ロケ地は上野・東京文化会館。
クラッシック音楽の殿堂。

siki1

ゲストは、山田五郎さん、劇団ひとりさん。
いつになくフォーマルな装い。

siki2

山田五郎さんによると、東京文化会館はル・コルビュジエの弟子の前川國男氏が設計した名建築(1961)だそうです。

siki3

本日の主役、宮本文昭さん(65)と久保田アナ。

siki4

宮本さんは2015年3月21日に指揮者を引退。
指揮者は1日2万回以上腕を振る、想像以上に過酷な職業なのだそうです。 

siki6

ということで、今回は宮本さんが激しく消耗した名曲の数々をご紹介します。 
 
東京文化会館大ホールに移動。

siki7
 
宮本さんはもともとはオーボエ奏者だったのですが、57歳ぐらいで指揮者に転向。
年がいってからの転向だっただけに、指揮者活動による肉体の消耗が激しかったそうです。
 
siki8
 
では、最初の指揮者殺しの名曲。
チャイコフスキーの弦楽セレナーデ。

siki9

人材派遣会社のCMでなじみがありますね。
プロ奏者は”チャイコの弦セレ”と呼んでいるそうです。

siki12

<チャイコの弦セレの指揮者殺しポイント>
曲の出だしでいきなりテンションを120%まで上げなければならず、精神力を消耗する。 

siki10
 
宮本さんがチャイコの弦セレを指揮しているときの様子。
静止画だとわかりませんが、動画では確かにいきなりフルパワー全開でしたw

siki11
 
宮本さんが一生懸命説明しているのに、ニヤついてたタモリさん。

siki13

宮本さんが話していると、身ぶり手ぶりがだんだん指揮者になってくるので、おかしかったようです。
 
siki14
 
ロシアの巨匠アシュケナージのチャイコフスキーに関するエピソード。

siki15

NHK交響楽団の定期演奏会でチャイコフスキーの交響曲第3番を演奏していた時、右手に持った指揮棒を左手に刺してしまった(2004年の出来事。左手に指揮棒が5センチ刺さる大けがだったようです)。

 siki16

宮本さんは演奏中に足がつってしまったことがあるそうです。
「痛い、痛い、痛い!と思いながら…」指揮を続けていたそうですw 

siki17
 
宮本さんは指揮棒を持たないスタイル。
プレイヤーから指揮者になったので、楽器屋の店員に「こいつ調子こいてんじゃね?」と思われるのがイヤで指揮棒を買えなかったそうです。 
そういう理由?w

続きを読む