Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:消しゴム

① 入江早耶 作 「ベンテンダスト」

アート作品に使うカスは、消しゴムのカス。

 kasu1

こちらが作者の入江早耶さん。
広島市立大学の研究員として広島を拠点に活動。

kasu2
 
消しゴムのカスを使った作品で、数々の賞を受賞してきました。

kasu3
 kasu4
 
どのように作品を作るかというと…。

まず画像を消しゴムで消し、そこからでたカスを材料にして作品を作ります。

kasu5
 kasu6
kasu10

9年間で100点以上の作品を制作してきましたが、その中でも最大の作品が「ベンテンダスト」。
20個の消しゴムを費やした大作ですが、とても繊細な作品です。

kasu8
 
掛け軸の弁天様が消え、立体化して生まれ変わりました。

kasu9
 
②  小和田成美 作 「ドレス・クラック」

小和田さんが使うカスは、鉛筆の削りカス。

kasu11
 
こちらが小和田成美さん。
東京芸大大学院に在学中。

kasu14
 
工程1.削りカスがちぎれないように慎重に削る

工程2.大きさ別にカット

kasu12
 
工程3.同じサイズをボンドで貼り合わせる

ひたすら「削って⇒貼る」を繰り返す。

こうしてできる作品がこれ。

kasu13
 
製作日数2か月、鉛筆20本を費やしました。 

そして、鉛筆80本を使った渾身の作品が「ドレス・クラック(ドレスをまとった雌鶏)」。

kasu15
 
横:約70cm、高さ:約60cm。

この作品で小和田さんは「エコ&アートアワード2013」で協賛社特別賞を受賞しました。

kasu16

受賞しても、大学内では特に話題にはならなかったそうです。

kasu17

小和田さんが今までで一番苦労したのは芸大受験。

kasu18
 
芸大は2浪で受かれば普通です。
(某年の芸大美術学部の公表では、現役2割、1浪3割、2浪、3浪各2割、4浪以上1割) 
 続きを読む

先週の投網の回に引き続き、学校らしき場所。
テロップの説明によると、元小学校の廃校(池袋界隈)だそうです。
 
 bungu1

ゲストは、渡辺祐さん、大宮エリーさん、アンジャッシュ児嶋さん。

bungu3

絶滅した文房具を紹介するのは古文房具コレクターのたいみちさん。

bungu5

たいみちさんのコレクションは数千点にのぼるそうです。
たいみちさんのブログはコチラ⇒たいみちねえさんズコレクション

bungu4
 
最初の絶滅文房具はこちら。
中央にある刃がヒント。

bungu6
 
 正解は、鉛筆削り(推定 大正~昭和初期)
使い方は鰹節削り器と同じ。 
鰹節削り器、今のコは知らないか…。


 
早速、鉛筆を削ってみます。
鉛筆もアンティーク。
スズキ鉛筆だけに鱸(すずき)のロゴ。

bungu7
 
真剣に削るタモリさん。

bungu8
 
削りカスは下の蓋を開けて出すのも、鰹節削り器と一緒です。

bungu9
 
続いても鉛筆削り。
バリカン式鉛筆削り器(大正9年に特許申請)。

bungu10

鉛筆を穴に突っこみ、尖った刃の部分で削る。

bungu11

すごく削りにくそうでした。
これなら、当時の主流鉛筆削り、肥後の守は安泰だったでしょう。



 次は明治時代に日本に輸入されたホッチキス。

 bungu12

アメリカE・H・HOTCHKISS社製のホチキス(明治時代)
ホッチキス(ホチキス)は社名、英語ではステープラー。
 
bungu13
 
針がゴツイ。
このムカデのような針を針ホルダーに差し込んで使う。

bungu14

 性能チェック。

bungu15
 
武骨に存在感を主張する針。

bungu16
 
裏側はこんな感じ。

bungu17
 
32枚まで留められました。

bungu18
 
次もホッチキス。

 bungu19

ワイヤー式ホチキス(大正時代)。

bungu20

巻いてある針金(ワイヤー)を切って針を作って、留めるという仕掛け。
 
bungu21
 
現在のホッチキスに近い仕上がり。

bunngu22
 
内部は凄く複雑そう。

bunngu23

針詰まりが多発したので、結局普及することはなかったのだそうです。

 
続きを読む

おもしろ消しゴムの世界を案内するのは、まゆぷ~さん(40)。
千葉在住の主婦で、二人の子どものお母さん。
10歳の頃から消しゴムにはまり、今ではそのコレクションは2万3000個になるそうです。

 mayupu

まゆぷ~さんによれば、消しゴムにはマジメ消しゴムとおもしろ消しゴムの2種類があるそうです。
 マジメ消しゴムは、私たちがふだん使っている四角い消しゴム(MONO、RADARなど)。
まゆぷ~さんが今回紹介するのはおもしろ消しゴムの方です。 

  ほんものそっくり!日用品消しゴム

最初にマツコさんが目をつけたのは、カセットテープの消しゴム。
本物と同じようにちゃんとプラスチックのケースに入っているそうです。 

casettapekesi

続いて、マジックインキの消しゴム。


 
そして、クレヨン。


 
さらに コンバースのシューズ。


かかと部分のロゴや靴底もきちんと再現してあります。
色もいろいろ揃っています。







 思わず食べたくなる!お菓子消しゴム

40代前後には懐かしいお菓子シリーズ。

tukunko

hanko kesigomu

ガムシリーズもあります。

 umegamu
 まゆぷ~さんのブログより
 
マツコさんにウケたのは「鳩サブレー」の消しゴムw

hatokesi

 鳩の中には紅白の鳩が入っています。

hatosaburekesi2
 
*「鳩けし 810円(税込)」は、鳩サブレー豊島屋本店のみで販売しています。 

 チョコレートの消しゴムは近所の子供が口に入れかけたほどリアルです。

 chocokesi

板チョコもあります。


 続きを読む

このページのトップヘ