Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:松たか子


今週は空耳アワー復活祭後編です。

a1

ゲストは先週に引き続き、安斎肇さん、市川紗椰さん、松たか子さん、星野源さん(左から)。

a2

過去28年間のレジェンド作品を大放出。

a3

今宵ベスト・オブ・レジェンド空耳が決定されます。

a4

タイトル。

a5

今週はいよいよ2000年代のレジェンド作品を紹介。

a6

00年代ロング部門。

a7

こりゃ間違いよ。

a8

あるじゃねぇの!

a9

リンスはないさ!

a10

これで「お湯ないか お湯ないか」。

a11

横浜と間違えて、舞浜に行った家族?

a12

MAY DAY→目痛い!でリンクしている。

a13

シャンプーは「SEAN PAUL」だったw

a14

続きまして、チャイルド部門。

a16

何点?満点!一応13点。

a15

ツトム君 手伝う。

a17

嫁ブサイクでした。

a18

当時の子役たちの現在に思いをはせる。
みんな20代半ば~後半だろうなあ。

a19

市川紗椰の英語解説。

a20

大人が必死で止めているということは…w

a21

今回ベスト・オブ・レジェンドに輝いた方には番組オリジナルロンTを贈呈。

a22

安斎画伯の提案デザイン。
立体耳付きロンT。

a23

却下。

a24

やり直し。

a25

ここで新作発表。

a26

新作部門③

a27

にんべん無えのか。

a28

チ〇コとれてるチ〇ポコ。

a29

皿皿ばかりだ。

a30

チ〇コバカ受けw

a31

思わず踊りたくなるような盛り上がり。

a32

「皿皿ばかりだ」もリズミカル。

a33

「にんべん無えのか」は耳かきとメガホン。

a34

「チ〇コ」はTシャツ。

a36

「皿皿ばかりだ」もTシャツ。

a35

新作部門④

a37

億万長者。

a38

鉄板の割れ目。

a39

どうすんのバレたなら。

a40

市川紗椰の英語解説。

a41

金持ち風にしているが、シャワーのホースが庶民的w

a42

続きを読む


最近流浪してないタモリ倶楽部でございますw

a1

ゲストは星野源さん、

a2

松たか子さん。

a3

今回は半年間休業していた空耳アワーがついに復活!

a6

休止期間中に届いた新ネタ、なんと1万通。

a5

溜まりに溜まった新作を大放出!
さらにレジェンド作品も大放出!

a7

タイトル。

a8

「誰が言ったか知らないけれど、言われてみれば確かに聞こえる…」
おなじみのセリフも復活。

a9

さらにゲスト、安斎肇さんと市川紗椰さん。

a10

まずは新作。

a11

1万通の新作投稿のうち動画投稿は約200本。

a12

コロナ対策で出演者数を減らした映像作りにも注目。

a13

新作部門①

a14

盆とビワ。

a15

一張羅の前張り。

a16

あやまる仕草も一級品。

a17

盆とビワでがっかりw

a18

次第に空耳アワーらしくなっていく作品の並びに感動w

a19

「盆とビワ」を送ろうと思った勇気w

a20

「CAFFE」の素人手作り感w

a21

市川紗椰がアメリカ英語とイギリス英語の発音の違いを解説。

a22

後半2作を制作した阿部さんは休止期間中に572通の作品を投稿。

a23

絶対に空耳アワーを終わらせてはならないという使命感から送り続けた。

a24

「盆とビワ」は手ぬぐいとメガホン(動画投稿者に贈られる)。
「あやまる仕草」は耳かき。

a27

新作部門②

a26

これパソコンって言うの。

a28

奥へ置こう。

a29

ドタバタコメディー。

a30

エビが浸かっている氷。

a31

唐突な始まり。
この前強盗被害に遭ったセクシー女優さんかと思った…。

a32

スペイン語。

a33

朗々と歌ってみたいw

a34

「エビが浸かっている氷」は投稿者の手作り。

a35

新作部門②の作品は全員耳かき。
動画投稿は+メガホン。

a36

続きを読む

今日は南麻布に来ているが、南麻布には行きつけのラーメン屋さんがある、というお話。

a1

ゲストは石井一久さん、ガダルカナル・タカさん。

a2

タモリ行きつけのラーメン屋、盛運亭。

a3

盛運亭は空耳アワーのロケ地としてもよく登場します。

a4

今回は常連客に加え大女優Mも参加し、タモリ倶楽部と関わりの深い盛運亭のメモリアルイヤーを祝います。

a5

タイトル。

a6

盛運亭はタモリ倶楽部とほぼ同い年。
学年は一緒。

a7

石井はヤクルト入団当初から先輩に連れられて盛運亭に来ていた。

a8

90年代、南麻布近辺はヤクルトの選手が多く住んでいた。

a9

8枚中3枚が青木宣親選手w

a10

店主の出山さん(67)にラーメンを作ってもらう。

a11

タモリがいつも注文するめんまもやしネギ多め。

a12

石井とタカはラーメン(650円)。

a13

石井「派手さはないけど、いい味」

a14

タモリ「最近のラーメンは凝りに凝るけど、ここは基本」

a15

盛運亭のチャーシューは一度油で揚げてから煮込む。

a16

うまいけど、夏は暑くて冬が寒いw

a17

お客さんが暑いか寒いかはあまり考えたことないw

a18

タモリ「通用口が開けっ放しなので、冬はすごく寒い」
店主「閉めたり開けたりメンドくさいんでね」w

a19

35周年特別企画① 女優松たか子からのお祝いメッセージ

a20

松たか子は7年前の空耳アワードで盛運亭を知り、それ以来足を運ぶようになった。

a21

一切気取ってないのでラクなお店。
「日常の幸せ」がそこにある。

a22

空耳アワーのロケ現場になっても、別に変わらない。

a23

ただ粛々とラーメンを作り続けている。

a24

ひたすらにやり続けることの強さを盛運亭さんから学んでいます。

a25

娘を連れてまた行きます。

a26

実は松たか子のサインもある。
下の一番うっすいヤツw
細いマジックペンしかなかったらしい

a27

松たか子といえども特別扱いしないのが盛運亭スピリッツw

a28

ラーメン以外の盛運亭人気メニューベスト5。

5位 タンメン
たっぷり野菜でニンニクがきいてます。

a29

4位 炒飯
香ばしいしっかり味。

a30

続きを読む









今日は年に一度のあのコーナー。

s1

会場のセッティングをする出演者の面々。

s2

この一年間に発表された空耳アワー全140作品の中から、今宵グランプリが決定します。

s3

改めて審査員の紹介。

s4

アワード4回目の出演、松たか子さん。

s5

昨年お尻オーディションでも審査員を務めた星野源さん。

s6

日本在住13年のスーパーギタリスト、マーティ・フリードマンさん。

s7

超人気漫画家の浦沢直樹さん。

s8

今回は特別企画として、空耳主演男優賞を発表します。

s9

空耳アワード2017開幕。

s10

浦沢直樹先生はタモリ倶楽部初出演。
最近なんか話題になったような…。

s11

まずはロック部門。

s12

ホワット・アバウト・ラブ
/ハート
DON'T YOU WANT SOMEONE TO CARE

s13

アート・オブ・ハートブレイク
/グリル・ホールとジョン・オーツ
ACHING FOR

s14

ヘリオトロープ
/アット・ザ・ドライヴイン
TURN SLOWLY FOR MAXIMUM VEND
DON'T STICK TO ME COUNT BACK FROM TEN

s15
s16

フランキー・シナトラ
/アヴァランチーズ
AH FRANKIE SHINATRA

s17

マーティは日本的な竹竿のカンペが気になるw

s18

MVみたいでカッコイイ。

s19

今はもう「パンツ下がっちゃう」にしか聞こえないw

s20

松「あんなおじいちゃんになっても涙が流せるって素敵」

s21

続いてロック部門②。

s22

ログゼット
/ドクター・フィールグッド
ROXETTE I GOT TO GO AWAY

s23

ネバー
/ムーヴィング・ピクチャーズ
YOU'LL NEVER FLY

s24

ドゥギー・ジャイロ 
/ザ・トイ・ドールズ
DOUGY DOUGY GIRO

s26
s25

続きを読む

この映画は小さいお家とタキ(黒木華)で、ピタッと世界ができあがった感じがします。

chisaiouchi1

赤い三角屋根のモダンな文化住宅。
20世紀までは、洋風の意匠を取り入れた古い戸建て住宅があちこちにあったような気がします。

chisaiouchi6

デザイナーズ戸建てなので、窓や扉が妙に凝っていたりして、個性がありました。
今の戸建てはコスト重視の大量生産方式なので、機能的なのでしょうがどれもこれも同じようです。

asannoniwa
 杉並区阿佐ヶ谷 「Aさんの庭」
 
タキ役の黒木華は着物と割烹着が異様に似合います。
今の若い子にはなかなかない”清らかな色気”があります。
50代以上のお父さんが大好きなタイプです。
和装の彼女が赤い屋根のお家で家事をしているだけで、ノスタルジー度が100を振り切ります。

chisaiouchi2

彼女はこの映画で外国の映画祭の優秀女優賞を受賞したそうですが、外人のオヤジにも彼女の良さがわかるのですね。
そういえば、作中の会話で「ヒジキと油揚げ」という言葉が出てきましたが、翻訳ではどうなったんでしょうか。

このお話の舞台は戦前の昭和なので、もちろん私も生まれていませんが、どういうわけかいたるところに懐かしさを覚えてしまいます。

電話がまださほど普及していない頃のお話なので、いちいち先方の家を訪ねていく。
ちょっとした話でも、ハガキや手紙で応答する。
親せき筋とのつき合いが深くいろいろと干渉される。
戦後からかなりたった昭和でも、こういう名残りはまだあったような気がします。

それから、嵐の夜の”緊急事態感”。
今は台風が直撃しても特に何もしませんが、昔は「サザエさん」なんかを見ると台風襲来前には必ず警戒態勢に入ったようです。
窓に板を打ち付けたり、停電に備えてロウソクを出したり、食事は缶詰ですませたり…。

この映画では嵐の夜の緊急事態が、逆に抑えていた男女の心に火をつけてしまう結果になります。
時子(松たか子)が板倉(吉岡秀隆)に”接吻”をした時、見ていた私は思わず「あ~あ~」というため息にも似た声が漏れてしまいました。
不倫とか、ドロドロした恋愛とか、たとえフィクションでも私は好きではありません。

平凡で善良で美しい人妻のうちに潜む魔性。
この世で一番見たくないものです。

tokiko

この映画の恋愛模様については解釈が分かれるかもしれませんが、私はタキは板倉に対して密かに好意を寄せていたと思います。
時子が板倉に会いに行くのをタキが止めた時、それは二人に起こるであろう危機を回避することが動機だったと思います。
しかし、タキは板倉に思いを寄せていたからこそ、自分のこの行動を後々まで苦悩することになったのでしょう。
あれはほんとうに二人のためにしたことなのか、と…。

tumabuki taki

作品全体に漂う雰囲気がとても良い映画でしたが、板倉正治を演じる吉岡秀隆は二人の女性に思いを寄せられる男性としてはちょっと色気に欠けるような気がします。
あと、晩年の恭一(米倉斉加年)ですが、米倉氏は撮影当時、78、9歳、晩年のタキを演じる倍賞千恵子は71歳ぐらいのはずです。
恭一は少なくとも10歳くらいタキより若いのに、演者の実年齢が逆転してしまっています。

そのあたりはちょっと気になりました。

小さいおうち (文春文庫)
中島 京子
文藝春秋
2012-12-04


ちいさいおうち (岩波の子どもの本)
バージニア・リー・バートン
岩波書店
1954-04-15


小さいおうち [DVD]
松たか子
松竹
2014-08-08


 

このページのトップヘ