Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:美人

「金色夜叉」のお宮の松からスタート。

atami8

貫一お宮の像。

atami2

桑子アナは「金色夜叉」を知らなかった。
昔は芸人がコントで貫一がお宮を蹴るくだりをよくやってたけど、今は見ないからなぁ。 

今回のお題は「人気温泉地・熱海を支えたものは?」。

atami1

今タモリさんたちがいるのは黄色のマルの部分。
昔は海だったところ。
千葉から砂を運んで埋め立てたのだそうです。

atami9

 
熱海と言えば温泉。
熱海の温泉の秘密を探りに移動します。

秘宝館が気になるタモリさん。
そっちはタモリ倶楽部で改めて…w

atami3

海岸から南に2キロ。
岬の先端に建つホテル。
番組ではホテル名を言ってませんでしたが、ホテルニューアカオです。
10000円を切るリーズナブルな宿泊プランもあります。

atami10

石鹸で手を洗って泉質を調べる。 
温泉のお湯だとぜんぜん泡立たない。
これは温泉に塩分やカルシウムが含まれているからだそうです(塩化物泉)。

atami12
 
 温泉に塩分が含まれている理由は何か?
それを解き明かすのが「水冷破砕溶岩」というワード。

atami33

海底で噴火したマグマが海水で冷やされると粉々になります。
それが固まったものが「水冷破砕溶岩」。
海底で噴火があったことを示す証拠です。

atami34

火山活動が終わった後も、熱海の地下には火山の余熱がとどまっています。
そして、地下に染みこんだ雨水や海水が火山の余熱に温められることにより、塩分の多い温泉が湧きだすのです。 

atami35

ここから熱海温泉の歴史に詳しい松田先生が案内人になります。
ネットをざわつかせたツーブロックの美人先生。

 atami14

江戸時代の温泉番付を見ると、熱海は別格扱い。

atami36

熱海は行司に位置付けられています。 

atami17
 
あの徳川家康も1604年(幕府を開いた翌年)に熱海に湯治に来たのだそうです。

atami37

 江戸時代の熱海の痕跡を探すため、古地図を見ながら街を歩きます。

atami18

このあたりは川が運んだ土砂によって緩やかな傾斜(扇状地)になっています。
実はこのなだらかな傾斜が江戸時代の熱海を支える重要な役割を果たしています。

atami20

 おばちゃんたちの握手攻めにあうw

atami19
 
坂の上の大湯(源泉)。
間欠泉だったのですが、大正末期に枯れてしまったそうです。

atami21
 
傾斜の高低差を利用して、ここから各旅館にお湯を引いていたそうです。

atami22
 
江戸時代から経営していた老舗旅館にお邪魔します。
ここにはいくつかお宝があるそうです。

atami23

お汲み湯の図。
源泉を樽に詰め、江戸城まで運んでいたのだそうです。

atami24

熱海の温泉は徳川家お気に入りの御用達のお湯。
だから、温泉番付でも別格の扱いになっていたのです。

atami16

この老舗旅館の蔵で見つかった江戸時代の版木。
当主も何が彫ってあるのか知らないそう。

atami25

タモリさんが版木を刷ってみます。
出雲以来、2度目の刷り師タモリ。

atami26

沢庵和尚が熱海温泉に入湯し、温泉の歌を詠んだことが書かれてありました。

atami32

有名人の沢庵和尚の歌を使い、熱海の人々が温泉地・熱海をPRしたことがうかがえます。

atami27

続きを読む

豊田章男社長自らマツコさんを工場まで送ります。 
車は500台限定のレクサスLFA。

toyota9

中古で5690万円(価格コム調べ)。

toyota8
 
今回見学する元町工場は東京ドーム35個分の敷地面積。
元町工場は元・町工場という意味で、創業の志を忘れまいという気持ちがこめられているそうです。
工場ができた1959年に、ここの地名は元町に変更されたそうです。

toyota19

最初に見学したのは鋼の板から車のボディを作るプレス工程。
鋼の板はボディの形にカットされた後、重さ40トンの型抜きでプレスされます。 
出来あがったボディは仕上げに人間の手で磨かれます。

マツコさんは工場内の運搬・移動用のスクーターを試乗。

toyota20

次に見学した工程はバンパー組み付け。

 toyota12

ここの工程でまっさきに目を引いたのは、女性従業員がキレイなこと。

toyota18

作業着姿で働く女性は、よけい美人に見えます。

 toyota17

敷地内にある食堂に移動。
マツコさん来訪を祝して特別メニューが用意されていました。

toyota3

作業着姿のマツコさん。

toyota22

成り行きで隣に座った社長と会話する破目になる若者。
社長は気さくな感じですが、ちょいちょい目が怖いw

toyota21

食事の後は、溶接工程を見学。
1台700万円のロボットが約800台も稼働しているそうです。

toyota6

ここではパトカーも作っています。

toyota24

toyota2

最後は組み立て工程。
約1万2000点の部品を取り付けて自動車が完成します。

近未来エコカーMIRAIの製造ライン。
今は13人の手作業で1日3台製造しているそうです。

toyota1

穴あけ作業を体験させてもらう。

toyota13

水素で走るMIRAIをテスト試乗。
加速感がすごく、マツコさんが思っていたよりスポーティだったようです。

toyota7
 
トヨタは水素自動車の普及のため、他社にこの技術の特許を無償で提供しているそうです。 
ちなみにMIRAIは新車価格723万円(価格コム調べ)。





プレゼンターはオアシズ大久保さん。
彼女が言うには、「美人は小さいころから何もしなくても周りから興味を持たれているから、変顔をする必要がない。よって美人の変顔はしょうもない」。
なるほど…。
一理ありそうな説です。

実際ロケに出て、街の美人たちに変顔をやってもらうと、確かにしょうもない。 

口では美人ではないと謙遜していても、明らかに変顔に慣れていないし、なんなら可愛く見せようとしている。 
秘かに自分の顔面に自信とプライドを持っていることがうかがわれます。 

そんな中でも、なかなかクオリティの高い変顔を見せてくれた美人も少数いました。
そういう人は自分の美貌を鼻にかけない、気取らない人という印象を与え、一気に好感度が上がります。 
自分は美人という自覚がある人(ま、半数以上は勘違いだと思うけどw)は、日頃から変顔の練習をしておいた方が良さそうです。
 
それより、印象的だったのは、素人とプロ(芸能人)の意識の違いです。

素人は変顔をすることに、イヤとか恥ずかしいという気持ちが残ってしまいがちですが、プロはそういう照れがみじんもなく、ただただスベりたくはないという意識が強い。

カメラの位置を指定した元読者モデル、鈴木奈々さん。

hengao1

 面白くなるまで色々なパターンをやってみる元アイドル、菊地亜美さん。

hengao2
 
菊地さんはドッキリの時のエレベーターから落ちた時の顔がインパクトがありすぎて、やや期待はずれでしたw

hengao7
 
今回は売れっ子バラエティタレントよりも、スタジオのゲストの方がクオリティは高かったと思います。 

可愛い筧美和子ちゃん。

hengao3
 
予想外に頑張りました。

hengao5
 
そして、すべてを吹っ切っている高橋真麻さんw
 
hengao4
 
 ついでに、今年のAKB総選挙1位の指原莉乃さん。

hengao6
 
売れる人は、やはりプロ意識が高いw 

ヴィーナス誕生
筧 美和子
幻冬舎
2014-04-04


逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 MOOK)
指原莉乃(HKT48)
講談社
2014-08-11

 

 シニア世代の携帯事情パート3

このシリーズも3回目になりましたが、私が好きだったのは大阪のおばあちゃん。
亡くなったご主人の写真を番組スタッフが待ち受け画面にしてあげたら、とても喜んでいました。 
大げさに言えば、ヒトという動物に一筋の希望の光を与えてくれたエピソードでした。
おばあちゃんも亡きご主人もほんとうに良い人なんでしょうね。 

keitai3-3

それから、森進一のおばあちゃん。

keitai3-2

自分の写真フォルダに入っていた雛人形を見て、「森進一じゃない?」と言ったおばあちゃんには続編があり、ニューヨークのブロードウェイで米倉涼子のポスターを撮った写真が実は米倉涼子ではなかった、というオチ。
天然ボケがキュートです。
 
 さて、今回の調査ではお年寄りは携帯電話を持ち歩かない人が多い、ということがわかりました。
これにはいくつか理由があると思います。

① シニア世代は電話を持ち歩くという習慣が長らくなかった。
② 年を取るとただ歩くのもたいへんになるので、なるべく荷物は持ちたくない。
③ リタイアしているので、仕事などの緊急の用事はほとんどない。
 
といったところでしょうか。
おそらくこれから世代が下がるにつれ、年をとっても携帯電話を持ち歩く人の率は増えていくのではないでしょうか。 

それから、シニア世代は意外にメールを使っているという事実。
文字を打つのは結構大変だと思うのですが、皆さんそれなりにマスターしているようです。
それはやはりメールが便利ー電話のようにタイミングが悪くて相手に迷惑をかけるという心配がなく、お互い都合が良い時にメールを読んだり、送ったりできるーだからだと思います。

一方、カメラや動画に関しては千差万別。
ほとんど使わない人も多いようですが、活用しているシニアもいます。
自分の遺影用の写真を撮りまくり、死後の世界に思いをはせる68歳の女性もいれば、スマホでエロ動画を見る若々しい65歳の男性もいます。

人はいくつまで、性欲があるのか?
これは、男性の場合は個人差が激しいと思います。
3年ほど前96歳でパパになったインド人男性がニュースになっていましたが、これは稀有な例でしょう。
気持ちはあっても、体(の一部)が…というのがほとんどのパターン。
3大欲求といっても、性欲はなくても死にはしないので年齢とともに徐々に衰えてゆくのはごく自然なことです。

keitai3-4









続きを読む

美人ならヒッチハイクで本州縦断を1日(24時間)でできるか、というテーマです。
 
確かに、男よりは女性の方が有利でしょうね。
道端に立つお肌の露出度高めの美女がにっこり 、停まる車。
物陰からのそっと現れる美女の彼氏、などというのは洋画のあるあるです。

今回このヒッチハイクを検証してくれる美女は筆岡裕子さん。

 fudeoka1

どちらかといえば、地味目な美人。
ヒッチハイクにはこれぐらいの素人っぽい感じがいいのでしょう。
スタジオゲストの橋本マナミさんみたいな夜の匂いがする美女だと、美人局(つつもたせ)的な危険を感じて警戒されるでしょうね。

 hasimotomanam

青森からスタート。
そもそも交通量が少ないので待っていても車はなかなか停まらず、自分から声をかける作戦に変更して1台目をゲット。

fudeoka2

青森の人らしい、シャイな純朴そうなオジサンでした。 
ためらいがちに歌うオジサンの鼻歌を「うまーいっ」と持ち上げる筆岡さん。
彼女は見た目は素人ですが、中身はお水ぽいっようです。

この後も順調に車を乗り継いで、高速道路の花輪サービスエリアにたどりつきます。
このサービスエリアで東京まで行くポルシェを捕まえます。
ゴルフで言えば、アイアンで刻んでいたのが、ようやくドライバーでロングショットというところでしょうか。

fudeoka5

ここでも筆岡さんはポルシェのオジ様をソツなくヨイショします。
この人、やっぱり水商売の経験ありそうです。

筆岡さんのヨイショに気をよくしたオジ様はお得意の西城秀樹のモノマネを披露。
「ハウスバーモントカレーだよ~♪」
元歌をほとんど聞いたことがないであろうこのモノマネも、筆岡さんはしっかり「似てる」と褒めてあげます。
 この密室をキャバクラだとすれば、彼女は乗せてもらった分の労働はちゃんとしているような気がします。

この後も高速道路のサービスエリアで次次と車を乗り継ぎ、中央高速道の談合坂サービスエリアで名古屋行のトラックをゲットします。

出発から約20半時間経過したところで、美女筆岡さんは男性7人を乗り継いで、兵庫県の西宮名塩サービスエリアまで行きつきます。
タイムリミットまで3時間ちょっとですが、宮崎ナンバーの車を捕まえて、一気に下関行へ。

fudeoka3

しかし、広島県三原市地点で、無情にもタイムアップとなりました。

fudeoka4

 筆岡さんと同時に青森を出発した男性ADは静岡県止まりでしたから、24時間で下関には行けなかったものの、
ヒッチハイクでは美女は有利だということは立証できたのではないでしょうか。 

 
HITCH-HIKE ヒッチハイク [DVD]
横山美雪
アルバトロス
2013-07-03













このページのトップヘ