Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:結婚

鶴瓶×さまぁーずのトーク番組SP。

iromon1

ゲストはレギュラー12本を抱える超売れっ子の有吉弘行さん。

iromon4

子供の頃から「お笑い」をやりたかった有吉くん。
当時は「俺たちひょうきん族」や「THE MANZAI」などを観ていたそうです。
小学生の頃のはモテていたそうで、コンプレックスといえば父親が働いていないことぐらいw
 
iromon2
 
18歳の時に「オール巨人公開弟子審査会(1993年3月OA)」というオーディション番組に応募。
見事合格し、巨人師匠に弟子入りしましたが、7か月後には辞めてしまったそうです。
理由は(巨人師匠を)愛していなかったからw

iromon3

巨人師匠には「2年間社会人を勉強して戻っておいで」と言われたそうですが、有吉くんは2年を待ち切れず故郷広島で友人の森脇君を誘って上京。
あとはご存知の通り、猿岩石として「進め!電波少年」の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」に挑戦し、本人たちも知らない間に日本では知らない人がいないほどの人気者になっていました。

iromon6

帰国後には歌や書籍を出してミリオンセラーとなり、CMや映画にも出演しました。
CD「白い雲のように」 113万枚
「猿岩石日記」    250万部

本人としては自分の得意ではない分野(歌や演技)で評価されてしまったので、その点が悩みではあったようです。

iromon5

元相方の森脇君は昨年「しくじり先生」で再デビューしたようですが、有吉くんは森脇君と会っていないし、連絡も取っていないそうです。
森脇君の話が出たところで、有吉くんは腕を組み始めたので、この辺りはあまり触れてほしくないのかもしれません。

おそよ2年ほどの猿岩石ブームが去った後の話。
ブームのさなかでも有吉くんはこんな人気が続くわけがないと思い、派手な暮らしはしていなかったそうです。
なのでブーム後も地味な生活を続け、貯金を少しずつ使って暮らしていたそうです。
自分たちのブームが終わっていくのを感じたのは、「一緒に仕事している人の質が落ちていく時」。
有吉くんらしい、リアルなブーム終焉の実感です。

とはいえ仕事がなくなっても有吉くんは風俗遊びは続けていたようで、そのあたりの事情はさまぁ~ずの二人が詳しそうでした。
大竹「テレビでは言えない」w
有吉くん本人によると、日本人だと(自分が)顔バレしているので外国人の出張風俗を呼んだそうです。
セーラー服を着たロシア人が自宅を訪れたので、マンションの管理人さんに白い目で見られたそうですw

不遇時代のさ中も「内村プロデュース(2000~2005年)」で有吉くんは猫男爵というキャラクターでたびたび出演。
他人の家の風呂に入って帰る猫男爵のコーナーは人気を呼びました。 
 
iromon8

不遇時代にさんざんお世話になった上島竜兵さんには恩返しをしたい気持ちはあるのですが 、本人がすっかり枯れてしまったので水をやってもダメなんだそうですw

MCとしての有吉弘行はアイドル番組から。
「アイドルの穴~日テレジェニックを探せ~」、ファミリー劇場「AKBネ甲テレビ」などに出演し、MCとしてのさじ加減を覚えていったそうです。 

そして、ほぼ同時期に再ブレイクのきっかけになった「あだ名」が評判になってゆきました。
これがもう10年前のことになるそうです。

iromon12

鶴瓶「油トカゲはおもろいで」w

iromon9

大竹「言いにくいけど、面白いよね」

iromon11

ちなみに鶴瓶さんのあだ名は「無駄話嘘太郎」w

iromon13

大竹さんは「変態エロ眼鏡」。
大竹「雑だもん、考えてないもん」w

iromon14
 
三村さんは「ポンコツ人間」w

iromon15

見事に再ブレイクを果たした有吉さんですが、もしまた売れなくなったらもう1回盛り返すパワーはない、そうです。

iromon16

そのときは(芸能界を)辞めるつもりのようです。

iromon17

有吉くんは人づきあいは良くなく、共演者の連絡先はほとんど知らないし、スタッフと飲みに行くこともあまりないそうです。
鶴瓶「何とかせなアカンで。結婚せなアカンで」
有吉「”結婚せなアカンで”って言われるのはセクハラですって最近訴えられるように…」
どうもこの話題も有吉くんは広げたくないようでしたw

三村「大竹さんは有吉くんのおチンチン好きだもんね」
大竹「有吉のおチンチンカッコイイんすよ。きれいなおチンチン。理想的なおチンチン」 w

iromon18

有吉「(まだ結婚していない独身の芸人は)今田さん、岡村さん…」
三村「つぶやきシロー」w

iromon19

続きを読む

 オバサマが集まる場所を調査した件

  毛皮の受注会

毛皮の受注会は6~7月に都内各所で行われる。
夏に選んでおいて、11月ごろに受け取る。

oba1

ちょっと割引になるそうです。
いわゆる早割というヤツですね。

oba2

こちらのオバサマは毛皮を着てゴルフをするのが今年の目標。

oba3

35万ならゴルフの時にちょっと羽織るのにちょうどいい?

oba5

このオバサマ、建設会社の社長さんだそうです。

oba6

建設関係の前は、金融関係。
納得の社長顔w

oba7
 
 宝石の展示会 

福山市のホテルで催された展示会。
値段は普段の半額以下だそうです。

oba8

こちらのオバサマは学習塾を経営。
仕事が終わった後ジュエリーボックスを開けて宝石を眺めると、疲れが吹き飛ぶのだそうです。

oba9
 
宝石は男には理解できない世界。
男がフィギュア集めたり、車買ったりするのと同じなんでしょうね。

oba10
 
娘のネックレスを探しに来た家族。
「光りモノが好き」と答えて、なぜか笑い出す。
 
oba11
 
光りモノの前だったw

oba12
 
 着物の競り市 

大阪・天神橋の成田屋では月2回、わけあり商品のオークションがある。

oba13

最初に手を挙げた人が購入できるルール。

oba14

やさぐれた感のある女性がバンバン買っていた。
聞くと今日は10着お買い上げ。

oba15

彼女はスナックのママ。
経営が苦しいので、お店で着る和服はすべてわけあり商品。

oba17

お店の名前は「彩」と「夢」と「ん」で「彩夢★ん(さくらん)」。
読めねーわ!w

oba16

でしょうねw

oba18

こちらはこのお店(成田屋)を経営しているオバサマ。
手から不思議なものが出ると、サイババみたいなことを言う。

oba19

社長に手を当ててもらい首を治してもらう。
こういう状況では変わってないとは言えない怪しげ治療あるあるw

oba20
 
車いすで来た人を治療したら、帰りは歩いて帰ったそうです。

oba22

従業員に”NO”はないw

oba21
 
続きを読む

会社員(26)女性からの投稿、「”生まれて半年になる娘が自分にも妻にも似てなくて可愛くない悩んでいる”という相談を先日主人の同僚からされた。奥さんの写真を何枚か見せてもらったところ、SNSの写真は加工済みで、それ以外の写真もアイメイクがかなり濃いめ。彼は奥さんのスッピンを見たことがないそう。結婚をする相手なら事前にスッピンを見ておくべきと思うが、お二人はどう思うか」、という内容でした。

spin1
 
女性にとってのお化粧が意味するものが男性にはよくわからないのですが、お化粧をカツラにおきかえると理解しやすくなります。
薄毛の男性がカツラを被っているとして、彼女は彼がヅラをつけていることは知っているけど、結婚してもヅラを取った姿を見たことがない、という感じでしょうか。

だとしたら、家の中ぐらいヅラをとってありのままの姿を見せろよと言いたくもなります。
一方、家族の前でもヅラをとった姿を決して見せまいとする本人の努力と気持ちを思うと、そう簡単にはこの問題に介入すべきではないような気もします。
 
spin2

マツコさんが言うように、客観的に冷めた目で見れば、生まれて半年の赤ん坊の顔なんてサルやオヤジに近いものがあります。
そのうちどっちかに似てきて可愛くなってくるのではないでしょうか。
いっこうに自分に似てこないというのであれば、DNA鑑定という最後の手段もあります。

spin3

有吉くんはスッピンをみたいとは思わないと言っていますが、マツコさんが言うように有吉くんがメイクてんこ盛りのギャルと付き合うことはまずないでしょう。
彼女たちは本当に原型がほとんどわかりませんw

spin4

ここで有吉&マツコは日本のスッピン重視文化に疑問を投げかけます。
日本人はスッピンを気にしすぎる、のでしょうか。

spin5

有吉くんは芸能人などのブログ上でのスッピン大公開写真などを苦々しく思っているようです。

spin6

有吉「俺は普通にお化粧してる人が好き」
これはまあ大多数の男性の意見ではないでしょうか。
スッピンを見たいという気持ちと、普段はお化粧しててほしいという気持ちは別物です。

spin7

ここでアンケート調査。
「奥さんのスッピンを見たことありますか?」という質問に対し、1度も見たことがない人15%。
有吉&マツコも驚いていましたが、15%は結構な割合です。

spin8

青山アナは彼氏にスッピンを見せても大丈夫な方だと答えましたが、一番最初にスッピン”いよいよ公開”の時は勇気がいるそうです。

spin9

アメリカは一般的に日本よりもメイクが濃いそうです。
顔の造りも文化も違うのだから、これは当然と言えば当然?
そういえば、日本人女性も海外に長くいると、メイクがその土地風になる人が多いような気がします。

spin10

マツコさんは、男子はスッピンが好きというより、スッピンを自分に見せてくれたことに感激するのではないかと推察します。
これは当たっているかもしれません。
ありのままの姿を見せてくれた→自分を信頼してくれている、と男子は感じるのかもしれません。

 spin11

 ここでまたアンケート。
「彼女のスッピンを見たことある?」という質問に対し、
はい 64.6%
いいえ 35.4% 

spin12

逆に女性に質問、「何回目のデートでスッピン見せられる?」

spin13

ここでマツコさんが、彼女のスッピンを見たことがない男性が35.4%なのに対し、絶対見せない女性が3.6%という数字の矛盾を突きます。
確かに数字に開きがありすぎます。
これは女心なのでしょうか?

有吉くんは「初めてのスッピン=初めてのH」説を唱えます。

spin14

マツコさんも有吉説に同意しますが、青山アナは異議を申し立てました。

まあ、同じではないでしょうが、心を許したという点でHの前後あたりで素顔を見せる女性は多そうな気はします。

spin16

青山「違いますよ」
マツコ「普段バドガールみたいなこと言うのに、そういうときだけ貞淑な大和撫子みたいなこと言うのね」
有吉&マツコに歯向かったおかげで、青山アナは窮地に立たされることになりますw

spin17

有吉「卒業パーティでモーテルだろ、どうせ」w
青山「違います」

spin18

青山「アメリカでは結婚するまで取っておくという女性もいるんですよ。そういう団体が学校にあったりするんです」
マツコ「じゃ、両極端なのね。すごい敬虔なクリスチャンの人は真面目なんだ」
青山「ほんとにバージンロードは、バージンで歩くっていう…」
有吉「なるほど」

spin19

マツコ「あんた、仏教徒でしょ」
有吉「仏教は結構自由だから…」
青山「(笑顔)…」
マツコ「洗礼も受けてないしね、別に」
底意地の悪い有吉&マツコw

spin21

青山「好きになさってということで、不採用にさせていただきます」
青山アナ、とんだ災難でしたw

spin22




 

 あだ名

 砂利道ヘッドスライディング

ひどいけど、うまいw

adana21

  ホルスタイン

モノトーン柄は難しい。

adana3

  ゴボウ

アリがちなあだ名。
テニス部の女子は確かに日焼けがハンパない。
で、あの境目に萌えるw

adana4
 
  ミランダ・カー

オネエギャグw

adana6
 
身長体重が一緒なんだそう(175cm 55㎏)。

adana7
 
 うんこ山

苗字が小山だから。
中学生男子にありがちなイジリ。

adana8
 
 きゃんたま

たまき(環)→たまきん→きんたま→きゃんたま

adana9

  下半身の王様

本人が言うには、ヘソまであるそうです。
要確認。

adana10
 
  足クサわき毛

友人「わき毛生やしてて、足が猛烈に臭い」
容赦ないw

adana11

本人も容赦ないw

adana12
 
  ゴリポンワンダフォー

好きな男子にゴリポンワンダフォーと言われてショックだった。
女子相撲小6女子の部で全国2位になった時の雄姿。

adana13

片思いの彼は、ネーミングセンスがワンダフォ-w
 
ここからオーストラリアから帰国したクソ出っ歯にインタビュアーをやってもらいます。

adana14

 藤菌 

まず、クソ出っ歯でツカミはOK。

adana15

心を開いた相手はあだ名を教えてくれる。
君のあだ名も相当ひどいよw

adana16

 タマゴ→ハゲ

見たまんまですね。

adana17

これすごくわかります。
目線って、どこ見てるかすぐわかるから気をつけましょう。

adana18

人々に励ましと勇気を与えるクソ出っ歯。

adana19
 
すでに街の人気者。

adana20
 
乾燥は出っ歯の大敵。

 adana22

続きを読む

木下ほうかさん(51)と言えば、今ノリに乗っている俳優さん。

昨年は「昼顔」でプライドの高いエリート・サラリーマンを演じて話題となりました。

hokaout1

最近では「スカッとジャパン」でのイヤミ課長、その徹底的なイヤミっぷりが大人気です。

hokaout2

そんなほうかさんですが、本人には結婚願望があるのにもかかわらず、いまだ結婚できないのが悩み。

そこには何か隠されたアウトな理由があるのか…。
マツコ、矢部のMCコンビとアウト軍団が探っていきます。

アウトその1.絶対に離婚したくない

ほうかさんに言わせると「離婚した人は認められない」のだそうですw

結婚式で永久の契りを誓い、友人知人から祝儀をもらっておきながら、離婚した時には何の連絡もない。
どうもそういうのが許せないようです。
きっと、今まで何度かそういう経験があり、憤りを感じたのでしょう。
もっとも、結婚式に参列して、その夫婦が後に離婚したという経験は大人なら一つや二つあるのではないでしょう。

他人の人間関係に思い入れが強すぎるというか、結婚を神聖視しすぎているというか、どうもほうかさんはこのあたり潔癖すぎるような気がします。
妙に頑ななこだわりが、他にもいくつかありそうな気がします。

hokaout3

「結婚はギャンブル感覚でカジュアルに」。
ほうかさんには蛭子能収さんのこの名言を贈りたいと思いますw

アウトその2.結婚相手は”天涯孤独”希望

 ほうかさんは「結婚は本人としたい」そうです。
一見あたりまえですが、話をよく聞くと「結婚は家同士のむすびつき」みたいな考え方が受け入れられないようです。
相手の両親の家に出向いて結婚の許しを乞う、みたいなセレモニーに抵抗があるようです。 

話をよく聞いていくと、ほうかさんは以前結婚を真剣に考えた交際相手がいて、その彼女に結婚の話をしたところ、「親が反対すると思う」と言われたそうです。
売れている今はともかく、貧乏役者との結婚はどこの親でも二の足を踏むのは当然と言えば当然。
ですが、その失恋がほうかさんのトラウマになっているようです。

自分が交際相手の実家に行くと、「コラアッ!」と怒られそうなイメージがあるのだそうですw

hokaout4

アウトその3.彼女との年齢差について

例えば、ほうかさんに結婚相手を探してくれる人が現れ、ほうかさんの年齢(51)を聞き、「じゃあ、(相手は)若くても25歳で、上はまぁ45歳までか」と言われると、それが気に入らないようです。
ほうか的には「24歳と46歳はアカンのか」ということになるそうですw
ヘンな所で引っかかる人ですが、本人的には「年齢は関係ないだろ」ということのようです。

現にほうかさんは、40代半ばの頃、20代前半の女性とお付き合いしていたそうです。
なるほど、モテるから強気なんですね。

モテるけど、おつき合いしても相手に別の男ができてフラれる…。
今まで全部そういうパターンだったそうです。

hokaout5

正直、ちょっとめんどくさそうな性格みたいだから、そうなるかもしれませんねw

アウトその4.サイゼリア

ほうかさんが苦手な人は、「サイゼリアについてきてくれない人」w

hokaout6

ほうかさんはサイゼリアが大好きで、食事はもちろん、読書や台本読みもサイゼリア。
いわば、サイゼリアはほうかさんのリビング兼ダイニングになっているようです。

hokaout7

女性とデートする際もサイゼリアを利用することがあるそうですが、その時に嫌な顔されると、その人はアウトだそうです。

私も男性ですからほうかさんの気持ちはわからないでもありませんが、10代20代のコが利用するイメージが強いファミレスですから普通の女性はちょっと抵抗あるのでしょうね。

hokaout9

ほうかさんは世間の常識にとらわれず、自由に自分の生きる道を切り開いてきた人だと思います。
ですから、普通の男性にはない魅力があると同時にクセもある。

今回結婚について木下ほうかの取扱説明書を公開したわけですから、これからほうかさんにふさわしい女性が現れるかもしれませんね。

hokaout10
 

このページのトップヘ