Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:採石場


大館駅前からスタート。

a1

大館の特産品は、秋田音頭にも歌われる大館曲げわっぱ。

a2

秋田県北部盆地の町、大館市。

a3

秋田犬の像。

a4

展覧会で優勝したガッツくん。

a5

秋田犬は海外でも人気あるからね。

a6

旅のお題は「掘れば出てくる”秋田の魅力”とは!?」
最初の案内人は、秋田大学の林信太郎先生。
十和田湖の回でもお世話になりました。

a8

珍しい案内人リレー予告。

a10

林先生が好きなかんらん岩。
地殻の下にあるマントルから採れる岩石。

a11

秋田音頭には秋田の名物が織り込まれている。

a12

さっそく秋田名物きりたんぽ鍋をいただく。

a13

きりたんぽ鍋は比内地鶏でとった出汁が味のきめて。

a14

本郷直喜さん(90)。
比内地鶏の生みの親

a15

比内鶏と比内地鶏は違う。
比内鶏は天然記念物。

a16

本郷さんは比内鶏と他の品種を交配させ、より繁殖力の強い比内地鶏を生み出しました。

a17

続いてタモリさんたちがやってきたのは比内地鶏の養鶏場。

a18

ストレスの少ない環境で育てることが大事。

a19

案内人は養鶏場を経営する千葉忠孝さん。

a20

こちらはひよこゾーン。

a22

比内地鶏のひよこ。

a23

鶏の糞の匂いを消しているのは緑色凝灰岩。

a21

緑色凝灰岩:
火山灰が熱によって緑色に変色して固まった岩石

a24

この石には小さな穴がたくさん空いていて、糞の匂いのアンモニアが穴に吸着する。

a25

ミネラル分が豊富な緑色凝灰岩は畑の肥料にも使われている。

a26

続きを読む

「宇都宮は”東京”に欠かせない町」
その理由とは何か?

a39

タモリさんたちは東武宇都宮駅のすぐ近くにやってきました。

a1

カトリック松が峰教会
昭和7年に建てられた国の有形文化財

a2

東京に欠かせないものとは「大谷石」だった。
大谷石:
宇都宮市の北西部・大谷地区で昭和30年頃から採石されている

a3

ロマネスク様式の教会のアーチ型や紋様は加工しやすい大谷石が向いていた。

a4

東京の街づくりに欠かせない大谷石。

旧帝国ホテル

a5

築地本願寺(塀)

a6

旧国立競技場(土台)

a7

代々木公園

a8

教会内部。

a9

大谷石は内装で使うと暖かい味わいがある。

a10

パイプオルガンの演奏~♪

a13

林田アナは芸大音楽学部卒。

a11

音楽室の壁に穴があるのと同じ原理?

a43

大谷石は音響が良いことがわかり、東京のコンサートホールの内装にも使われ始めている。

a12

続いてタモリさんたちは、市街地から北西に8キロの大谷地区にやってきました。
ここで大谷石の採石場跡を見学します。

a14

ここには大谷石の山があったが、採石してなくなった。

a15

山の残骸。

a16

採石場内部。

a17

調査用の大谷石のサンプル。

a18

大谷石は軽石凝灰岩(軽石を多く含む火山灰が固まってできた岩)なので、軽い。

a20

昭和10年ごろの大谷。

a21

大谷石でガッポガッポw

a22

続きを読む

このページのトップヘ