Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:秋本志保

今回はプロの一般人と呼ばれる秋本志保さんが再登場です。

前回は街頭ロケなどに頻繁に映りこんでいるあの女は誰だということで、番組に呼ばれた秋本さんですが、番組収録が終わってもスタジオに居座り続けたために出演者、スタッフを大いに困惑させました。

普通の番組ならば二度と呼ばれないタイプですが、この番組はアウトデラックスです。
常識はずれ、規格外の人間をゲストに招くのが番組の主旨からすれば、彼女こそこの番組のための真のゲストです。

最初のトーク。
秋本さんは前回出演の際に撮ったマツコさんとの2ショット写真を遺影にしてもらおうとしたのですが、写真屋さんに「どちらが死んだかわからないから…」と、断られたそうです。
やはり、この番組のために生まれてきたようなアウトっぷりです。

akimoto matsuko

今回は彼女のおっかけの様子をドキュメント風に密着取材していました。
狙うは世界の歌姫マライア・キャリーとの2ショット撮影。
 
マライアの公演は10月4日なのですが、いつ来日するかは公表されていません。
彼女はいつどこで2ショットをものにするのか。
秋本曰く、「公演の仕切りはウドー音楽事務所、この呼び屋さん(外国人アーティストの招聘を生業とする音楽興業主催者)は公演の2日前にタレントを来日されるのが通例ですから、10月2日来日が本命、ただしマライアは3日前に来ることもあるから1日も張っておく必要がある。そして空港で彼女を捕まえるなら、場所取りのために9月30日からスタンバらなければならない」
つまり、彼女の作戦では公演の4日前から空港で張りこみを始める、ということになります。
もうアホを通り越して、狂気すら感じさせる情熱です。
空港は成田か羽田の2択になりますが、彼女の勘で、成田新国際空港で張りこむことになりました。

何をするでもなく空港の到着ロビーの椅子に座ってじっとターゲットの出現を待ち続けます。
ところが、追っかけ仲間から「最近マライアはプライベートジェットで羽田に来る」という情報をもらい、急きょ羽田空港に移動。

秋本さんと取材スタッフは羽田で張りこみを再開したのですが、2日目に事件が起こります。
秋本さんが取材スタッフに連絡せず突然成田に舞い戻ったのです。
秋本さんとマライアが2ショットで写真に納まる瞬間を撮影するのが取材スタッフの任務でしょうから、この行方不明には肝を冷やしたことでしょう。
事実秋本さんに同行していたディレクターは「頭がおかしくなりそうだ…」と坂上忍の控室でぼやいていたそうです。

再び羽田に戻ってきた秋本さんですが、追っかけのプロは手ぶらでは帰ってきませんでした。
成田でスケートのプルシェンコ選手との2ショット撮影に成功していました。

「マライアをマグロだとしたら、プルシェンコは何?」という取材スタッフの質問に対し、秋本プロはしばし考えて「イサキ…」。
渋いチョイスです。
取材スタッフとしては今回のターゲットはあくまでも大物マライアの一本釣り、雑魚(プルシェンコ氏にはほんとに失礼ですが)なんかに気を散らすな、と言いたかったのでしょう。

isaki
イサキ 美味しい魚だが、小物感は否めない。

本命日の10月4日、秋本さんは羽田でマライアの出現を待ち続けます。
しかし、自由人の彼女には昨夜の取材スタッフのお説教は右の耳から左の耳にスルッと抜けていたようです。
到着ゲートの通路に韓流アイドルグループが出てきたという情報を聞きつけるとそのままそちらに行ってしまい、その間にターゲットのマライアは別の通路を通って空港を出てしまったのです。

akimoto
大物を逃して落胆する漁師たち

空港での2ショット撮影は失敗に終わったため、秋本さんは街中でマライアを張る作戦に切り替えました。
マライアの日本での行きつけの飲食店に片っ端から電話して、外国人の予約が入っている店を突き止めます。
雨降る六本木のその店の前で、彼女はマライアの出現を待ち続けますが、残念ながらターゲットは姿を見せませんでした。

六本木でマライアが来そうな他の店を探索中、彼女は偶然キャイーン天野の結婚パーティが開かれる会場を見つけてしまい、その会場前で張りこみを始めてしまいます。
どうも彼女は獲物の匂いを嗅ぎつけると本来の目的を忘れ、本能的に匂いがする方に流れてしまう癖があるようです。

最強の追っかけとして彼女自身が有名になっている今、国内の芸能人との2ショット撮影はとてもイージーです。
結婚パーティに駆けつけてきた芸能人との2ショットをいくつもものにします。
どの有名人もテレホンショッキングに出演した時ぐらいのとびきりの笑顔で、秋本さんとともにカメラの画角におさまっています。

スタジオのトークではなぜか棋士の加藤一二三九段と話が盛り上がってしまいます。
何でも彼女は(新宿?四谷?)3丁目で×××(実名カット)五段にナンパされたのだそうです。 
プロ棋士は変人奇人が多いとは聞いてますが、その代表格の加藤九段ですら彼女と話していると常識人に見えてきます。

 akimoto3

今回も収録終了後のスタジオで粘り続けるかと思われた彼女ですが、密着取材で同行していたディレクターに促されると素直にスタジオを後にしました。
「頭がおかしくなりそう…」と言っていたディレクターさんです。 
 モンスターと悪戦苦闘しながらも、それなりにてなづけたのですね。
次回の取材担当も頑張ってくださいww
 
 

最初のゲストは俳優の鈴木亮平さん。
NHKの連ドラではヒロインの夫役、数々の話題の映画にも出演している今最も旬な俳優さんです。

鈴木亮平さんは世界遺産検定1級の資格を持っているそうなのですが、本人はインタビューなどで世界遺産の話を振られるのが嫌なんだそうです。 
何故なら、相手が世界遺産など興味がないくせにその話題を振ってくるからだそうです。
世界遺産の話をしても、聞き手の目は死んでいる…。

わからないではありません。
よく初対面の相手に「どちらにお住まいですか?」って聞かれませんか。
「○○です」
「…ああ、私の友達が住んでいたことあります」
だから、なんだよっ、とつい思ってしまいます。
だいたい、お前は俺が住む町にも、俺にも興味ないだろっ。

若い頃はそんな風に思っていました。
でも、相手だって興味がないのに何とか会話を成立させようと努力しているわけです。
相手を思いやる気持ちが足らなかったと今は反省しています。
 
でも、確かに世界遺産って、騒がれる割には興味わかないないなあ…。
富士山も富岡製糸工場もそんなに行ってみたいとは思いません。
行ってみたい世界遺産は遠すぎるし…。
ゴメン、鈴木君。

srilanka
鈴木亮平さんお勧めの世界遺産「シギリア・ロック」 頂上には古代都市の遺跡がある

さて、鈴木亮平さんの次回公開予定(8/30)の映画作品は園子温監督の「TOKYO TRIBE」です。
「変態仮面」に続き、また彼の肉体美満載の作品のようです。

tokyo tribe
「オレの○○○が最高にデカいはずじゃー!」とシャウトしてましたww

これについて、「一度(裸の作品を)引き受けると、やってくれると思われるみたいで…」と、ぼやいていました。

鈴木亮平さんは英語もドイツ語も堪能なインテリジェンス溢れる俳優さんです。
ほんとうは、ちゃんとスーツ着てエリートビジネスマンの役なんかをやりたいのかもしれません。
でも、ガテン系の役も悪くないと思います。
腐らず頑張ってください。
 
 次のゲストは秋本志保さん。
アラフォーの一般人女性です。 

秋本-300x173

なぜこの人がゲストかというと、あちこちのテレビ局のインタビューに登場するのでやらせ要員ではないかと疑われて有名になったそうです。

ほんとうは、ただの”追っかけ”だそうです。 
追っかけをしている結果、街頭インタビューに引っかかるようになった模様です。

しかし、その追っかけっぷりがハンパじゃない。
名だたる有名人たちとの2ショット写真撮影に成功しています。

総勢404名。
日本人だけでなく、マイケル・ジャクソン、ジョニー・デップ、トム・クルーズ、アンジェリーナー・ジョリーといったセキュリティの厳重そうな海外勢との2ショット撮影があるのがすごい。

トム・クルーズ-300x207

2ショット写真を撮るため、数日~1週間前から現場(会見会場、ホテル、空港)に入りベスト・スポットを見つけておくそうです。

すさまじい執念…。
この人に命を狙われたら、まず助からないような気がします。

しかし、秋本さんのおっかけ魂の本領が発揮されたのは、収録終了の合図が出てからでした。
収録は終わったのに本人はスタジオの居心地がいいのか、なかなか帰ろうとしません。
始めはニコニコして相手をしていたMCの二人も、とうとうシビレを切らして腰をあげてしまいました。
それでも動こうとはしません。
撮影用のライトが落ちて暗くなっても、まだボソボソと喋りながら帰る気配を見せません。
最後はレギュラーの山下クンに「帰ってください、お願いします!」と懇願されていました。

ここに彼女の追っかけスキルを見たような気がします。
快く2ショットの写真を撮らせてくれる有名人って、実はそう多くはないと思います。
断られても、露骨に嫌な顔をされても、彼女は目的を達成するまで笑顔を絶やさず粘り続けたのではないでしょうか。

意味のないことに情熱を燃やす人は嫌いではありません。

でも、友達には絶対したくありません(笑)。





 
HK/変態仮面 アブノーマル・パック[DVD]
鈴木亮平
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2013-07-12

このページのトップヘ