぎる…なんかモッタイナイ、と。

そして、今日ついにこの問題の決着をつけることにしたのです。
ブロッコリーの茎、やっけよう。

まずパソコンで料理法を物色です。
何とクックパッドには、1000を優に超えるブロッコリーの茎レシピがあるではありませんか。
キンピラだのポタージュだのうまそうな料理がありましたが、家には必要な食材や調味料がありません。

もっとシンプルにできるレシピはないだろうか。
メンドクサイし…。

そこで目を付けたのが、浅漬けです。
私はエバラの回し者ではありませんが、家には浅漬けの素だけはあったのです。
エバラ おいしいレシピ
簡単だから、もし失敗してもリスクは小さいし…へへッ。

まず冷蔵庫から茎を取り出して、皮をむきます。
外側の緑がなくなるまで包丁とピーラーで皮を削るので、おおよそ茎の三分の一は消失します。
根元の方が少し黒ずんでいたのでそこはカットしました。
こうして白っぽいうまか棒ができあがります。

次に淡い緑黄色の茎を3ミリ程度の厚さに薄くスライス。

CA390364

この生のスライスを1枚試食した時点で、私は勝ったと思いました。
結構いけるのです。
クセもなく、ほのかに甘みもある。
花蕾(からい)の生よりずっと食べやすいのです。

スライスした茎を軽く茹でます。
今回は1分半茹でてみました。

茹であがった茎をビニール袋へ。
そこにエバラ浅漬けの素を適量投入。
軽くもんで冷蔵庫にぶち込みます。
レシピによると20分も寝かせれば完成だそうです。

1時間ほど寝かせてから器に盛りつけます。
色味もいいです。

CA390368

試食。
うん、OKです。
歯ごたえも良く、クセはまったくありません。
ちょっとウドに似ています。
スライスして茹でてあるので、寝かせる時間は20分で十分なようです。

クセがないので、お浸し、みそ汁の具、炒めもの、なんでもいけると思います。
以上、ブロッコリーの茎、おいしくやっけました。

このページのトップヘ