Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:渡部





二人がリクエストしていたドリンクバー導入。
乳性炭酸飲料はマツコが好きなアンバサ?

karako1
 
屋久島出身のADオススメ、屋久島タンカンサイダー 。

karako2
 
タンカンサイダーの甘味は精製されていない砂糖の味。
おいしいそうです。

karako3

屋久島出身の女性ADさん。

karako4

アイスコーヒーのぞんざいな扱いに怒る有吉くん。

karako5
 
万引き犯の隠し撮りw

karako6
 
最初の話題。

karako7
 
80%信じる人もいれば、5%も信じない人もいる。

karako8

アンケートに答えてくれた芸能人の方々。

karako9
 
たまたま局内にいたタレントに声をかけた感w 

karako10

街で声をかけてくる一般人について有吉くんが思うこと。
近づいてくる一般人は、最初から悪意を持っているか、好意を持っているかのどちらか。

karako11

悪意のある人は来ないで。

karako12

タレントが「この人ほんとうにファンなんだ」と思うとき。

ノブシコブシ吉村:インターネットTVを見ていると言う人

karako13
 
島崎和歌子:(アイドル時代の)ショートカットが好きだったという人 

karako14
 
アンガールズ田中:「私の友達がファンなのにこっちに来ないんです」

karako15

逆にこの人ファンじゃないなと思うとき。

梅沢富雄美男:「歌舞伎見てます」という人
女形をやっていることを知っているだけでもエライw

karako16

塙:「ナイツもNONSTYLEも好き」という人
漫才好きなんだから許してあげてw

karako17

電波少年の猿岩石から逃れられない有吉くんw

karako18

マツコを見かけた一般人は「あー!」しか言わない。
いろんな番組やCMに出ているから、一般人としても絞りづらいw

karako19

「ホタテマン見てます!」w
もう40代以上じゃないとわからない冗談。

karako20

本当のファンだと思う人。

これは納得。

karako21

カンニング竹山:いつも北海道からライブを見にきて、誕生日に必ず飛行機のフィギュアをくれる人

karako22

罰ゲーム説w

karako23

アンガ田中のファンはすごく内気か変人?w

karako24

ツイッターで「今日の田中」をアップしている有吉くんも田中ファン?w

karako25

続きを読む

青山「今日もですね、冷やし料理で保守的なグルメ派として熱弁をふるわれたお二人なんですけど…」

duke8
 
有吉「熱弁をふるってねえわ。いいかげんにしてくれ」
マツコ「この野郎、お前…」 
青山「緊急企画を用意しました」

duke9
 
お茶漬け好きな有吉政調会長にささげる…

duke1

お茶漬けJAPANベスト9

duke2

選出したのは芸能界一の食通、アンジャッシュ渡部さん。

duke3

 日本橋逢坂 鯛茶漬け

高級割烹、日本橋・逢坂。

duke4
 
 1万円コースのシメに出る鯛茶漬け。

duke5

選出のポイントはごまだれ


duke6
 
ナッツ類の香りのするごまだれに負けないぐらいの濃い緑茶をドバッとかける。
食べごたえのある、鯛の食感もいい一品。

duke7

  天雅 天茶漬け

上目黒の天雅はてんぷらを中心にした会席料理の店
ミシュラン1つ星の名店。

duke10

これもコース料理のシメに出る、かき揚げがのった天茶漬け。

duke11

 ポイントは、脂の少ないカツオの背で作った鰹節と昆布で取っただし汁。

duke12

そのだし汁をたっぷりとかけて頂きます。
かき揚げはエビ・ホタテの貝柱・三つ葉。

duke13

 だよね。 鮭と漬けイクラの海鮮茶漬け

六本木にある創作お茶漬けの専門店、”だよね。”。

duke14

鮭と漬けイクラの海鮮茶漬け 980円。

duke15

焼いた石鍋にご飯、野沢菜、海苔、ネギ、揚げ玉、銀鮭、醤油漬けのイクラ。

duke16

最後にだし汁をかけて完成。
熱が入ったイクラが舌の上にふわっと流れ出します。

duke17

 鳥しき 鳥スープ茶漬け

鳥しきは目黒駅から徒歩2分の焼き鳥屋さん。
ミシュラン一つ星の評価をうけています。

duke18

お任せコースのシメに出る鳥スープ茶漬け。

duke19

ご飯は炭火で炙ったおこげご飯。

duke20

柔らかく旨味の強い伊達鶏のささ身(生)の上に鳥のスープを注ぎます。
スープがゴクゴク何杯も飲みたくなるような絶品の鳥スープ。

duke21

続きを読む

今回のテーマはお寿司。
ナビゲーターはアンジャッシュ渡部さん、ゲストは片瀬梨乃さんです。

場所は、 西麻布の「匠 村瀬」。
食べログ情報はこちら→ 匠 村瀬

takumi murase

四谷の名店「すし匠」からのれん分けされたお寿司屋さんです。
渡部さんによれば、この匠系列のお寿司屋さん(すし匠のお弟子さんたち)の活躍で東京の寿司のレベルが上がったそうです。 

他の寿司店とどこがちがうのか、そこをしっかり見ていくのが今回のポイントになりそうです。

さて、最初は注文の仕方。
渡部さんによると、”おまかせ”があるなら、それに従うのが一番なのだそうです。
渡部さんはその理由を野球に例えて説明しましたが、長いので省略しますw
要するにその日のネタを一番よく知っているプロに任せるのが間違いがないという事のようです。

さて、「匠 村瀬」さんの特徴は魚を寝かせる(熟成させる)ことだそうです。
新鮮な魚介類をネタにする寿司もありますが、魚を寝かせたり、しめたり、煮たりと、素材に仕事を施して寿司を提供するのが江戸前寿司なのだそうです。

魚を寝かせるによってうまみ成分を十分に引き出すことができるそうです。
最近は肉を熟成させることが流行っていますが、魚も同様のようです。
寝かせ方には、独自のノウハウがあるのでしょうね。

ということで最初の一品はアラ(つまみ)。
2週間熟成させたものだそうです。
軽くあぶり、すだちをかけたものを塩とワサビでいただきます。

ara

*写真は「匠 村瀬」でお食事をしたお客さんたちの写真から借用させていただきました。


坂上「うめ~な、これ」

二品目は墨イカの昆布〆(にぎり)。
三日寝かせたイカを昆布で〆てあります。
坂上「ちょーどいい歯ごたえ」

sumiika

ここで渡部さんの講釈、寿司は作られてから劣化のスピードが一番早い料理、従って出された瞬間に食べるのがベストだそうです。

三品目は江戸前寿司の代表のネタ、小肌。

ここで特別に小肌の仕事が紹介されます。
① さばいた小肌を塩で〆る(時間は非公開)
② 酢に漬ける(時間は非公開)
③ 約8日間寝かせて熟成させる(一般的には2~3日)

こうして熟成した小肌を赤酢のシャリでにぎりにします。
小肌やウニなど、味が濃いネタには赤酢を使うのだそうです。
坂上「大好き、これ。おかわり」

kohada

続いて、4日熟成させ、ワラでスモークした鰆。
坂上「うまいな~」

sawara

さらに一週間寝かせた鰤とミソを練りこんだ巻き海老。

buri
makiebi

坂上「すんげー濃厚、味が凝縮されてるわ」

ここで、坂上忍さんが苦手なネタ、赤貝に挑戦します。
見た目がダメで食べたことがないそうです。


akgai2

坂上「47年間、赤貝にゴメンナサイですね、ウマイ!」
村瀬さんによれば、赤貝は風味と香りが大切なので、お客さんが来る直前に仕込むことが一番なのだそうです。

続いては、白川甘鯛の漬け。

sirakawaamadai

坂上「これ、正直に今日イチ」

次は卵焼きですが、「匠 村瀬」では2種類の卵焼きが出ます。
一つは、出汁巻き卵、もう一つは芝エビの卵焼き。

ここで、芝海老の卵焼きの作り方が紹介されます。

① 芝エビを店独自の調味料で茹でる(茹で汁には海老の出汁がたっぷり出ます)。
② 海老をすり、出汁を混ぜ合わせる。
③ 海老のすり身と卵をしっかり混ぜ合わせる。
④ 熱した玉子焼き器に卵を入れる(火は止める)。
⑤ 炭火でじっくり片面焼きにする(金網をのせ、その上に炭を置く)。

上面は炭、下面は余熱で焼き上げます。

murase tamagoyaki

最後に、坂上さんが苦手なもう一つのネタ、ウニが出ます。

焼きウニのにぎり。

yakiuni

坂上「とってもおいしい!完敗です」

会計になり、ここで渡部さんからのレクチャー。
あがり(お茶)、むらさき(醤油)、おあいそ(会計)などの言葉は店側が使う隠語なので、お客さんが使う言葉ではないとのこと。
お支払いの時は、普通に「お会計お願いします」、「お勘定お願いします」と言うのが良いようです。














 




 

このページのトップヘ