Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:柿右衛門

柿右衛門窯に向かっています。
案内人は先週に引き続き九州陶磁文化館の鈴田由紀夫さん。

a1

柿右衛門窯:
江戸時代から続く歴史ある窯元
国の重要無形文化財

a45

有田の位置確認。

a3

江戸前期の柿右衛門。

a5

洋行帰りの柿右衛門。
欧州で金具をつけられている。

a6

若い人は知らないフラソワーズ・モレシャンw

a4

柿右衛門をお手本にしていたマイセン。

a7

ウチの母親もそうだったw

a8

第117回 有田焼、世界へ

a2

窯。

a10

昔のろくろ。

a11

ろくろで成形をしているところ。

a12

柿右衛門窯を案内するのは、当主の15代柿右衛門さん。

a13

材料の”土”は、白玉やギョーザの皮ぐらいの柔らかさ。

a14

陶石を加工して粘土を作る。
これが磁器の原料になる。

a15

陶磁器がろくろでできることを知ったタモリ少年は、博多人形を作る家で粘土をもらってきた。

a17

レコードプレイヤーをろくろにするw

a18

粘土を乗せたレコードプレーヤーはまったく回らず、あたりは土だらけになってお祖父さんに怒られたw

a19

絵付けの作業。

a21

かなり細かい。

a22

柿右衛門の特徴は”赤”。

a24

初代柿右衛門が焼きあがった磁器に絵をつける上絵付けの技法を取り入れる。
この技法で青以外の様々な色がつけられるようになった(赤絵)。

a25

有田焼の世界に広めたのは赤絵。

a23

線書き:
細い筆で線や輪郭を描く

a26

濃み(なみ):
太い筆で濃淡をつけて色を塗る

a27

続きを読む

続いてタモリさんたちがやってきたのは有田の市街地

a1

世界の有田焼を生んだ町を歩いてみます。

a2

有田焼の店が建ち並ぶ。

a3

若い女性にも人気の豆皿。

a4

古い町並みは保存地区になっている。

a5

煙突は焼き物の町の象徴。

a7

使われていないので草が生えている。

a6

冬になるとサンタクロースが…。

a8

サンタかわいいw

a9

焼き物の町らしい風情がある有田。

a10

有田の町は山に囲まれている。
この地形が有田焼を作るのに役立っている?

a11

タモリさんたちは地形と有田焼の関係を探ります。

a12

ここに磁器づくりのある工程の痕跡がある。

a13

ここでまた専門家にバトンタッチ。
有田町教育委員会文化財課の村上伸之さん。

a14

川辺に穿たれた穴は小屋の柱の跡

a15

この川べりでどんな作業をしていたのでしょうか?

a16

ここで行われていたのは陶石を砕く作業。
それには唐臼という装置が使われていました。

a17

唐臼のミニチュアモデル。
鹿威し(ししおどし)の要領で、一方に水がたまるともう一方が上がり、水がこぼれて無くなると一方が下がって石を砕きます。

a18

陶石は細かく砕かれ、最終的には片栗粉のようになる。

a19

唐臼は有田に270ぐらいあった。

a20

有田の川の川底は岩盤がむき出しになっているので、唐臼小屋の柱を建てやすかった。

a21

有田はいくつもの火山が密集している地域。
川となっているのは山と山がとなり合っている山すそ。

a22

火山から溶岩が流れ出て、川底は流紋岩の岩盤になっている。

a23

タモリさんたちは再び有田の市街地に戻ってきました。
地形を生かした工夫をさらに見ていきます。

a24

トンバイ塀
窯のレンガ(トンバイ)などを再利用して作った塀
表面についた灰が溶けてガラス状になっている

a25

この階段も有田焼と関係がある?

a26

続きを読む

このページのトップヘ