Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:焼き芋

今回の新3大は焼き芋屋さんです。

yiimo1

江戸時代にはすでにお店で売っていた焼き芋。

yimo3

時代とともに焼き方や芋の種類もバリエーションが増えました。

yimo5

新3大・熱い銭湯」でもお世話になった庶民文化研究家の町田忍さんにこだわりの焼き芋屋さんを選んでもらいました。

yimo4

① 静岡県「大やきいも」

静岡県静岡市にある「大やきいも」。
静岡駅から車で10分。

yimo6

静岡おでん。
焼き芋屋さんというより食堂です。

yimo7

こちらが焼き芋。

yimo8

丸ごとだと時間がかかってしまうので、切ってある。
後ろに見えるのが大やきいも店主の中村修身さん(44)。
4代目だそうです。

yimo9

大やきいもの創業は明治時代後期。
代々受け継がれた製法が守られています。

釜に塩を振りかけます。
焦げを防ぎ、芋に塩味をつけます。

yimo10
 
芋は紅あずま。

yimo17

薪だと火が一点に集中してしまうので、モヤ(木くず)を燃やして釜の中全体を暖めます。

yimo12

初代から受け継がれてきた釜と火加減。
 
yimo21

釜の蓋を開けると、焼き芋が湯気を立てています。

yimo11
 
100g170円。
皿代わりの紙に値段が書いてあります。

yimo13

ホクホク系で、焼き芋の甘さと塩のしょっぱさがおいしい。

yimo14

昔と同じ味を守る店主。

yimo15

店主はもともと会社員で、10年前にお店を引き継ぐ。
今は後継ぎがいないのでお店をたたむことになるかもしれない。

yimo16

② 神奈川県「ラ・イモンチ」

神奈川県相模原市にあるラ・イモンチ。
JR矢部駅から徒歩5分。

yimo18

生の芋も売っています。

yimo19

店主の黒川和人さん(74)。

yimo20

続きを読む

次のキッチングッズは、電子レンジで本格的な焼き芋が作れる、「魔法の焼きいも鍋 2036円(税込) イシガキ産業」です。



使い方① 容器にサツマイモを入れて、サツマイモの周りに石(セラミックボール)
      を敷き詰める 
     ② 電子レンジで8分間加熱する

できあがった焼き芋を試食したマツコ「おいしい!これ。やっぱふかすのとはちがうのよ」

もちろん、トウモロコシやジャガイモも料理できます。
スタジオでは焼き上がったジャガイモのうえに、先に紹介されたイージーバターのバターをたっぷりかけて芋好きのマツコさんに提供されました。
 マツコ「これ、買っちゃおうかな~」

最後は今までとはちょっと趣向が違う、面白いグッズです。
「食の極み・魯山人納豆鉢 2376円(税込) タカラトミーアーツ」

魯山人納豆鉢
タカラトミーアーツ
アマゾン価格 1609円


後世に名を残す食通である北大路魯山人は、納豆を何回かきまわすと一番うまくなるかをその著書に書き残しています。
このキッチングッズを使えば、比較的楽にその回数(424回)に到達でき、究極の納豆を完成させれることができます。

マツコさんは30回かき混ぜた納豆と424回かき混ぜた究極の納豆を食べ比べてみました。
マツコ「(究極の納豆を食べて)これ、同じ量タレ入れた?…根本的に味が違うんだけど」
植田「で、おいしいのはどっちですか?」
マツコ「もうね、圧倒的にこっち…魯山人って、凄いんだね」

納豆好きなら、持っておきたい逸品のようです。




 

シリーズ化した「マツコにとれたてを食べさせたい件」ですが、今回は焼き芋。

サツマイモの収穫期は8~11月なのですが、焼き芋の場合2~3か月寝かせて水分を飛ばした方がおいしくなるので、まさに今(12月)が旬なのだそうです。

最初のおイモは鹿児島県種子島産の安納芋。
 私でもなんとなく知っているサツマイモのトップブランド。
お値段は5キロで5150円。
焼くと蜜が溢れてくるので、蜜芋とも呼ばれます。
濃厚な甘さとしっとりとした食感が安納芋の特徴です。

次のおイモは鹿児島県南九州市の紅はるか。
滅多に市場に出回らない幻のさつまいも。
化成肥料を一切使わないで栽培する生産者こだわりのおイモです。
食物繊維が他のサツマイモの2倍含まれているため、美容や健康を意識した人たちから人気が高い品種とのことです。
紅はるか1本を東京で買うと、1000円するそうです。

最後のおイモは茨城県かすみがうら市のシルクスイート。
2012年の誕生した話題の新品種です。
お値段は5キロで5000円(現在品切れ中)。
特徴は、寝かせれば寝かせるほど甘みが増しておいしくなること。
熟成期間は約1年。
シルクのような舌触りの焼き芋なのだそうです。

さて、スタジオでマツコさんと村上クンが試食です。

どの焼き芋もできたてアツアツなので、二人とも芋を二つに割るのに苦労していました。
マツコさんは手を使わず、フォーク2本で芋を引きちぎっていました。

安納芋は二つに割ると、中は濃いオレンジ色。
かなり熱そうでしたが、二人とも「うまい!」を連発していました。
一緒に供された安納芋のスイートポテトは砂糖は使わず風味づけにバターなどを使っているそうです。
バターとの相性が良いようで、マツコさんはこれを一番気に入ったようにみえました。

紅はるかは二つに割ると、中は白っぽい黄色。
マツコさんの感想は「あたらひー(新しい)」ということでした。
マッシュポテトのような食感のようです。
一緒に出されたのは、がね揚げ(フライドポテト風のもの?)
食べた時のカシュカシュという音がおいしそうです。
マツコ「ソバ食いたい」。

最後はシルクスイート。
これもまた前の二つとは風味が違うようです。
マツコ「空気が入っている感じがする」
村上「非常に口当たりが柔らかい」
一緒に出されたスイーツは1年熟成させたイモで作った冷たい焼き芋。
マツコさんが一切れ口にほお張ると、あっという間に無くなりました。
口の中に入れるとすぐに溶けてなくなるスイーツのようです。
ドリンクの焼き芋ラテも滑らかな口触り(by村上)でおいしそうでした。

マツコさんが最後に「最近焼き芋屋さんいる?」と言っていましたが、確かにこの頃屋台の焼き芋屋さんを見かけることは少なくなったような気がします。
今は家庭で家電でも焼き芋ができるようですし、スーパーや八百屋でも売ってますね。
でも、屋台の黒い玉砂利に埋もれて見え隠れしている焼き芋は格別においしそうでした。

私はよく電子レンジでチンしたサツマイモをつまみにして、焼酎のお湯割りを飲んでいます。
ちょっと塩をまぶしたサツマイモと芋焼酎は相性抜群です。


炭火焼安納芋37度1800ml 【種子島酒造】【芋焼酎 いも焼酎 鹿児島 手土産 楽天 お歳暮 プレゼント ギフト 1.8l あす楽 化粧箱】
炭火焼安納芋37度1800ml 【種子島酒造】【芋焼酎 いも焼酎 鹿児島 手土産 楽天 お歳暮 プレゼント ギフト 1.8l あす楽 化粧箱】


【すぐ発送】●紅はるか 2.5kg → 1000円【税別】 2セット(5kg)以上ご購入で【送料無料】 新鮮野菜のおまけ付き!! ■希少品種のため、数量限定となります。【平成26年産】
【すぐ発送】●紅はるか 2.5kg → 1000円【税別】 2セット(5kg)以上ご購入で【送料無料】 新鮮野菜のおまけ付き!! ■希少品種のため、数量限定となります。【平成26年産】


◎【送料無料】【ご家庭用訳あり】【新品種】茨城県産「シルクスイート(さつまいも)」約5kg
◎【送料無料】【ご家庭用訳あり】【新品種】茨城県産「シルクスイート(さつまいも)」約5kg







 

このページのトップヘ