Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:芸能人

○ アメ横(アメヤ横丁)

そう言えば、「あまちゃん」で出てきたアメ横女学園とGMTの本拠地がアメ横に設定されていましたね。

 amejo

子どもの頃、父親に連れられてモデルガンを買いに行きました。
なぜか上野のアメ横はモデルガン、ミニタリーショップが多く集まっています。 
おそらく戦後進駐軍の放出品を売りさばいていた経緯からだと思われます。

nakatashouten

アメ横はいろんなもの売ってますが、最近はアジア食材の商店が増えているようですね。
なぜか、上野と池袋はアジア・中東系の外国人が集う街です。
雑然としていてちょっと怪しげなところが、彼らにはしっくりくるのかもしれません。

○ 東京都庁展望室

都庁に展望室があるのはなんとなく知っていましたが、無料で11時まで解放しているとは知りませんでした。
今度行ってみたいと思います。

tochou tenboisitu


 ○ 東京で家賃が一番安い街

足立区竹ノ塚エリア。
竹ノ塚といえば、竹の塚歌劇団発祥の地ですw

takenodukakagekidan

足立区はこの番組でもしばしば取り上げられていますが、今月14日から上野東京ラインが開業して利便性もアップ。
区をあげてのキャンペーンも実り、足立区は現在人気上昇中のようです。

adachibadge

○ 東京で一番混む電車

たぶん上京した人が一番驚くのは、盛り場の人の多さと通勤ラッシュではないでしょうか。
山手線に限らず、東西線、埼京線などもひどいようです。
慣れないと通学・通勤だけでクタクタになります。
よく混んでいる状態を”寿司詰め”といいますが、東京の満員電車に比べれば寿司の方がはるかに優雅に詰められています。
上京したら満員電車に乗って、赤の他人の”骨”を感じてくださいw

susidume

○ もんじゃ焼きを食べてほしい

番組でも紹介していたように、もんじゃ焼きは最近(1980年代末)になって知られるようになったB級グルメです。
特に東京の西側の人間はほとんど知らなかったと思います。
私も今まで一度しか食べたことありません。
みんなでワイワイやりながら食べるのにふさわしい食べ物ですが、そんなに期待するほどのものではないような…。

monnja

○ 芸能人に会える街

確実に会いたいのなら、テレビ局の周辺をうろちょろしたらいいのではないでしょうか。
素の芸能人は、テレビの画面を通してみるのとちょっと印象が違うことが多いようです。
芸人さんは画面の中のテンションが高いので、街で見かけると暗く見えてしまいがちです。
私はなぜかイマイチ売れていない芸人との遭遇率が高いですw
 
 

 
 

お正月の特番として定着した「芸能人格付けチェック」。
今回もたくさんの”一流芸能人の方々”をお迎えしました。

kakuduke1


今回のMVPは高嶋政伸さん。

クラシック音楽を聴いて、「血とエロスのドラマが見えた」と言いだしたあたりから期待が高まりました。
なにしろ「見る目がない」ことは全国民が知ってますww

クライマックスは映画演出を巡って、自分の意見を強引に押し通した場面。

① 結果発表を待ち ② 正解したと思い込み、歓喜の雄叫び ③ あえなくすかされ ④ 床に沈む

takashima1

ドラマでしか見たことがないような、”THE 平謝り”

takashima2

若手お笑い芸人に見習ってほしいぐらいのリアクションでしたww

もちろん、正統派の活躍も見どころでした。

gact4

”伝説のホスト”GACKT様と舎弟キリショー。

gact2

舎弟が正解してガッツポーズ。

gact1

見事36連勝を決めてガッツポーズ。

gact3

舎弟をねぎらうGACKT様。




 

そろそろ年賀状を出す時期ですが、「夜ふかし」では芸能人の年賀状を紹介していました。
まだ年賀状のデザインが決まらない方、参考にはならないと思いますが気分転換にはなると思います。 

最初はオペラ歌手の米良美一さん。

 mera2

前川清ではなく、クールファイブのメンバーの一人だと思います。

nenga mera

 米良さんの年賀状はもらったら嬉しいですね。

次は、芸能人らしい、自己主張の強いデザイン。

1418657962410
 
デーブ・スペクターさんの年賀状。
でも、なぜか写真は本人ではない。

dave

ガダルカナル・タカ、橋本志穂夫妻は毎年凝ったパロディの写真を撮る。
ただ、何のパロディかすぐにわからない。

taka siho

これは 猪瀬前東京都知事と徳洲会の徳田虎雄氏のようです。

桂文枝師匠。

bunsi

なんだかよく解らない石原良純さんの年賀状。

 yosizumi3

それでも、2014は評判が良かった。

yosizumi
 
2015はまたよくわからない。
 
yosizumi2

しまなみ海道がどうとかと言ってましたが、もっと景色のいいところあるんじゃないの?
 
お疲レーシック!
角膜ぺりぺり~。

matuko otukare

オネエたちに流行っている挨拶だそうです。
 
 






筆王Ver.19
ソースネクスト
2014-09-05







年賀状CD-ROM2015 (インプレスムック)
CG&ART WORKS:SIFCA
インプレス
2014-10-17


最初は、「様々な問題作について調査した件」。

モーツァルトが下ネタ大好きな人だったことは、映画「アマデウス」で知りました。
モーツァルトの才能を理解してしまった宮廷音楽家のサリエリはあんな”ゲスの極み”みたいな男に才能があることが許せなかったみたいですww 
交響曲の父、ハイドンは性悪女を嫁さんにしてしまったみたいですねw
こういった問題作は音楽室の上の方に飾られていた偉大なる音楽家たちを身近な存在に感じさせてくれます。
 
クラシックからポップスまで、様々な問題作が紹介されましたが、結局はあの問題作の前フリにしかすぎなかったようです。
TAKATSUKINGの「愛 LOVE YOU」、今回はロングバージョンが流されました。
この番組はイジリがいのあるネタを見つけるとしつこく引っ張り続けるのが特徴です。
でも、確かに村上くんのラップは 笑かすために作ったとしか思えません。
大阪、笑い取る、キング、パーティピープルと、ワードもきっちりおさえています。
村上クンは真面目にお仕事をしただけなのに、マツコさんはイキイキとしてイジリたおしてましたww

takatuking

手帳の件で印象的だったのは、男と女の恋愛観の違い。
彼女の誕生日や記念日を浮かれて予定表に書きこんでしまい、恋愛が破たんして修正液で白く塗りつぶされた跡が痛々しい男性の手帳。
対して、女性は恋愛中でも彼氏との記念日などはギリギリならないと手帳に書きません。
女性は恋愛していても、どこか冷めている。
男が女を怖いと思う瞬間です。

次は「今年の漢字」を考えたい件。
「今年の漢字」は毎年漢字能力検定協会が募集し、12月12日に京都の清水寺で発表されるそうです。
マツコさんと村上クンが事の漢字を予想したのですが、二人とも「罪」。
私は「謝」を予想しましたが、マツコさんも最初に思い浮かべたのは「謝」でした。
今年は印象的な「謝罪」が多い年でした。

kanji
 2013の漢字がなぜこれだったのか思い出せない…

いい加減な芸能人がいる件は、ブログの更新をパタリとやめてしまった芸能人の話。
イジリー岡田さんは「ブログを見てきたと言ってくれた方にはロビーにて生高速ベロ特別鑑賞をサービスします」という一文を最後に更新が途絶えました。
お察ししますww
ガッツ石松さんがブログ更新をやめた理由は、誹謗中傷が多くなってきたからだそうです。
ガッツさんはイジられやすいイメージがある人だから、好き勝手なコメントを書きこまれたのでしょうね。
ガッツさんは昔、近所(練馬区)に住んでいましたが、気さくな感じの人でした。


アマデウス [DVD]
F・マーレイ・エイブラハム
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21













本当に幸せになる手帳 2015
秋山 まりあ
中央公論新社
2014-10-24














 

ハロウィンの街に芸能人が仮装して紛れていたら、気づくか?、というモニタリング企画。

10月31日、ハロウィンのコスプレで賑わう渋谷に3人の芸能人(FUJIWARAの二人、エスパー伊東)が仮装して潜入します。
 
驚いたのはフジモンが扮装した妖怪ウオッチのジバニャンの圧倒的人気。

jibanyan2

どこに行っても「ジバニャン」と呼び止められ、記念撮影をせがまれます。 
フジモンであることはまったく気づかれず、あくまでもジバニャンとしてモテモテであることに本人は納得がいかなかったようですが、それでも若い女の子たちに囲まれて写真を撮られているときは楽しそうでした。
 
スタジオでこの様子を見ていた奥様の木下優樹菜さんは女の子たちがジバニャンに近寄るのはOKでも、フジモン・ジバニャンが嬉しそうにするのは結構ムカつくようでしたww

 jibanyan1

一方、原西は持ちネタのアシモで参戦。
こちらも芸のクオリティが高すぎるせいか、皆アシモ芸に注目するあまり、扮装しているのが原西だということにぜんぜん気づきません。 
”充電”は笑ってしまいました。

asimo
 
 可哀そうだったのは、ケンタウロスに扮装したエスパー伊東さん。
彼が街にくりだすと若者たちは彼に近寄ってくるのですが、必ずといっていいほどケンタウロスの背中部分にまたがられます。
そして、背中にまたがられたまま記念撮影。
なんだかイジメを受けているようにすら見えます。
彼が同じ団地の住人に恐喝されて一千万円以上を脅し取られた事件を思い出した人は少なくないのではないでしょうか。 
いじめっ子は、瞬時でいじめられっ子を見抜きます。

esper

 この企画、来年のハロウィンもやってほしいですね。
でも…ハロウィンって、こういうお祭りなの?

 
















このページのトップヘ