Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:昭和

戦後から現在に至るまで、渋谷は最も大きな変貌を遂げた街の一つかもしれません。

私の渋谷の原風景は、傷痍軍人です。
祖母の家が渋谷にあったのでよく遊びに行ったのですが、駅前のちょっとした広場に数人の傷痍軍人さんが必ずいました。
カーキ色の軍服を着て、きちんとゲートルを巻いていました。
しかし、手か脚がありません。
一人がアコーデオンを演奏し、募金を募っていました。
私はまだ小さな子供だったので、ただただその光景が怖かった。

その当時の渋谷のもう一つ鮮明に記憶に残っているのは、蛇屋さんです。
大きなガラスのショーウインドウの中で、大きなヘビが立ち木に巻きついていました。
この渋谷の蛇屋さんについて触れているブログもいくつか見かけました。
おそらく50代以上の方々だと思います。

壜を並べ蝮の酒漬け売りゐしが宮益坂の蛇屋は失せぬ
 
黒日傘たたみ蛇屋に入りにけり

ネットで見つけた渋谷の蛇屋について詠まれた短歌と俳句です。 
蛇屋は坂の途中に在った記憶がありますから、おそらく宮益坂だったのでしょうね。

そういうちょっと薄暗い記憶の中にあった渋谷は1970~80年代にパルコができると、どんどん若者向けの街になっていました。

showasibuya3

高校生の頃(1975年頃)部活の練習試合でよく駒沢公園に行ったのですが、ある時渋谷の東急文化会館前でショーケン(萩原健一)を発見しました。
ザ・テンプターズ解散後、俳優に転身した頃のショーケンです。
皆でショーケンに群がってサインをしてもらいました。
駒沢公園では栗田ひろみが写真撮影をしてことがありました。

showasibuya7
傷だらけの天使(1974~1975) ショーケンと水谷豊

大学1年の頃、センター街の右手あたりにあった 渋谷のタカキューで厚手のセーターを買いました。
渋谷のタカキューはとっくにありませんが、今でもタカキューはTAKAーQとして頑張っているんですね。
お洒落にちょっと興味がある当時の東京の若者なら、知らない人はいないぐらいのブランドでした。
タワーレコードも新たに若者文化のシンボルになりました。
タワーレコードの黄色と赤の袋を抱えて歩くのが当時のイケている若者のスタイルでした。

showasibuya1

30代の頃、後に結婚することになった彼女とよく渋谷でデートをしてました。
この頃、今回のアド街で紹介された喜楽や麗郷にも行きました。

showasibuya2
 もう味忘れた…。

swhowasibuya4
初めてダイコン餅を食べました

東急デパート本店近くにブーゲンビリアというベトナム料理屋があったのですが、そこで甘くて辛くて酸っぱいスープというのを頂きました。 
衝撃的な味でした。
残念ながら、今はブーゲンビリアはないようです。 

旧美竹町の祖母宅の近くにあった児童会館によく遊びに行きましたが、ここも2012年に閉館になりました。

駅を中心に渋谷はまた大きく変わろうとしています。
東京の中でも、渋谷は時代の流れを一番感じる街です。
 
showasibuya6
昭和25年創業元祖くじら屋 ここはしぶとく残ってます
 


 
迷宮の花街 渋谷円山町
本橋 信宏
宝島社
2015-01-22

 

この映画は小さいお家とタキ(黒木華)で、ピタッと世界ができあがった感じがします。

chisaiouchi1

赤い三角屋根のモダンな文化住宅。
20世紀までは、洋風の意匠を取り入れた古い戸建て住宅があちこちにあったような気がします。

chisaiouchi6

デザイナーズ戸建てなので、窓や扉が妙に凝っていたりして、個性がありました。
今の戸建てはコスト重視の大量生産方式なので、機能的なのでしょうがどれもこれも同じようです。

asannoniwa
 杉並区阿佐ヶ谷 「Aさんの庭」
 
タキ役の黒木華は着物と割烹着が異様に似合います。
今の若い子にはなかなかない”清らかな色気”があります。
50代以上のお父さんが大好きなタイプです。
和装の彼女が赤い屋根のお家で家事をしているだけで、ノスタルジー度が100を振り切ります。

chisaiouchi2

彼女はこの映画で外国の映画祭の優秀女優賞を受賞したそうですが、外人のオヤジにも彼女の良さがわかるのですね。
そういえば、作中の会話で「ヒジキと油揚げ」という言葉が出てきましたが、翻訳ではどうなったんでしょうか。

このお話の舞台は戦前の昭和なので、もちろん私も生まれていませんが、どういうわけかいたるところに懐かしさを覚えてしまいます。

電話がまださほど普及していない頃のお話なので、いちいち先方の家を訪ねていく。
ちょっとした話でも、ハガキや手紙で応答する。
親せき筋とのつき合いが深くいろいろと干渉される。
戦後からかなりたった昭和でも、こういう名残りはまだあったような気がします。

それから、嵐の夜の”緊急事態感”。
今は台風が直撃しても特に何もしませんが、昔は「サザエさん」なんかを見ると台風襲来前には必ず警戒態勢に入ったようです。
窓に板を打ち付けたり、停電に備えてロウソクを出したり、食事は缶詰ですませたり…。

この映画では嵐の夜の緊急事態が、逆に抑えていた男女の心に火をつけてしまう結果になります。
時子(松たか子)が板倉(吉岡秀隆)に”接吻”をした時、見ていた私は思わず「あ~あ~」というため息にも似た声が漏れてしまいました。
不倫とか、ドロドロした恋愛とか、たとえフィクションでも私は好きではありません。

平凡で善良で美しい人妻のうちに潜む魔性。
この世で一番見たくないものです。

tokiko

この映画の恋愛模様については解釈が分かれるかもしれませんが、私はタキは板倉に対して密かに好意を寄せていたと思います。
時子が板倉に会いに行くのをタキが止めた時、それは二人に起こるであろう危機を回避することが動機だったと思います。
しかし、タキは板倉に思いを寄せていたからこそ、自分のこの行動を後々まで苦悩することになったのでしょう。
あれはほんとうに二人のためにしたことなのか、と…。

tumabuki taki

作品全体に漂う雰囲気がとても良い映画でしたが、板倉正治を演じる吉岡秀隆は二人の女性に思いを寄せられる男性としてはちょっと色気に欠けるような気がします。
あと、晩年の恭一(米倉斉加年)ですが、米倉氏は撮影当時、78、9歳、晩年のタキを演じる倍賞千恵子は71歳ぐらいのはずです。
恭一は少なくとも10歳くらいタキより若いのに、演者の実年齢が逆転してしまっています。

そのあたりはちょっと気になりました。

小さいおうち (文春文庫)
中島 京子
文藝春秋
2012-12-04


ちいさいおうち (岩波の子どもの本)
バージニア・リー・バートン
岩波書店
1954-04-15


小さいおうち [DVD]
松たか子
松竹
2014-08-08


 

ヤフーの無料視聴にこの映画が上がっていたので、見てみました。
昔見た覚えはあるので、二度目の鑑賞です。

menkyo6

1994年公開。
中年の映画スターが免許を取るまでのすったもんだを描くという、単純なストーリーです。
脚本は森田芳光、主演は舘ひろしなので、ちょっと期待してしまいますが、なんのひねりもない純然たるB級映画です。

menkyo3

ですので、最初に見た時はちょっとがっかりした覚えがあるのですが、こうして数十年ぶりに見ると、タイムカプセルを開けた時のような感動が出てきます。

まず登場する俳優がいちいち懐かしい。

映画会社の社長役の中条静夫さん。
いろんなドラマに顔を出していた名バイプレイヤーでした。
実はこの年(1994年)に亡くなられています。

女優役の女優は五十嵐淳子さん。
中村雅俊さんの奥様です。

マネージャーが江守徹さん。
B級映画なのに、キャストが割と豪華です。

銀行員が春風亭昇太師匠なのも意表をつかれます。

教習所の美人教官は誰だっけ…と思って調べてみたら、墨田ユキさんという女優さん。
あーいたいた!
AV女優から普通の女優の転身した数少ない成功例です。
今は結婚して芸能界を引退されたようです。

menkyo2

片岡鶴太郎さんはもうこの当時痩せていたので今とほとんど変わっていません。

懐かしのワンレン・ボディコンも女の子たちも出てきます。
あれが流行っていた当時から思っていましたが、あのファッションは下品なだけで全然セクシーではありません。

舘ひろしがお寺の合宿所を抜け出して、夜の国道沿いを徘徊するのですが、背景に映るラブホテルやスナックの毒々しいネオン看板が超昭和です。
当時はもう平成6年だったのですが、舞台が田舎だけにかなり昭和の匂いが濃厚に漂っています。

私的には携帯電話が普及してから(1990年代後半)が、平成という感じがします。

私も車の免許を取るのに苦労したので、坂道発進とか縦列駐車などの難所は主人公の気持ちにとても共感できます。
路上に出た時の通行人や自転車がどれだけ恐怖だったか…w

イヤな教官は教習所の”あるある”でした。
自分の嫌いな教官に当たった時の絶望感…。
未だに覚えていますが、教習車番号34番は地獄の密室の始まりでした。
映画のように教官の態度が腹に据えかねてケンカになるなんてことはよく聞く話でした。

menkyo1

そう言えば、今年は免許の更新の年です。
免許の更新って、老若男女、様々な人たちが一つの教室に納まっているのでなんだか面白いですね。

chisan
私が通った埼玉県川口市の教習所、川べりにあるので昔は大雨が降ると冠水してましたw
 

免許がない! [DVD]
舘ひろし
バンダイビジュアル
2002-04-25





お墓がない! [DVD]
岩下志麻
バンダイビジュアル
2002-04-25


③ 昭和の終わりに

この作品は、荒木さんが小さな頃に見た風景がモチーフになっているそうです。
荒木さんが子供心に”寂しさ”を感じた場所です。

晩秋の野原にうち捨てられた昭和の車たち。

shouwa4

足踏みミシン。
ウチにもあった…。

 shouwa1

電器店の営業車。

shouwa3

オート三輪。
子供の頃、酒屋のオジサンに荷台に乗せてもらいました。

showa4

主役はバキュームカー。
荒木さんが一番作りたかった一点。

shouwa2

汚し方にもこだわりがあり、ボロボロの廃車にはしたくなかったそうです。
時間の経過とともに、徐々に朽ちていく感じにしたかった、とのこと。

showa5

感動のあまり、目を赤くするマツコ。

shouwa matuko

 最後にご本人登場。

マツコさんはマジで作品製作を依頼していました。
マツコさんにはマツコさんの”再現したい心象風景”があるようです。

ikari araki

タモリ倶楽部でも昨年ジオラマを特集していました→タモリ倶楽部 10月31日放送~ジオラマ作家の世界

 



















子供の頃に流行った遊びの中で、一番印象に残っているのは酒蓋です。

ネットで酒蓋について書いてある諸サイトを見る限り、昭和40年代、少なくとも関東と関西では小学生男子の間で大流行した遊びのようです。

当時お酒(一升瓶)の蓋は平たい金属のプレートにコルクがついたものが主流でした(下の写真)。

sakebuta

コルク部分は刃物あるいは歯などで切り取り、酒蓋をコイン状にします。

kurofun


① 男子は勝負事が好き

酒蓋遊びは通常1対1で行われます。

以下は私の小学校(東京都・西部)のローカル・ルールです。
双方勝負する酒蓋を1枚ずつ場に出し、ジャンケンをして先攻後攻を決めます。
先攻は、置いてある相手方の酒蓋を自分の酒蓋のフチを使ってひっくり返します。
そして、裏返った酒蓋をさらに表に返すことができれば、勝ち。
相手の酒蓋を自分のものにすることができます。
表裏をひっくり返すことができなければ、攻撃権は相手に移ります。


② 男子は道具にこる

単純な遊びでしたが、各々自分の秘蔵の酒蓋、つまり勝負に強い酒蓋というものを持っていました。
ある銘柄の酒蓋がフォルム的に返しにくいというものもありましたが、多くの男子は返しにくくするために酒蓋の裏にロウを塗ったり、カナヅチで叩いて平たくしたりという細工に余念がありませんでした。

残念ながら、この情熱が勉学方面に振り向けられることは一切ありません。


③ 男子は夢やロマンが大好物

この酒蓋をどこから調達するかというと、近所の酒屋です。
酒屋の裏手には日本酒の空瓶が入ったケースが山積みされていて、そこから蓋をいただいてくるわけです。
今のようにゴミの分別が厳格ではなかったので、3~4本に1本ぐらいは瓶に蓋がついたままでした。
どうせ捨てられるものですし、お得意先の坊っちゃんたち(かもしれない)がやることですから、これは大目に見られていたような気がします。

思うにこの遊びが大流行した理由の一つとして、元手(金)がかからなかったということがあげられます。
ガッツさえあれば、貧乏人の息子でも大酒蓋持ちに成り上がることができたのです。
酒蓋ブームは、小学生男子ドリームの到来でもあったのです。


④ 男子は冒険も大好き

しかし、近隣の小学校でも酒蓋が流行り始めると、どこの酒屋でも小学生に空き瓶の蓋を持ち去られてしまうという事態になり、酒蓋は慢性的品薄状態に陥りました。

この危機的状況を打開するためにクラスの男子たちは遠征隊を派遣しました(と言っても学校から半径3キロの行動範囲だけど)。
そして、この遠征隊はコロンブスのアメリカ大陸発見にも等しい偉業を成し遂げます。

これが、空き瓶倉庫の発見です。
お酒の空き瓶は酒屋から回収され、一旦倉庫に保管されます。
倉庫から空き瓶の再利用のためにしかるべき施設にまた移送されるのでしょうが、私たちはその一時保管場所である倉庫に目をつけたのです。
大人にはただの倉庫ですが、私達の目には酒瓶が山と積まれた倉庫は大金鉱脈に見えました。
私達の小学校の近所では、この金鉱脈が2箇所発見されました。

私達は自転車に乗り、グループ単位で保管倉庫の酒蓋採取に行きました。
しかし、宝の山を前にしてもそうやすやすと宝を我が物することはできません。
倉庫の従業員が意地悪だと酒蓋を取らせてくれませんし、酒蓋がほしいというと、酒瓶から蓋を抜き取ってはそれを私達にぶつけてくるヤカラもいました。
世間は甘くないことを私達は学びました。
結局私たちは大人たちが倉庫にいない時を見計らい、素早くいただいてくるという作戦をとっていました。


⑤ 掟を破った者には厳しい制裁が課せられる

5、6人のグループで倉庫で酒蓋をとり、戦利品の酒蓋は公園などで公平に分配されるシステムでした。
しかし、裏切り者が出るのは世の常、自分がとった酒蓋が珍品だったりすると、これを何食わぬ顔で体のどこかに隠してしまう者もいました。

一度クラスメイトのY君と何人かで倉庫に行ったことがあるのですが、事前に仲間からYはガメ(ちょろまかし)の常習者だという情報を得ていました。
酒蓋採取が一段落したところで、みんなが取った酒蓋を一つのビニール袋に入れました。
その直後に、仲間の一人のK君がY君にその場でジャンプするよう命じました。
みんなの視線に気おされて、Y君はその場で飛び上がりました。
チャラッという音が半ズボンの両方のポケットから聞こえました。
「忘れてた…」
見え透いた言い訳をしながら、Y君はポケットからガメた酒蓋を取り出しました。
「まだ、あるだろう」
ジャンプを命じたK君はベテラン刑事のような凄みでY君を追い込みます。
Y君は観念したように履いていたハイソックスを下に下ろしました。
するとすでにコルクも取られて平たくなった酒蓋がバラバラとY君の足元に散らばったのです。
落ちた酒蓋は、見たことのない珍品の銘柄ばかりでした。
これは重罪です。
Y君がガメた酒蓋をすべて回収すると、私達はさりげなくアイコンタクトを取りあいました。
この後やることはわかっていました。
私達は自転車で公園に向うふりをして、途中で急にスピードをあげました。
小柄なY君はそのスピードについてこれず次第に離されてゆきます。
「待ってよおぉぉ~」
Y君はもう泣き声になっていました。
曲がり角をいくつも曲がると、Y君の姿はとうとう見えなくなりました。
酒蓋をガメた罰として、Y君は撒かれ、分前を没収されたのです。

とはいえ、男子はルールを神聖なものとみなしているわけではありません。
むしろ本質的に男子はルールが嫌いです。
私たちはY君が掟破りをすることを知った上で彼を仲間に入れ、結局彼の分前を我が物にしたのです。
男子にはそういう腹黒いところがあります。


⑥ 男子には収集癖がある

さて、空き瓶倉庫の発見によって酒蓋の供給源が確保されると、酒蓋遊びは量より質の時代に移行します。
酒蓋市場において、白鶴や大関といった大メーカーの酒蓋は二束三文の価値しかなく、地方の酒蔵で作られるようなマイナーな酒の蓋が珍重されるようになります。
そういった珍しい酒蓋は大メーカーの酒蓋20~50枚といったレートで取引されるようになります。
また、小瓶の小さな蓋も珍重されました。
小瓶でコルクの蓋を使う銘柄は数が少なかったのです。
こうして酒蓋は勝負して遊ぶ事よりも、珍品の収集にその重点が移っていきました。
私も珍品コレクションに夢中になり、貴重な酒蓋は高級クッキーの缶に大切にしまわれました。
中でも私の自慢の逸品は黄桜の蓋でした。
黄桜は今も現存する大メーカーで、普通の蓋は全く珍しくないのですが、私の黄桜はフチがギザギザになっていたのです(普通のはフチがツルツル)。

sakebuta3


⑦ 男子の宝物は、女子にはゴミにしか見えない


一大ブームを巻き起こした酒蓋もやがて終焉を迎えることになります。
酒蓋遊びが下火となった大きな要因として、酒蓋のコルク部分がプラスチックになっていったことが挙げられます。
プラスチックはカッターで切っても厚いヘリが残ってしまい、酒蓋遊びに向きませんでした。
それに何よりプラスチックは見た目に情緒がありませんでした。
酒蓋遊びが流行った当初は少数派だったプラスチック製が、次第に酒蓋の主流を占めるようになっていったのです。

sakebuta2

ブームが去ってしばらく後、ゴミ箱用の大きなポリバケツ一杯にあった私の”資産”はある日母親に捨てられていました。
私はもちろん母親に抗議しましたが、もう遊んでいないものだっただけにそれほど抗議に熱はこもっていなかったような気がします。
そして、高校生の頃でしょうか、物置の奥にしまわれていたクッキー缶の酒蓋コレクションがなくなっていることに気づきました。
さすがに文句は言いませんでしたが、とても悲しかったことは覚えています。
あのコレクションだけは手元に残して置きたかった…今でもそう思います。


⑧ 男子とは、アホである

基本的に男子とはアホな動物です。
男子が夢中になってすることは、99%何の役にも立たないことです。
ただそのうちの1%が、たまたま世の中にとって有用な発見や発明になるのだと思うのです。

例えば、ライト兄弟。
彼らは運良く飛行機を飛ばすことに成功したから歴史にその名が残りましたが、もし飛べていなかったら近所で有名なただのアホ兄弟だったはずです。
ライト兄弟の栄光の陰には、同じように空への飛翔を試みた無名のアホたちの存在があったに違いありません。

社会の管理下が進み、遊びはもっぱらゲームの現在、アホ男子はもういないのでしょうか。
ちょっと寂しいです。



このページのトップヘ