Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:肉まん




≪グルメ部門≫ 

anp82

進化し続ける背脂ラーメン 2016年2月17日放送


平太周味庵(五反田)の背脂ラーメン。

まず醤油ダレの上に背脂。

anp66

麺の上も背脂をかけ、具を盛り付けて、仕上げに背脂。

anp67

 スープが入っていない背脂まみれの「爆盛油脂麺」。

anp68
 
後世に残したい純喫茶のトースト 2015年10月21日放送


江戸川区平井にある珈琲ワンモア。

anp69

銅板で焼くフレンチトースト。

anp70

バターたっぷり。
仕上げにレモンスライスとレモン果汁。

anp71

ほのかな甘みとレモンのさわやかな酸味。

anp72

地元民が愛しすぎてバージョンアップした名古屋めし 2016年3月9日放送

名古屋めしは常に進化する。
フレンチトーストと味噌カツの融合。

anp74

小倉トーストの上にアイスをのせ、上から熱いコーヒーをかける。

anp75

きしめんを自家製焼肉ダレで炒める。

anp76

きしめんをバージョンアップさせた「焼き太きしめん」。

anp77

 こだわりがハンパない肉まん 2017年2月1日放送
 

全国300店以上の専門店の中から3つを選定。

anp78
 
中でも名古屋市大須の包包亭は、放送後行列の絶えない店になる。

anp79
 
蒸すのではなく鉄板で焼き上げる。

anp80

肉汁を堪能する肉まん研究家の松本学さん。

anp81
 
お菓子ちゃんもラストお菓子。

anp83

最後は超オーソドックスな仙台の銘菓。

anp84

お菓子ちゃんの目に涙が…。

anp85
 
≪アート部門≫

とりあえず「馬場ボデー」を言いたい有吉くんw

anp86

情熱がハンパない切り絵作家 2015年12月16日

顔を曲線で切り抜いた福井利佐さんの作品。

anp87

世界が尊敬する日本人100人に選ばれた切り絵作家、蒼山日菜さん。

anp88

使うのは紙とはさみだけ。

anp89

続きを読む



今回の新3大は”肉まん”です。

nman1
 
肉まんの誕生は中国の三国時代(紀元220年ごろ)。
諸葛亮が作らせた饅頭が始まり。

nman3

日本では昭和2年に中村屋が発売した肉入り饅頭により広まりました。

nman4

現在肉まんの専門店は全国に300軒以上あります。

nman5

① 北海道・点香苑 

 今回の有識者、ご当地肉まん研究家の松本学さん。

nman6

松本「点香苑 は道民すらあまり知らない店。皮はモッチモチ、肉はパンパン」 

nman7

北海道・美幌町にある点香苑。

nman8

点香苑のメニュー。

nman9

特大サイズの豚まん。

nman10

豚まん190円(税別)。

nman11

重さ375g、コンビニの肉まんの約4倍。

nman12

割ってみると、餡がパンパン。

nman14
 
黒コショウがきいた醤油ベースのタレ。
このタレに豚肉の粗びき(サチク麦王)と北見産のタマネギを混ぜ合わせ、餡を作ります。

nman15
 
自家製の皮に餡を詰め込みます。

nman16
 
蒸籠で蒸しあげます。

nman17

寒いところで食べると余計美味しく感じる。

nman18

湯気もごちそう。

nman13

点香苑の肉まんが大きい理由
オープンの朝にお客さんがどんどんやってきて、急いで作っている中(餡を)詰めすぎてしまった。 
それ以来引っ込みがつかなくなり、サイズを変えていない。

nman19
 
地方発送はしていません。

nman20
 
②  長崎県・長崎ぶたまん桃太呂


 職場に肉まんの蒸し器を所有している有識者。

nman21
 
長崎は中国から肉まんが伝わった肉まん来航の地。
その聖地で長崎市民に愛されている肉まん。

nman22

長崎市・銅座町

nman23

長崎ぶたまん桃太呂。

nman24

こちらが自慢の肉まん。

nman25

続きを読む

このページのトップヘ