最近は漫才やコントなどのネタ番組をテレビでやることが少なくなってきました。

THE MANZAIやキングオブコントなどの賞ものも期待したほどには面白くないのでしばらく遠ざかっていましたが、昨日は久しぶりに芸人のネタ番組を見てみました。

kensakuchan

実力派芸人大集合と銘打っているだけあって、極端につまらないネタは少なかったような気がします。
抱腹絶倒というのもありませんでしたが…。

サンドウイッチマンやナイツは関西の漫才のようにガチャガチャしていないので安心して見られる漫才です。
彼らは期待を裏切ることがないプロの漫才師だと思います。
ナイツの恐妻エピソードも面白かったw

オードリーも芸風がほぼできあがっているコンビですが、サンドやナイツに比べるとまだ風格がありません。
スピード感が持ち味なのかもしれませんが、間を怖がっているようにも見えます。

シソンヌって、このコンビ名がコリすぎててなんかイヤです。
どっちかががお洒落に走っているらしいですが、その私服もやりすぎててうるさい。
コントは上手いので、鼻につくところが抜ければいいコンビになるかもしれません。

アンジャッシュのネタは申し訳ないけど、もともと好きではありません。
スタジオトークの方が面白かった。
確かに児嶋がイジられることによって、このコンビは再浮上したと思います。

オリエンタルラジオは「奇をてらう」という言葉の見本に使いたいようなネタでした。
迷走状態がずっと続いているようです。 

日本エレキテル連合のちょっとブラックな下ネタは嫌いではありません。 
ただこんなネタばかりだと、せっかくメジャーになったのにまた地下に潜ってしまうかもしれません。

土田晃之はUターンのネタもやって自らも恥をさらすべきですw

東京03のコントは定評がありますが、いつも女性役が小汚いオッサンまる出しなのが気になってしまいます。
良くできているネタなのですが、女装のオッサンが気になって集中できません。

今回個人的に一番面白かったのは、友近のネタでした。
友近はもし身近にいたら煙たそうなタイプですが、ネタは好きです。
BSあたりでやっていそうな芸術鑑賞番組の変な演出とナビゲーターとして出てくる若干トウがたって知性とお洒落感を押し出してくる元宝塚風女優ww
友近はこういうのをやらせるとホントに底意地が悪いw
ネタを終えて戻ってきた友近をエレキテルの中野聡子が尊敬のまなざしで見つめていました。

爆笑問題は時事ネタですが昭和の香りがするスタイルの漫才です。
彼らがデヴューした当時、深夜にスポット広告のように爆笑問題の漫才をやってました。
これがツービートの粗悪コピーのような漫才で恐ろしくつまらなかったww
今のようなポジションになるとは夢にも思いませんでした。
太田ははなしがいにするとただうるさいだけですが、MCをやらせるとちゃんと仕切ります。
田中は小金持ちのオカマにしか見えません。 
不思議なコンビです。