Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:砂丘

日本一長い信濃川をバックにスタート。

nigata01

重要文化財、萬代橋は全長306.9m、昭和3年完成の6連アーチ橋。

nigata2

今回のブラタモリは新潟。
タモリさんも言っていましたが、長岡(へぎそば、花火大会)や佐渡(佐渡おけさ、金山)はイメージありますが、新潟市はあまり思い浮かぶものがない。
米どころ、新潟の女性は働き者ぐらい?w

nigata3

案内人は路地連新潟(まち歩き愛好家)の野内隆裕さん。
今回のテーマは「新潟は”砂”の町!?」。

nigata02

野内さんによれば、新潟は信濃川と阿賀野川から運ばれた砂の上にできている街なのだそうです。

nigata6

まずタモリさん一行がやってきたのは日本海に近い住宅街
タモリさんが好きな高低差がありました。

nigata5

坂の上は小高い丘。
実はここは砂丘でした。

nigata7

日本海に沿って、日本最大級の新潟砂丘がありました。

nigata4

高所(展望台)に上ることになり、ご機嫌斜めのタモリさんw

江戸時代の信濃川は現在よりも大きく、現在の町の中心部はかつての信濃川の中州あたり。
江戸時代の町は砂丘のすそ野にあったそうです。

nigata8

江戸時代は、砂丘の上に寺が並んでいました。
現在は、かつての中州のキワに30近い寺が並んで建っています。

nigat04

これは砂が堆積して川底が浅くなり、港としての機能を果たせなくなったため、町が配置を変えずに丸ごと中州に移動してきたため。

nigata10

大胆な町づくりはこれだけではありません。
町中に縦横に堀を作り、町全体を港として機能させたのです。

nigata12

堀があれば、船で荷物を運ぶことができます。

nigata11

堀は戦後すべて埋められました。
人情横丁は堀を埋め立てた上に建てられた商店街です。

nigata13

人情横丁で一休み。
ギンダラを食べていると急に雨が。

nigata17

新潟は雨がよく降るというイメージあります。

nigata18

続いてタモリさんたちがやって来たのは新潟の繁華街。
古町はかつて日本有数の花街でした。

鍋茶屋は弘化3年(1846)創業の料亭。

nigata19

お水でご接待をうける。

nigata20

お座敷遊びも体験。

nigata21
 
小唄にロシア語(ハラショー)があるのも、新潟が貿易港として栄えた証 。

nigata03
 続きを読む

 材木座海岸と和賀江島

800年前の海側の「まちづくり」を見るためにタモリさんたちがまずやってきたのは材木座海岸。

kamaumi3
 突風によろめく桑子アナ

ここで案内をしてくれるのは、神奈川災害考古学研究所の上本進二さんとNPO古田土俊一さんです。
 
 kamaumi1
”こだと”と読みます。栃木や茨城に多い苗字らしい。

古田土さんが海岸で探していたのは、鎌倉時代の器の破片。 
材木座海岸は遠浅の砂浜なので、川から流れてきた様々な時代の器の破片が岸に打ち寄せられるのだそうです。
 
kamaumi2
 
しかし、遠浅の海岸にはデメリットもあります。
それは、水深が浅すぎて船が入りにくいということ。
 
そこで鎌倉時代の人たちは港を築きました。

kamaumi4

「和賀江島」は日本最古の築港跡だそうです。

丹沢や伊豆・箱根から運んだ石を使い埋め立てをしたのです。
地元の石は風化に弱いので使えなかったようです。

kamaumi6

波食(触)台(波が削った海面近くの岩盤)の上に石を積み上げ、1ケ月で「和賀江島」を築きました。

kamaumi5

潮が満ちると、敷き詰められた石はほとんど海面の下に隠れてしまいます。

kamaumi7

「和賀江島」はその後何度も改修を加えられながら、鎌倉の海の拠点として使われてきたそうです。
 
 和賀江島築港による地形変化

続いて一行がやってきたのは、「和賀江島」のすぐ近くにある海沿いの道。
上本先生によると、和賀江島の築港によって、地形変化が起きたのだそうです。 

kamaumi8

海沿いの道を歩くと標高が3.7m⇒6.2m。
実は高い場所は昔の砂丘の上。

kamaumi9
 
和賀江島を作ったことにより、海岸に砂がたくさん堆積するようになったのだそうです。 
その砂によって沿岸の砂丘が大きく成長することになりました。

その地形変化の特徴を示しているのが一軒のお店。

kamaumi10

 「土手」という名前の蕎麦屋さん。

kamaumi11
 
お店のご主人に話を聞くと、このあたりが材木座の土地で一番高い土手だったとのこと。
土手は屋号だそうです。
関東大震災の際も津波はここ(土手)までは来なかったらしい。
ご主人はご先祖の供養のために「土手」の名を残したのだそうです。 

 続きを読む

このページのトップヘ