Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:福岡





 どうしても告知したい人がいる件

関ジャニ∞錦戸亮くん登場。

koku1

珍宝館のVTRの直後なので下に行きがちw

koku2

鼻をほじりながらマツコの話を聞く。

koku4

激怒w

koku3

村上くんがいるので関ジャニのイメージが村上寄りになっている問題。

koku5

本格的に俳優活動を考えている錦戸くん。

koku8

一方、ベージュのスーツを着ている村上くんw

koku9

村上くんは新天地を開拓するジャニーズの屯田兵w

koku10

 個人的ニュース 福岡編

 スケボー男にナンパされた

fuku1

二人は実は山口県出身。
山口の呪いは健在?w

fuku2

 うんてぃーが尋常じゃないほど出た

大腸検査に行ったキャバ嬢。
大腸検査は検査前に下剤を飲んでうんてぃーを出すそうです。

fuku3

 兄・姉との偏差値格差問題

太宰府天満宮にお礼参りに来ていた中学生。
スタッフ「高校合格おめでとうございます」
中学生「ありがとうございまぁ~す!」

fuku4

お兄さん、お姉さんは県内トップレベルの高校。

fuku5

本人は偏差値45ぐらいの高校。

fuku6

実は好きなコと同じ高校に進学。

fuku7

スタッフ「良かったね」
中学生「ありがとうございまぁ~す!」w

fuku8

 70kgの壁をようやく超えた

70を切ったという意味ですね。

fuku9

器械体操、新体操、バレエをやっていた。

fuku10

バク転も余裕の動けるデブ。

fuku11

 ギャンブルをやめた

はまっていたギャンブルを一切やめたタクシードライバー。

fuku12

7,8000万使った。
家の1,2軒買えたのに…。

fuku13

まだ完治ではないw

fuku14

 さっきメンテナンスしたばかり

SHIN&KEIKO 軽子ママ

fuku15

おでこのシリコンが落ちてきた!

fuku16

真一が軽子になるまで約2300万円かかった。

fuku17

目標は長谷川潤、似ているといわれるのは北斗の拳のユダw

fuku18

続きを読む

今回の新3大は、リピーター続出のサウナの人気サービス、ロウリュです。

roryu1

ロウリュとは、高温のサウナストーンに水をかけ、熱い蒸気を発生させるサウナ入浴法。
最近では日本でも200か所ほどのサウナが行っているサービスです。

roryu2

大阪府・ニュージャパン スパプラザ

今回の有識者は経営コンサルタントとして400軒の温浴施設の店舗業績を改善した太田広さん。
太田さんは業界でもサウナ王と呼ばれているそうです。

roryu3

道頓堀にあるニュージャパン・スパプラザ。

roryu4

ロイヤルコース8500円。

roryu5

入浴、サウナ、あかすり・洗身、マッサージのフルコースです。

roryu6

広さ1400㎡の中に、サウナ4、風呂9。

roryu7
roryu8

1億近くかかったという噂のある壁が二重構造のサウナ。

roryu9

熱波師が自己紹介をしたら、とりあえず拍手。

roryu10

一人2回ずつタオルで熱風をもらいます。

roryu11

タオルで扇ぐ際に、バチッと音が鳴るのはこの店のオリジナル。

roryu12

タオルを背中に当てて音を出しています。

roryu13
 
ニュージャパンは日本一のサウナビル。
4階のエグゼクティブ・サウナは最低料金2万円越え。 

roryu14

福岡県・ウェルビー福岡 

体感温度200℃の熱波を浴びてから、5℃の水風呂へ。
快楽の扉が開かれるそうですw

roryu15

博多にあるウェルビー福岡。
入浴料1670円~

roryu16

フィンランドのアイスサウナや和テイストサウナのからふろなどバラエティも豊富。

roryu17

ずらりと並んだ専属熱波師の顔写真の中になぜか博多華丸も。

roryu18

サウナ室は定員15名、室温約100℃。

roryu20

白雪姫に出てきそうなロウリュマスター登場。

roryu19

ここのロウリュは二人がかりで熱波を送るパワーロウリュ。

roryu21

体感200℃。

roryu22

サウナの後は5℃の強冷水へ。

roryu23

続きを読む

今回の新3大は後世に残したい角打ち酒屋。

kaku1

角打ちとは、酒屋さんの店内で立ち飲みをすること。

青山「コンビニやスーパ-で手軽にお酒が買える時代、酒屋さんは減少の一途をたどっています。そんな中、角打ちできるお店にすることで元気に頑張っている酒屋さんがあるんです」

 kaku2

福岡県・高橋酒店

今回の有識者は、週刊ポストで角打ち記事を連載している人見和生記者(67)。
北九州は各地発祥の地と言われています。

kaku3
 
北九州市内には150軒余りの角打ち酒屋があるそうです。
そんな中でも、高橋酒店は震えがくるほどディープな角打ち酒屋。

kaku4
 
北九州市・折尾地区。
北九州市は官営八幡製鉄所に代表される鉄の街。

kaku5
 
川べりに静かにたたずむ高橋酒店。

kaku6

おかみさんの高橋倭文子さん(79)。
創業98年だそうです。

kaku7

止まったままの古時計。

kaku8

若い頃のジュリー(沢田研二)のポスター。

kaku32

 震えがくるほどレトロな店内です。

kaku10
 
角打ちのシステム

飲みたいお酒を取る。

kaku11
 
料金を払う。

kaku12

 コップをもらって飲む。

kaku13

日本酒の量り売りもあります。
1杯250円。

kaku14
 
つまみは市販のものですがどれも激安。

kaku15
 
店には七輪があり、つまみを炙ってくれます。

kaku16
 
ふりかけ塩サバゆず胡椒添え  180円

kaku17

朝9時~(年中無休)
*夏場は七輪やってません

kaku18

この町で不動産業を営んでいるアメリカ人のマットさん。
昔、ここで朝から酒やタバコをやりながら囲碁か将棋をしている人たちを見かけ、何の店だと思ったそう。
そして、自分もこの店に入り、以来ハマっているそうです。

kaku19

有吉「もう最高だよ」
マツコ「オープンスタイルね」
有吉「ああ、すばらしい!」
マツコ「酒屋なのか居酒屋なのか微妙なぐらいだよね」
有吉「バルですよ、バル」w
 
kaku21
 続きを読む

 福岡ブラックホール問題

福岡ブラックホール現象:福岡に住んでしまうと、あまりに居心地がいいのでほかの都市に住みたくなくなり(福岡から)出られなくなってしまうという現象

 fbm2

実際、福岡はビジネスマンが住みたい都市全国1位。

fbm3

東京に本社を置く必要のない企業は続々と福岡に進出。 

fbm4
 
福岡の何が良いのかを調査するため、まず番組スタッフは福岡に移住した”あの人”のもとへ。 

fbm5

FBSアナウンサー、元月曜から夜ふかし初代アシスタント
松井くららさん。

fbm6
 
彼女に福岡の良さを聞いてみる。

まず、家賃が安い。
彼女が住んでいるところは渋谷から歩いて7、8分の感覚の立地。
福岡の中心部と渋谷の家賃を比較すると、半分以下。

fbm8

次に、福岡はコンパクトシティ。
規模がちょうどよく、通勤通学時間が短い。

fbm10
 
さらに松井さんが驚いたルールはゴミ出しが夜。
ゴミ収集車による朝の渋滞を回避するため1960年ごろ導入。
ゴミ出しは日没~深夜0時。
朝が忙しいビジネスマンにはありがたいルール。

fbm12

スタッフ「ずっと福岡でやっていく?」
松井「アナウンサーという職業についている限りは福岡で」

fbm13

大人の回答。
結婚を意識してますねw

fbm14

移住したビジネスマンが感動したグルメベスト3。

第3位 肉まんに酢醤油

コンビニで肉まんを買うと酢醤油がついてくる。

fbm15

東京ですが、私も酢醤油派です。

fbm16

第2位 おでん

fbm17

餃子巻きに感動する中西Dw

fbm18

第1位 うずらの卵(殻ごと)

10分ほど炭火で焼きタレをかけて、殻ごといただきます。

fbm19

香ばしく、ジャリジャリしてるけど不快ではないそうです。

fbm21

こちらの屋台の名物。
室蘭や愛知にも似たものはあるようです。

fbm20

赴任したビジネスマンが必ず連れていかれる場所。
劇団あんみつ姫。

fbm22

オネエのショーパブ。
福岡市民なら1度行ったことがある人気スポットだそうです。

fbm23

フレンドリーな感じが博多っぽいw

fbm25

続きを読む

今回のブラタモリは西鉄薬院駅前からスタート。
タモリさんは子供の頃この界隈に住んでいたことがあるそうです。

ft1


その当時はまだ高架はなく、私鉄と市内電車(路面電車)が直交していたそうです。

ft2

交差地点を電車が通過するときの音が、タモリさんには深く印象に残っているようです。
この場所が、タモリさんが鉄道ファンになった原点。

ft3

ここで、今日のお題。
”福岡発展のカギは鉄道にあり!?”

1889年(明治22年)当時、九州の都市別人口では、福岡市は鹿児島市(57822人)、長崎市(54502人)に次ぐ第3位(50847人)。
現在福岡市は150万超の人口を抱える九州最大の都市です。
この発展の秘密を鉄道を手掛かりに探っていきます。

一行は薬院駅から隣の駅の西鉄福岡(天神)駅に移動します。
40年ぶりに西鉄に乗るタモリさんはノリノリで指さし確認w

ft4

タモリさん一行がやってきたのは天神地区。
大型商業施設やオフィスビルが集積する九州最大規模の繁華街です。

昭和45年当時の天神地区。
市内電車が走っています。

ft5

天神が発展したのは市内電車が交差して、交通のハブになったからだそうです。

江戸時代は商人の町博多と武士の町である天神は分離した存在でしたが、明治43年、電力王と呼ばれた松永安左エ門が中心となり商人の町と武士の町を繋ぐ路面電車を開業します。

ft6
 
さらに翌年、博多一の商人、渡邉與八郎が天神で交差する形でもう一つの路線を作りました。

二つの路面電車が交差することになった天神は、交通の要衝となり、 発展してゆきます。

福岡市の路面電車は昭和54年にすべて廃線になりましたが、西鉄バスが用意したブラタモリ号でその痕跡が残る場所を見に行きます。

ft7

ブラタモリ in 福岡   天神⇒鉄路の痕跡

ft9

歩道で待ち受けていたカメラマンがとらえた貴重な2ショット。

ft8
 
天神から東に3キロ、馬出(まいだし)地区でバスを降ります。
昔の路面電車専用軌道に電停(路面電車の停留所)が残っていました。
今はそのままバス停として使っているそうです。

ft10

勝ち運の神様がいることで有名な筥崎宮(はこざきぐう)の前にも路面電車が走っていました。

 ft11

右側の白い鉄塔は、路面電車のレールでした。

ft12
ft13

大正13年、福岡の発展を加速させる新たな鉄道が誕生します。
天神を起点にして、のちに大牟田まで繋がる大牟田線です。
(現在は天神大牟田線として1日約25万人が利用しています)

ft14

これによって天神にはデパートなどができはじめ、昭和15年には福岡市の人口は30万6763人にまで増加します。

ft15

大牟田線の旧車両313形(昭和27年製)。
昭和50年まで旧車両が走っていたそうです。

ft16

この車両は間もなく解体されますが、運転席も案内してもらいました。

ft19

運転席を後ろから覗いていた昔を懐かしむタモリさん。

ft20

コンプレッサーの音のモノマネは鉄道ファンの定番(?)。

ft21

タモリさんが大牟田線を利用していた昭和30年代、大牟田線は年間乗客数8000万人、路面電車は1億人を突破していました。

ft23

続きを読む

このページのトップヘ