Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:水曜日のダウンタウン

レポーター1「(武蔵小山に来たのは)1回目はお仕事ですか?」
IKKO「……(指を折って何かを数えている)」

a49

IKKO[ロケかな」
疲労の色が滲んでくるIKKOw

a50

レポーター1「どこの商店街に行かれますか?」
IKKO「………しもうま」

a51

苦し紛れに架空の商店街を言うw

a52

レポーター2「でも普段から(IKKOさんが)こんな感じだと思わなかったです」
IKKO「まぼろし」
レポーター1「このタイミングで来ました今」w
レポーターは意味不明だろうが、ある意味合ってるw

a53

レポーター2「女性の方とかメイクたくさんされるんですか?」
IKKO「だいすき」
「だいすき」はすでにパン屋のくだりで使用済みなのでアウト。

a54

レポーター1「なんか今顔が変わりましたね、メイクの話になると」
IKKO「ほんぎょう」

a55

レポーター1「メイクとかにはどうやって目覚められたんですか?」

a56

IKKO「…」
レポーター1「…」
レポーター2「…」

a57

IKKO「…」
レポーター1「…」
レポーター2「…」

a58

もう夏だというのにこの3人は凍りついているw

a59

お手本VTR。

長田「メイクとかにはどうやって目覚められたんですか?」
松尾「なりゆき~~~」w

a60

レポーター1「等身大サイズって書いてありますよ」

a61

IKKO「ジャンボ」
レポーター2「これこそ本当”どんだけ”ですよね」

a62

レポーターに屈辱のダメ出しをされるIKKOw

a63

店内にはイケメンの男子店員が…
IKKO「イケメン」

a64

だんだん雑になってくるw

a65

普通に感想言っちゃってるw

a66

気を取り直して…

a67

伝家の宝刀はもう抜けないw

a68

なんとか持ち直す。

a69

「いただき」は2回目なのでアウト。

a70

さっき「おいしい」の代わりに「マセッタ」を使ったから「おいしい」は使える。

a71

レポーター1「夏にぴったりな感じですよね」
IKKO「いいよね(話しかけてくるな)」w

a72

レポーター2「どうですかIKKOさん、お味は?」
IKKO「…(考え中)」
黙ると怖いIKKOの顔w

a74

「甘すぎない」と言いたいw

a73

重い四文字縛りw

a75

休憩中、愚痴をこぼすIKKO。

a76

続きを読む

プレゼンターは尼神インターの誠子さんと渚さん。

a5

ゲストはこちらの方々。

a3

説はこちら。

a6

四文字ギャグ(?)が多いIKKO。

a7

果たして四文字だけで会話が成立するのか?

a8

IKKOにルールを説明。
ルールを守りながら、ロケをやってもらう。

a9

お得意の「どんだけ」も1回しか使えない。

a10

ロケスタート。
冒頭でいきなり伝家の宝刀を抜くIKKO。

a11

レポーター1「会えてうれしい」
IKKO「そこそこ」

a12

レポーター2「最近すごい物まねされている方多いですよね、IKKOさんの」
IKKO「……ホントに?」

a13

レポーター2「ホントによく聞きます」
IKKO「ウレピー」

a14

レポーター1「今日は武蔵小山を探索しますけど、IKKOさん武蔵小山に来られたことありますか?」
IKKO「あるある」

a15

レポーター2「それはお買い物とかですか?それともお仕事とか」
IKKO「ロケだよ」

a16

レポーター1「武蔵小山の商店街なんですけど、このアーケードが日本一長いということはご存知でした?」
IKKO「知ってる」

a17

レポーター1「意気込みの方いいですか?」
IKKO「げんじつ」
レポーター2「どういうことですか」w
レポーター1「全然意味が分からないですよ」w

a18

IKKO、なんとかオープニングトークを四文字で成立させる。

a19

レポーター1「IKKOさん、普段商店街とか歩かれるときどんな格好されてますか?」
IKKO「このまま」

a20

レポーター2「プライベートも着物着てるんですか?」
IKKO「まいにち」

a21

レポーター1「ご自身で着られるんですか?」
IKKO「そうそう」

a22

レポーター1「どうして着物を着ようと思ったんですか?」
IKKO「……」

a23

IKKO、黙って自分の下腹を指さす。
レポーター1「なになになに?」
レポーター2「なんですか?」

a24

四文字が浮かばずジェスチャーでごまかしたIKKOw

a25

この場面のお手本VTR by チョコレートプラネット

a26

長田「どうして着物を着るようになったんですか?」
松尾「たいけい」w

a27

もしくは、

a28

チョコプラはIKKOで荒稼ぎしているw

a29

レポーター1「最初のお店はこちら、こみねベーカリーさんです」
IKKO「すきすき」

a30

レポーター1「パンとか食べます?普段」
IKKO「だいすき」

a31

続きを読む

プレゼンターは高橋茂雄さん(サバンナ)。

a1

説はこちら。

a2
韓国のアイドル、ジェシュンも丑の刻参りを知っている?

a5

具体的なことを語り始めたジェシュン。

a3

話してはいけないアイドルの闇w

a4

5月某日の丑の刻(午前1時頃~午前3時頃)。

a6

5人のスキンヘッドの芸人を招集。

a7

局アナが企画内容を説明。

a8

なぜ全員ハゲかというと、それは地肌に直でロウがたれた方が面白いからw

a9

3種目の競技で競ってもらい、総合得点最下位の人には罰があります。

a10

霊媒師に”呪い”をかけてもらいますw

a12

第1競技 丑の刻障害物競走

a13

頭や体にロウを垂らさないようにして進めるかが、ポイント。

a15

障害物① 平均台

a16

体が揺れる、ロウが垂れるw

a17


障害物② 麻袋

麻袋に両脚を入れてピョンピョン飛んで進む。

a19

ザコシショウ、リード。

a18

障害物③ 藁人形

吊るされている藁人形を口で取る。

a20

変な転び方をして変なところを打つクロちゃんw

a21

最後に藁人形をクギで打ち付ける。

a22

ザコシショウ56秒でゴール。

a23

このスタイルでこの作業はキツイw

a24

クロちゃん負けた上に反則疑惑。

a25

もうお約束の「俺やってない」w

a26

カメラが見ていたクロちゃんのハンドw

a27

ということで、それぞれのタイムに応じて得点が与えられました。

a29

第2競技 丑の刻椅子取りゲーム

懐かしのオクラホマ・ミキサーw

a30

続きを読む

プレゼンターは亜星、昂生(ミキ)。

a1

説はこちら。

a2

まず偽番組で大喜利苦手芸人を呼び出す。

a3

3人の大喜利苦手芸人にお酒を飲んでもらう。

a4

たいがいの男はお酒と巨乳は大好物w

a5

大喜利は苦手だが、酒は得意な3人。

a6

結構な量を飲ませる。

a8

仕上がったあばれる君w

a7

泥酔した3人をTBSに運ぶ。

a9

大喜利セットと麒麟川島が3人を待ち受ける。

a10

ご機嫌のお三方到着w

a11

逃げようとする3人を確保。

a12

あばれる君、上々の仕上がりぐあいw

a13

またしても水曜w

a14

あばれる「んー、女子大生」

a15

シラフの川島にしばかれるw

a16

では、今から皆さんに大喜利をやってもらいます。

a18

春日「水曜だよ(バンッ)」
セットが壊れるw

a19

お題① デビューから10年、1勝もできないまま引退した力士の四股名は?

a22

おたけ「酢」で合格w

a20

飲んでなければ、これだけ思い切りのいい答えは出せない。

a21

お題② 鬼が島に行く前、桃太郎が鬼に送ったメールとは?

あばれる君、燃料補給w

a23

春日、「今日4人入れますか」で合格。

a24

3人の中では酔いが浅めの春日がまっとうな回答でポイントを稼ぐ。

a25

お題③はダウンタウンの改名。

a26

あばれる君が暴れだすw

a27
a28

司会の川島に注意される。

a29

続きを読む

プレゼンターは高橋茂雄さん(サバンナ)。

a1

今回はよそでは絶対やっていない、斬新すぎる企画。

a2

ホントドッキリ?

a3

ドッキリ番組と言えば、最後のネタばらしでテッテッレ~♪の音楽とともに「ドッキリ大成功」の札を持った人が出ててくる。

a4

それを見て仕掛けられた人はドッキリだったことを知り、怒りつつもホッとする。

a5

でも、これがもしドッキリではなくてホントだったら…。

a6

今回スタッフは特殊なルートで各週刊誌をリサーチ。

a7

ある人物のゴシップが記事になるという情報を入手。

a8

その人物が、「ホント!!」を食らいます。

a9

この企画に必要なのは、まず芸能人のリアルなゴシップ。

a11

スタッフが聞き込み調査をしたところ、「週刊女性」が近々ある芸人についての記事を書く予定だということがわかった。

a10

その芸人とは、三四郎の小宮。

a12

事務所ライブに出る小宮を「週刊女性」の記者が直撃インタビューをするというので、その様子を撮影させてもらう。

a13

週刊女性、小宮に突撃。

a14

小宮は地方のキャバクラで羽を伸ばしているらしい。

a15

徐々に核心に迫ってくる。

a16

ライブの新ネタを逃げ口上にする小宮。

a17

ライブの新ネタぐらいでは週刊誌は許してくれないw

a18

突然の直撃インタビューにビビる小宮。

a19

また新ネタで逃げようとする。

a20

こっちも新ネタだw

a21

情報を小出しにしてくる週刊誌。

a22

苦し紛れに先輩芸人の名前を出す小宮。

a23

売るにしてもアイアム野田では安すぎるから週刊誌は買わないw

a24

いろいろ聞かれやっと解放される。

a25

記者の名刺を楽屋前の廊下でじっと見つめるw

a26

この事態を理解し、うなだれる小宮w

a27

マネージャーに直撃インタビューの件を電話で報告。

a28

翌日、事実関係の確認のため小宮はマネージャーに事務所に呼び出される。
その様子を隠しカメラで撮る。

a29

熱海に遊びに行ったのは事実。

a31

「キャバクラに行きたい」と言ったのは野田。

a30

荻窪の女の子と連絡先を交換したのも野田。

a32

続きを読む

このページのトップヘ