Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:東江メガネ

先日メガネをうっかりフローリングの床に落としてレンズを割ってしまいました。

もう新しいレンズを入れるしかありませんが、問題はメガネを買ったお店が近所ではないことです。
いろいろ事情があって、数年前長期滞在していた沖縄のメガネ店でメガネを作ったのです。
私は現在東京在住です。
律儀にも沖縄のメガネ店(東江ーあがりえーメガネ:沖縄では最大のメガネチェーン)から今でも年に一度くらい電話があって「不具合はありませんか」と言ってくれるのですが、そう簡単に沖縄には行けません。
メガネを買うならなるべく地元のお店か全国展開しているチェーン店に行った方が良いです。

agarie
 東江メガネ浦添店

という事で、私はレンズ交換をしてくれるメガネ屋さんをネットで探してみました。
こういう時ネットは便利です。
レンズ交換をするメガネ店の一覧を作っているブロガーの方がいました。
レンズ交換ができる店できない店のまとめ
すべてではないでしょうが大手のチェーン店は、ほぼほぼ網羅しているようです。

それによると、JINSがダントツに安い。
他はだいたい10000万円前後ですが、JINSは一律5000円(税別)。

JINSはZOFFと競うように盛んにCMを流している新手のメガネチェーンという知識ぐらいしかなかったのですが、早速一番自宅から近いJINSの某支店に赴きました。

zoff
水原希子の良さを殺しているZOFFのCM

ビルの2階の一角にある小さめな店舗ですが、女性が二人と店長らしき30代の男性がいました。
「レンズを交換したいのですが…」と言うと、すぐに一枚の紙きれを出されサインをしてくださいと言われました。
簡単に言うと、デキに不満があっても交換には応じないよ、みたいな書面のようです。
こういうものをいきなりサインというのは感じがよくないのですが、もう来てしまったのでサインに応じました。
JINSは今年(2015)から他社のフレームのレンズ交換を始めており、値段も安いからいろいろな客も来てトラブルも起きがちなのかもしれません。

視力を測定した後、店長さんにJINSはプラスチックレンズしか扱っていない旨を説明されました。
私は今までガラスレンズのメガネしか使ったことがありません(今はこういう人の方が珍しいようですが…)。
さらに彼はプラスチックの欠点について説明しました。
曰く、傷がつきやすく、熱に弱い、透明度はガラスに劣る、レンズはガラスに比べて厚くなる(私は強度の近視でレンズが厚い)。
もう売る気がないのかというくらいなネガティブ・キャンペーンでしたが、あとからクレームをされたくないのでしょうね。
ただ一つガラスより良いのは、軽いこと。
レンズが重くて、メガネがずり落ちやすい私には唯一の朗報でした。
参考:プラスッチックとガラスの長所短所
さあどうする…。
私は0コンマ3秒考えましたが、もう来ちゃているという状況が私を前に進めました。
つまり、もう今さら他を探すのはメンドクサイ。
「今回はプラスチックを試してみます」
という事でお願いしました。

できるまで1週間かかるという事なので、数日後にJINSにメガネを受け取りに行きます。
トータルで考えると、近視が強い私は薄く仕上げられるガラスにした方が良かったような気もしますが、長いメガネ人生、今ではほとんどの人が使用しているプラスチックを試してみるのも良いのではないかと…。
新しいメガネを受け取ったら、またご報告します。

追記:今日メガネを受け取ってきました。
透明度やレンズの厚みは心配したほどではありませんでした。
かけたときにメガネが軽いのには驚きました。
この点は快適です。
後はレンズの寿命ですが(プラスチックはガラスに比べて短い)、これにはついては数年使ってみないとわかりません。

2015 10月24日












 


 

小5の時でしたか、黒板の字が見えづらくなり、母親に連れられて病院に行くと”仮性近視”と診断されました。
しばらく病院で処方された仮性近視を治す目薬をさしていたのですが、一向によくならず齢11歳でメガネキャラになりました。
早速、クラスメートから小池さん(漫画オバQに登場するメガネキャラ)と命名されました。

takeyama
ナイス・メガネキャラ1 カンニング竹山
昭和テイストの風貌は見るとなんかホッとします 


今思うと目薬なんかさすよりも、本を投げ捨てて田舎で遠くの山でも見ていれば治ったのかもしれませんが、コンクリートジャングルの東京には山も星空もありません。

高校生になると色気づいてコンタクトを愛用するようになりました。
最初はハードレンズ。
長時間装着すると目が痛くなるし、落ちやすい。
すぐにソフトレンズに切り替えましたが、こいつはクリーニングや煮沸消毒など手入れが面倒でした。
ソフトはハードに比べると落ちにくいのですが、洗面所で外す時によく行方不明になりました。
当時は使い捨てではなかったので1枚の値段が高価でした。
レンズを見失ったときは、すぐさま洗面台の排水口に蓋をして緊急体制をとります。
それから洗面台をなめるようにしてレンズを捜索します。
見つかる時はあっけなく発見できますが、見つからない時はどうしても出てきません。
行方不明のまま捜索打ち切りということもよくありました。
後日とんでもないところで、ミイラ化したソフトレンズを見つけることもありました。

使い捨てコンタクトが出回るようになってコンタクトレンズも管理が楽になりましたが、40を過ぎたあたりから老眼が出てきました。
運転免許更新の時の視力検査で、私は老眼鏡を外して視力検査に臨もうとしました。
「アンタ、眼鏡しないとダメでしょ」
私の免許証を見ながら係員が注意しました。
免許証センターの職員はたいてい元警官なので若干態度は横柄です。
「いや、いいんですこれで」
「ダメだよ。メガネしなくちゃ」
「これは老眼鏡なんです。コンタクトしてますからダイジョウブです」
係員は納得のいかない表情のまま黙りこみ、私の後ろで順番待ちをしていた若者たちは「(年取ると)たいへんだなあ…」という顔をしているのがわかりました。

そんなこともあり、中年以降は私はまたメガネキャラに戻りました。
メガネだと、どういうものか老眼も緩和されて割と近くも見えるのです。

今愛用しているメガネは2年前沖縄にいた時に買ったものです。
テレビでセール開催中のCМがガンガン流れていたので、ふと誘惑に乗ってしまいました。
最近鼻あて(クリングス)が少し歪んでメガネがズレやすくなっているですが、メガネを購入したメガネチェーン店は沖縄にしかない(ウチナーなら皆知っている東江メガネ)ので東京にいる私は調整を頼むことができません。
メガネの調整はどこでも原則無料でやってくれるらしいのですが、私が住む町のメガネ屋さんはしょぼい町には不似合いな高級店風のたたずまいです。
あんなショウウインドウがピカピカ光っている店に私のセール品メガネを持っていくのは勇気がいります。
沖縄でメガネを買ってしまったことを少し後悔している今日この頃です。

karahashi
ナイス・メガネキャラ2 唐橋ユミ
私はメガネフェチではありませんが、彼女のメガネには萌えます







このページのトップヘ