最盛期には都内に3000軒あった銭湯も、内風呂の普及により今では600軒程度。

sento1
 
今回はそんな中でも熱い銭湯をご紹介。

有識者は日本銭湯文化協会理事の町田忍さんです。

sento2
 
庶民が銭湯に入るようになったのは江戸時代。
江戸は銭湯文化の中心地でした。

sento3

熱い風呂にさっと入ってさっと出る、これが江戸っ子の粋。
この江戸っ子気質が受け継がれ、今でも東京(特に下町)には熱い銭湯が残っています。

sento4

① 東京都・台東区「燕湯」

午前5時45分、もう人影が…。
燕湯は朝6時から営業している東京でも珍しい銭湯。

sento5

板に「ぬ」は、ぬいた→(湯を)抜いた→閉店中

sento6

板に「わ」は、わいた→(湯が)沸いた→開店中

sento7
 
燕湯は1950年創業。
営業時間午前6時~午後8時
都内の銭湯では唯一の国の登録有形文化財。 
 
sento8
 
番台で素敵な熟女がお出迎え。

sento9
 
常連さんになれば脱衣所に銭湯グッズをキープできます。

sento10
 
これが熱いお風呂。

sento11
 
温度46.1℃!

sento12
 
東京っ子の番組ディレクターがチャレンジ。 
でも、熱くですぐリタイア

sento13

 常連さんたちのアドバイスを得て再チャレンジ。

sento14
 
頑張ってみたが、熱いものは熱いw

sento15
 
熱い銭湯マニアの聖地なので、水で埋めようにも取っ手がない。

sento16
 
爺さんと熱い湯はよく似合うw

sento17
 
 昭和の銭湯の風情がそのまま残る燕湯。

sento18
 
46℃は上島・出川でもヤバイレベル? 

sento19

続きを読む