Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:抹茶









「日本茶の世界」の案内人は、”日本で13人しかいない『茶師十段位』”小林裕さん(43)。

a1

みそ汁感覚で抹茶を飲んでいるマツコ。

a2

抹茶は健康に良い。

a3

日本茶は800年以上の歴史の中で過去最大のブームらしい。

a4

ここで小林さんが言いたいこと。

a5

原料として抹茶の需要は伸びているが、煎茶などを急須で飲む機会は減っている。

a6

マツコが京田辺市を知っていたので驚く小林さん。

a7

地元を知ってもらっているのは嬉しい。
京田辺市は京都市の南。

a8

玉露と抹茶の違い。
抹茶は玉露と同じ茶葉を粉末状にしたもの。

a15

まずは小林さんの茶園(祥玉園)で採れた玉露(特製祥玉・100g/6480円)をマツコに飲んでもらう。

a9

緊張して茶碗をカタカタさせる小林さんw

a13

クセがあるのにカワイイw

a12

小林さんのプロフィール。

a16

少年時代はヤンチャしてた小林さん。

a18

36歳で史上最年少の最高位「茶師十段位」になる。

a17

 過酷な茶師十段への道

段位を決める「全国茶審査技術競技大会」の起源は茶かぶき。
茶かぶき:お茶の種類や産地を当てる競技

a19

茶かぶきは室町時代は公家・僧侶の賭け事だった。

a20

茶かぶきで家屋敷を失った人もたくさん出たので、時の幕府は茶かぶきを禁止。
茶かぶきは昭和初期に競技として復活。

a21

茶かぶきの作法① 茶葉を大量に手に取る

a23

茶かぶきの作法② 息を吹きかけ茶葉の匂いをかぐ

a24

審査会では同じ茶葉を回して嗅ぐ。

a25

最後の方の人はベチャベチャの茶葉を嗅ぐことになるw

a26

マツコの答え合わせ。

a27

「ごこう」と「さみどり」を間違えました。

a28

マツコが好きなさみどりは抹茶に使われる高級品種。

a29

マツコを褒める小林さん。

a30

ボディタッチw

a31

地区予選を勝ち抜いてきた精鋭が茶師全国大会に出場できる。

a32

マツコから全国の親御さんに一言。

a33

たとえ、息子、娘が人の道に外れるようなことがあっても、

a34

更生はできるw

a35

茶師というと、年寄りのイメージがあるが、大会に出ているのは意外と若い人が多い。

a36

味覚や嗅覚は若い方が鋭敏。

a37

大学病院の話。
偉いからといって必ずしも手術が上手いわけではない。

a38

乗っかって高齢茶師をディスる。

a39

さっと突き放すマツコw

a40

続きを読む

向かったのは京都府宇治市。

uji1

辻利兵衛本店の社長、辻伸介さん。

uji2

創業者の辻利兵衛さんは全国に宇治茶を広めた功労を称えられ、平等院の門前に銅像が立つほどの有名人。

uji3
 
歴史ある茶問屋の自慢の茶畑。
覆い茶園というそうです。

uji4

 高級な抹茶の茶葉は収穫60日前から日光を遮る覆いをかけて栽培します。

uji5
 
これにより葉緑素が増え、葉は濃い緑色に。
渋みのもとになるカテキンの生成が抑えられるそうです。

uji6

 生で食べても苦みはまるでない。

uji8
 
京都人の「都」には敏感に反応する番組スタッフw

uji17

摘んだ茶葉は乾燥させ

uji9

細かく切断して、茎や傷んだ部分を取り除きます。

uji10

 また乾燥させ

uji11
 
石臼でひきます。

uji12
 
粒子の大きさは約10ミクロン。

uji14

石臼のスピードを上げると摩擦熱で風味が損なわれるので、1台で1日に300gが限界。

uji15

こうして出来上がったのが宇治の高級抹茶。

uji16

社長「宇治でもどうどすか?」

uji18

宇治はお茶の代名詞なんだそうです。

uji19
 
社長に悪気はないと思うけど、相手が悪いw

uji20
 続きを読む

会社員(31)男性からの投稿、「自分は抹茶味のお菓子が好きだが、小豆の入った抹茶味の菓子(ケ-キ、和菓子)が許せない。抹茶の味だけを楽しみたいから、小豆は入れないでほしい」、という内容でした。

mach2

私は砕いたナッツが入っているチョコが好きでないのですが、たぶん、それと似た感じでしょうか。

抹茶味の菓子については、マツコさんと同意見で、なぜケーキでもアイスでも、お菓子に抹茶味があるのかが不思議です。
それでも投稿者のような抹茶ファンが少なからずいるのでしょうね。

macha1

抹茶自体は好きですし、かき氷の中では宇治金時が一番好きです。
でも、それ以外の抹茶系の食べ物には手が伸びることはまずありません。
 
先日テレビを見ていたら、外国人観光客のお土産特集をやっていて、彼らに人気のお土産は日本のお菓子なんだそうです。
それも和菓子ではなく、普通の製菓メーカーが売っているお菓子。
中でも人気ナンバー1はキットカットの抹茶味なんだそうです。


日本にしかない、和の味ということなのでしょうか。

ということで、これは好き嫌いの問題ですから、抹茶の小豆が気にいらないならスイカの種みたいに抹茶のお菓子から小豆をほじくりだすか、小豆の入っていない抹茶菓子を捜すしかないのではないでしょうか。

ところで、先週遊びに来た友人にお土産になぜか甘納豆を頂きました。
細長い箱に、砂糖をまぶした小豆がぎっしり詰まってます。
甘納豆にこんなに向き合ったのは初めてです。
少しずつ食べてますが、正直持て余しています。
ホットケーキにでも入れてみようかしら…。

【抹茶スイーツ/ロール】抹茶ろふる/楽天ランキング1位続々獲得の人気抹茶スイーツ!【ギフト】【MATCHA SWEET】【MATCHA】【JAPANESE GREEN TEA】
【抹茶スイーツ/ロール】抹茶ろふる/楽天ランキング1位続々獲得の人気抹茶スイーツ!
 

このページのトップヘ