Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:星空




会社員(21)女性からの投稿、「先日友人と車で2時間ほどかけて天体観測に行った。私は星空を見た瞬間にその美しさを感じたが、外が寒すぎたこともあり5分で飽きた。しかし友人はいつまでも星空に浸っており、帰る気配は一向になし。わざわざ遠出して見に行ったので、確かにそっちのほうが”楽しんでる感”を得られている気もする。果たしてどのくらいその場にいるべきなのか?」、といった内容でした。

kanso1
 
この投稿を聞き終え、苦笑いのマツコ&有吉。
マツコ「その時の状況によるわ」
有吉「お前の体調もあるだろうしな!」w

それではこの投稿のトークが終わってしまうので、一応気象条件と時刻を設定して自分たちならどのくらいいられるかを考えてみます。

kanso2

マツコ「せいぜい10分」
有吉「まあ、そうだね。10分いいところだろうね」
青山「…短くないですか」

kanso3
 
 有吉「何に思いをはせるんだよ?」

kanso5

青山「自分の将来のこととか、一緒にいる人のこととか考えたり…」
有吉「それ(星空を)見なきゃ考えられないのかよ。壁でいいだろ、壁で」w
マツコ「金のかかる女だね」

kanso6

マツコ「防寒具はどの程度なの?」
青山「ダウンジャケット…暖かいココア」

kanso7

有吉「結構条件良くなってきてる」w
マツコ「だったら結構いれるよ」

kanso9

猿岩石としてアジアを旅して世界遺産や有名な遺跡を見てきた有吉くんですが、どんなものを見ようが10分が限界だと言います。

kanso8

有吉「インドのタージマハルなんか…1分だったね」w
マツコ「それはさ、あの状況もあるだろ。普通の旅行だったら10分は持つよ」
文無しの過酷な旅では観光どころじゃないw

 kanso10

マツコさんは2時間かけて星空を見に行き、5分で飽きた投稿者はあまりにこらえ性がないのではないかと言います。
確かに5分は短すぎるような気もしますが、興味や過ごしたい時間は人それぞれ、複数で旅に出た時のストレスやケンカはだいたいこういうことが原因になります。
お互い付き合う気持ちがないと、旅は成り立ちません。

kanso11

ここで話題は”10分以上見られるもの”についてになります。
 
マツコさんは何かを見るということではなく、なんでもない田舎の風景のなかで風を浴びながらボーッとする、そういうことなら1時間ぐらいいられるかもしれないと言います。

マツコさんのこのコメントはよくわかります。
ゴチャゴチャした都会に住んでいると、そういう開けた空間の中に身を置いてぼんやりする時間に憧れます。

kanso01

有吉くんは初めてパンダを見たとき、30分以上いたw

kanso13

じりじりと動く大行列の中でマツコ少年が垣間見たパンダw
上野動物園にパンダが初来日したときは連日こんな感じだったようです。

kanso14

マツコさんは水族館なら長期滞在可能。
マグロの回遊をずっと見ていた。

kanso15

洗濯機のなかで洗濯物がぐるぐる回っているのを見るのも好き。
マツコは回るものが好きw

kanso16

有吉くんはゴンズイ玉(ゴンズイという魚の群れ)が好きw
ゴンズイは小魚で普通食べない。
毒のあるヒレがあるので釣れるとやっかい。

kanso17

タカアシガニも好きw

kanso18

マツコさんはクラゲが好き。

kanso19

ペンギンも好き。

kanso20

水族館ものに関しては、私はマツコさんと気が合いそうw

kanso21

水族館シリーズから話は美術館・博物館シリーズへ。

阿修羅像では30分いけなかった有吉くん。

kanso22

マツコさんはルーブル美術館や大英博物館なら、2,3時間滞在可能。
おそらく好きな人なら、数日間費やすのではないでしょうか。

kanso23

1枚の絵を30分以上鑑賞したことがある青山アナ。
マツコ「何でもあるのねぇ」w

kanso24

ウィーンでクリムトの代表作「接吻」を見る。

続きを読む

公務員(23)男性からの投稿、「私には怖くて仕方がないものがある。それは”月”。中でも三日月や下弦の月が一番怖い。周りからは不思議がられるのだが、調べてみると”月恐怖症”というものがあり、自分以外にもいるのだと驚いた。お二人は他人に理解されない怖いものはありますか?」といった内容でした。

kyofusho1

マツコさんはシャワーを浴びていて溺れそうになる。
これはちょっと違うw

kyofusho2

以前出た”共感性羞恥”。
サスペンスドラマ での崖の上での犯人の告白が見られないマツコさん。
そういえば、次週(10月25日)の「マツコの知らない世界」は「2時間サスペンスの世界」。
マツコさんが崖の上の告白をするみたいですw

kyofusho3

昔、長野か群馬の山奥で満天の星空を見たときのことを思い出したマツコさん。
ものすごい量の星を見たときに恐怖を感じたそうです。

kyofusho4

星空恐怖症:満天の星空を見ることができない
500人中23人が該当
(日本不安症学会監修)

kyofusho5

木星など「惑星」が怖い人も
太陽はどうなんだと思ってググったら、「太陽恐怖症」もあるみたいです。

kyofusho6

有吉くんもマツコさんも闇が怖い。
これは普通だと思いますが、若いころわざわざ闇の怖さを再認識していたマツコさん。

kyofusho7

東北の山奥に車で行き、ライトを消して外に出てみる。
車から5,6メートル離れただけで車がどこにあるのかもわからないまっ暗闇。
怖くなって慌てて車に戻る。

kyofusho8

猛吹雪で一面真っ白になった場所でも同じようなことをやったことがあるそうです。

kyofusho9

専門家によると、これは病気ではない。
恐怖と快感を感じる(脳の)部位は実はつながっている。

kyofusho10

 (闇という)恐怖に入りこみ、そこから脱け出すことでストレスを発散したり、満足感を得たりする、そうです。
遊園地にジェットコースターやお化け屋敷があるのも、この理屈で納得。

kyofusho11

月恐怖症は「(月を見て)自分が危険な行動に走るではないか」という不安にかられる。
その話を聞いた有吉くんは自分は「女の尻恐怖症」だと言い出す。
女性のお尻を見ると触ってしまうのではないか、という恐怖w

kyofusho12

却下w

kyofusho13

電車の中で女性を見ると怖い有吉くんw

kyofusho31

後姿の女性は青山アナ?w

kyofusho14

マツコの場合
グランドが密集しているところ→スポーツマンタイプの男子学生がたくさんいる
→自分が危険な行動に走るのではないかという恐怖w

kyofusho15

話が脱線してきたので、元に戻します。

「針葉樹林恐怖症」というのもある。
森の奥から何か出てくるのではないか、という恐怖。
500人中34人が該当。

昔は実際森の中に危険な動物がうようよしていたでしょうから、これはわかります。

kyofusho16

有吉くんは排気口が怖い。
実は「排気口恐怖症」というのもあります。

kyofusho17

目のやり場に困る「脇見恐怖症」。

kyofusho18

ボタンが怖い「ボタン恐怖症」。

kyofusho19

続きを読む

このページのトップヘ