Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:自撮り

今日は都立大学でロケ。
(自宅から近いので)3分前に来れば間に合う。
こんな近所でやってくれたら楽でいい、というお話。

a1

ゲストは堂本剛さん、木本武宏さん(TKO)。

a2

今回のテーマ、「ZINE」はマガジン・ファンジンが語源の自費出版の小冊子。

a3

作り手の熱い思いが爆発した渾身の作品が続々登場します。

a4

都立大学にある日本に数少ないZINE専門店、MOUNT ZINE Shop。

a5

タイトル。

a6

ナビゲーターはMOUNT ZINE代表、櫻井史樹さん。

a7

ZINEの特徴:個人やグループで自由に作る自費出版の冊子

a8

ZINEの特徴:基本的に製本まで作者本人が行う

a9

アメリカでは90年代ストリートカルチャーとともにZINEがブームになった。

a10

日本では近年ZINEの入門書が出版されている。

a11

MOUNT ZINEでは初心者向けのスクールを定期的に開講。

a12

MOUNT ZINEでは約200種類のZINEを販売している。

a13

ZINEの特徴:値段は個人が設定する

a14

お互いに撮り合った写真集のZINE。

a15

ひかりんがカサハラを撮り、カサハラがひかりんを撮るw

a16

表紙と1ページ目が同じ写真w

a17

剛と光一がお互いを撮り合うという企画がたまにあるが、光一はすごく雑に剛を撮るw

a18

旅行をテーマにしたZINE。

a19

旅の楽しみ方を「A→Z」26項目で紹介。

a20

版画の作品集。

a21

サラリーマンを写真に撮る→それをイラストにする→ハンコにして押す

a22

見開き。

a23

いわゆる同人誌に比べて、ZINEはアート色が強い。

a24

ここから個性的なZINEをご紹介。

「マニキュアを塗った夜は自慰行為ができない」

a25

ZINEの特徴:利益を最優先していないのであまりコストを気にせず様々な紙を使える

a26

作者の高橋さん登場。

a27

製本は家庭用のプリンターで印刷して、ホッチキスで留める。

a28

本業はナレーター。

a29

タイトルの自慰行為は”気持ち良くなること”のメタファー(暗喩)。
下ネタではありません。

a30

続きを読む

「自撮りグッズの世界」の案内人は生駒幸恵さん(29)。
自撮りを極め、数々のモデルにテクニックを教える自撮り指導員です。

jidori1

自撮り指導員とは聞きなれない言葉ですが、生駒さんはアパレルの会社員でショップ店員やファッションモデル、タレントなどに自撮りで実物よりきれいに映るノウハウを教えているのだそうです。
そして、ブログやインスタグラムに自撮り写真を上げさせる。

jidori2

つまり自撮り指導員とは…

jidori3
 
生駒さんが自撮りにはまりだしたのは10年前。

jidori4
 
当時19歳の生駒さんと幼馴染のなつ美ちゃん。
なつ美ちゃん目力強いw

jidori5
 
 ここまで進化した!最新自撮りグッズ

Hamee セルフィースティック付きハードケース


jidori6

スマホケースと自撮り棒が一体化した自撮りグッズ。
スティックは40㎝まで伸ばせます。

jidori7

撮影テクニック
① カメラは顔より高い位置で構え上目遣い気味に
② 撮影者の手を映さないようにする
③ 自然な表情を引き出すため連写機能を使う

jidori8

顔ww

jidori9

④ 顔が小さく見えるように撮影したり、太陽光の当たり具合を調節してきれいに見せるのがコツ。

jidori19

BLACK EYE WIDE ANGLE 

jidori11

スマートフォンのカメラ部分に装着するクリップ型の広角レンズ。

jidori12
 
レンズをつけると広角になります。
広大な景色やグループでの自撮りに最適。

jidori13
 
東京タワーのセットをバックに撮影。

ブラックアイなし。

jidori14

ブラックアイあり。

jidori15

カシオ EX-ZR3100

jidori16

液晶画面をレンズ側に向けることができる、まさに自撮りのために開発されたデジタルカメラです。

jidori17

勝手に美肌モードにしてくれるメイクアップモードが付いています。

jidori18

スマートフォンでアプリを立ち上げ、カメラのWi-Fiボタンを押すと写真がスマートフォンに自動的に送られます。 
一気に100枚動かせます。

jidori10

JOBY クリップタイト ゴリラポッドスタンド

jidori20

三脚部分が自由に動かせ、屋外の撮影に便利。

jidori21
  続きを読む

先週に引き続き埼玉。
今回は行田市の埼玉(さきたま)古墳群です。

kofun1
 
ゲストは、レキシさん、アンガールズのお二人と、

kofun2
 
堀部圭亮さん。

kofun3
 
今日は古墳を見物しながら自撮り写真を撮る、という趣向です。

kofun4
 
 古墳(円墳)のてっぺんからスタート。

kofun6
 kofun7
 
ゲストの中で古墳に興味があるのは、レキシさん。
TシャツもKOFUN。
「古墳へGO!」という曲も作ったそうです。 

kofun5
 
古墳の解説は県立さきたま史跡の博物館の佐藤康二さん。

kofun8
 
ここには、8基の前方後円墳、1基の円墳が密集しているそうです。
円墳(丸墓山古墳)は直径105m、高さ19m。
日本最大の円墳だそうです。
未発掘なので、誰が埋葬されているのかは不明。

kofun9
 
早速超ロング自撮り棒で自撮り。
棒が長すぎてふらつく田中w

kofun10

ピンぼけで失敗。

kofun11
 
次に一行は円墳の隣の前方後円墳(8)に移動。
稲荷山古墳は古墳群で最古のものだそうです。
 
kofun13

この古墳からは国宝の鉄剣が出土しました。
これは実物大のレプリカ。

kofun15

本物はさきたま史跡の博物館に展示されています。
金錯銘鉄剣:古墳時代の刀剣で最多の115文字もの漢字が刻まれている。

kofun16

辛亥年(西暦471年) 
七月中記(七月に記しました)

kofun17

乎獲居(ヲワケ)という人が記しました。
代々天皇家の親衛隊長を務めている家系でこれを記念して記しました。
といったことが書かれているそうです。

kofun18
 
ここでも自撮りに挑戦。

kofun19
 
首が切れた写真になってしまい、失敗。

kofun20
 
稲荷山古墳の頂上。
田んぼの中にも古墳が3、4基埋まっているそうです。

kofun21
 
礫槨ーれきかくー(棺が置かれた埋葬施設)のレプリカ。
本物は、この5、60cm下に保存されているそうです。

kofun22

続きを読む

このページのトップヘ