Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:組合員


他にも山手線で痴漢に遭ったり、逗子のゲイビーチで白いブーメランパンツを履いたカップルの熱い視線に見守れながら釣りをしたりと、10~30代の頃は組合系の方と遭遇することはしばしばありました。

images870Z7I7H
国内最古のゲイビーチ 小坪海岸 お尻が気になって釣りどころではなかった。

中年期になるとさすがにそういうことはなくなってきましたが、40代になってちょっとした知り合いになった人もいます。

40代の初め、私は新宿にある整体の学校に通っていました。

カイロプラクティスのクラスで、私はその人に出会いました。

年は同じぐらいで小柄でがっしりした体型、眉が太くて目も鼻も大きい。
声はしゃがれたバリトンで、なんとなく古代中国の武将を思わせるような風貌でした。
(ですので、仮にその人の名前は曹操にします)

そして、曹操は髪が長い。
ソバージュっぽい波打った髪は背中まで伸びていました。

最初の自己紹介では埠頭で重いものを運ぶ仕事をしていたが、腰を痛めたので整体への転職を考えていると曹操は言っていました。

髪が長いことを別にすれば、仕草も話し方もごく普通のオジサンでした。
ロックが好きな人にそんな髪型の人はいるので、ロングヘアもそう気にはなりませんでした。

ですから、その時は曹操が組合の人とは全く思っていませんでした。
特に仲良くなったわけではありませんが、時にはペアになってカイロの実技の練習もしました。
開業したらレーザー脱毛の機械を入れたいと言っていたので、そのことは印象に残っていました。

そのクラスの授業も終了し、私はしばらく曹操と会う機会はありませんでした。
彼に会わなくなってからしばらくして、私は曹操が組合員だということを他の学生に教えられました。
私はその話が嘘だとも思いませんでしたし、そう驚きもしませんでした。
ただ、ロングヘアの謎が解けたような気になりました。

ある日授業を受けていると教室の裏手にある喫煙所からあの特徴のある嗄れ声が聞こえてきました。
ほどなく授業が中休みになったので、私は喫煙所に行きました。
彼が学校を卒業し、店をオープンしたという噂を聞いていたので話を聞きたかったのです。

曹操は久々の再会を喜んでくれ、私に近況報告をしてくれました。

カミング・アウトをして学校中の人間が真実の自分の姿を知っていることはもう織り込み済みのようで、さらっとオネエ専門のレーザー脱毛と骨盤矯正の整体屋をオープンし、滑り出しも好調であることを話してくれました。
オネエは女性の幅広の骨盤に憧れているので、骨盤を横に広げる骨盤矯正(痛そう!)は結構需要があるのだそうです。

これから(有名な)新宿二丁目に営業をかけにいくのだが、ゲイバーにオネエたちが来るにはまだ時間があるので、ここ(学校)で暇つぶしているということでした。

images82W82HJL 2chome
こういうイベントもある町だ

曹操は私に2枚の名刺をくれました。
一つは男性としての普通の名刺。
もう一つは組合員用の名刺。
こちらは名前も女性で、写真の雰囲気もかなりフェミニンでした。

それから、1,2度同じ時間帯に私は曹操と喫煙所で世間話をしました。

彼は以前と全く変わりない様子で話をしてくれるのですが、時折肩口に垂れた毛先を両の手で捩じるような仕草を見せることがありました。
曹操の英雄的風貌とそのガーリーな仕草にはギャップがありすぎ、それだけがちょっと怖かったです。

images71DCI692
 唐突ですが、仏女優レア・セドゥ ガーリー♪


私の人生の中で、組合員(同性愛の人たち)とはあまり接点はありません。

あまり、というのは親しくおつきあいをした人はいないということで、まったくなかったわけではありません。

最初の出会いは深夜の池袋だったと思います。
大学サークルの飲み会の帰りか何かだったと思いますが、私は文芸座の近辺を一人でふらついていました。
暗い路地からいきなり女物のカツラをつけた30くらい男の人が現れ、「ねえ、遊ばない?」と声をかけられました。
私は何も言わず、急いでその場を離れました。
「キャッハハハハ」
立ち去る私の背中を追うように、彼(女)の笑い声が夜の底に響きました。
表通りに出ると、すぐタクシーを拾って帰りました。
学生のくせにタクシーはゼイタクでしたが、多分怖かったのだと思います。

images87GVOB60 bunngeiza
袋 旧文芸坐 ここは組合員の社交場として有名でした。

次は隣町にあった場末の映画館です。

そこも池袋の文芸坐と同様、組合員たちのたまり場になっているという噂は耳にしていたのですが、私はしばしばその成人向け専用の映画館に足を運んでいました。
当時はまだレンタルビデオもネットもない時代です。
エッチな作品を見るにはそういう映画館に行くしかなかったのです。

ある時、いつもスッカスカに空いている客席なのに、私の席から一つおいた右隣に座った大柄な若者がいました。
映画鑑賞中は映画に集中したいので、私は近くに席を占めたその男がちょっと気になりました。
そのうちその男は私たちの間の席に左手をダランと伸ばして置きました。
空いてるスペースですからとやかく言う筋合いではありませんが、何か嫌な感じはしました。
スクリーンの微かな光で照らされたその男の横顔を盗み見たのですが、銀縁の眼鏡をかけた角ばった輪郭の学生風です。
どこにでもいそうな、ごく普通の男です。

私の気のせいかと思い、再びスクリーンに視線を戻し映画に集中し始めました。
しばらくすると、男は苛立ったようにすくっと立ち上がりました。
いったん通路に出て、それから私の前の列の座席を進み、今度は斜め前の席に座りました。
落ち着きのないヤツだ…そう思った次の瞬間、男は予想外の行動をとりました。
彼は席と席の隙間から、私に向かって腕をにょっきりと差し出してきたのです。

薄暗い空間に差しのべられた男の手…。
彼の気持ちに応えられない私は、静かに席を立ちました。

さらに同じ映画館で。

映画館のトイレで小用を足していました。
3つある便器の右端、他には誰もいません。
そこへあとから入ってきた人が私の隣の便器の前に立ちました。

普通なら一つ空けて、左端に行くはずです。
私は前のこともあるので少し警戒しました。

「ねえ…君」
呼びかけられて隣を見ると、紺スーツ、オールバックの課長風サラリーマンがこっちを見ていました。
年のころ43、4歳、目が充血し、なぜかビニ本を手にしています。
案の定です。
「どうこれ」
広げて差し出してきたビニ本には版ズレのひどい女の裸の写真。
「…」
「×××しないか」
そう言って、課長は後ろの個室トイレをアゴで指しました。
「…いえ」
私は大急ぎで自分のモノをしまい込み、風のように速やかにトイレを出ました。

よくもまあ、あんな画質の悪いビニ本で「×××しないか」と言えたものだと思いましたが、考えてみると課長は女には何の興味もないので写真が粗悪でも気にならなったのでしょう。

binibon
ビニールで包装されていたのでビニ本。深夜に自動販売機まで買いに行くのがチュウ坊の冒険でした。



































































このページのトップヘ