Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:御師


富士山最大の玄関口はどうできた?①の続き

廊下の壁面に隙間なく飾られた額。

sanroku1

神楽を奉納した記念の額(奉納額)です。
神楽:富士山の神様に喜んでもらうため、富士講の人々は浅間神社で神楽を奉納した。

sanroku2

弁当箱。
富士登山当日、富士講の人々に弁当を持たせたそうです。

sanroku4

奥さん「今はセブン…いろいろコンビニがありますけれど…」w

sanroku3
 
富士登山の衣装。
サイズぴったりでしたw

sanroku5

代々伝わる御師が配るお札を刷るための版木。

sanroku6

タモリさんが刷ってみます。

sanroku7

口から出まかせw

sanroku8
 
タモリさんが汗だくになって刷り上げた一枚。

sanroku9
 
富士山の神様たち。

左の木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)は安産・火防、富士山の女神。
右はご主人の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)。

sanroku10

瓊瓊杵尊の道案内をした猿田彦大神。
猿田彦大神をまつる神社は全国各地にあります。

 sanroku11

富士山は60年に一度の庚申(かのえさる)の年に生まれたという伝説があります。
このお札は1860年(庚申の年)に特別に作ったものだそうです。

sanroku13
 
 この版木を彩色して軸装したもの。

sanroku14

1860年は60年に一度のご利益を求め、たくさんの人が富士山に登りました。
この年の宿泊者名簿は通常の年の名簿と比べ厚みが段違い。

sanroku15

夫婦で来ている。

sanroku16

江戸時代、女性は2合目までしか登ることができませんでしたが、1860年は上文司さんら御師が音頭をとって女性ももっと上まで登れるようにしたのだそうです。

sanroku17

御師宅の庭の滝で禊をするタモリさんw

sanroku18

上吉田の町と浅間神社はまっすぐつながっていない。

sanroku19

その理由を探るため、上文司さん宅の敷地の奥へ。

sanroku20

高低差のある地形は富士山の特殊な自然現象が生み出したもの。

sanroku21

雪代:雪が溶け土砂とともに土石流となって流れ下る現象

sanroku22

この雪代による浸食で富士山に谷が刻まれます。

sanroku23

富士山の中でも浸食されやすい場所が吉田大沢。
上吉田の町は吉田大沢から麓まで続く2本の谷に挟まれた場所にあります。

sanroku24
 続きを読む

山梨県・忍野村からスタート。

yosida1

 天気が良ければ、バックに富士山が見えていたはず。

yosida2
 
背後の池は、富士山の伏流水。
タモリさんは忍野八海と言っていますが…。

yosida3
 
今回のテーマは「富士山最大の玄関はどうできた?」。

yosida4
 
案内人は、ふじさんミュージアム学芸員の篠原武さん。
これまで富士山に30回以上登ったことがあるそうです。

yosida5

富士登山者の6割は山梨側から登っている。
なぜなら、山梨側の「吉田ルート」は山小屋がたくさんあって初心者でも安心して登れるから。
 
yosida6

江戸時代も山梨から富士山に登る人が多かった。

yosida7

富士講:富士山への信仰登山のために組織された集団

yosida8

江戸八百八町に八百八講と言われるほど、江戸時代に富士講が大ブームになりました。 

yosida10

忍野八海と冨士講は大きな関係があるが、後ろの池は忍野八海ではない。
昭和になって新たに整備されたもの。

yosida12

本物の忍野八海の一つ”湧池”にやってきました。
ところで、なぜ忍野八海は世界遺産になったのか?

yosida13

忍野八海は富士講の人々が禊(身を清める)をした池だった。
富士信仰の資産の一つとして世界遺産に登録されました。
忍野八海:江戸時代に富士講の人々が禊をした8つの池。

yosida14

八つの池(出口池、御釜池、底抜池、銚子池、湧池、濁池、鏡池、菖蒲池)は江戸時代に選ばれました。
忍野八海は富士講の人々を呼び込む町おこしとなりました。

yosida15
 
「吉田ルート」の入り口の町、 富士吉田市の吉田町。

yosida16

富士山最大の玄関口は、北口本宮富士浅間神社が起点。

yosida17

タモリさん一行が向かったのは、忍野八海の西にある富士吉田市。

yosida18

富士山に登る人が最も多い吉田ルートの起点の町。

yosida19

富士山”一の鳥居”。

yosida20
 
天気が良ければ、後ろに富士山が見えます。

yosida21

続きを読む

先週に引き続き、丸岡宗太夫邸から伊勢後編スタート。

isema2

江戸時代に丸岡家に泊まった参拝客の道中記が、3年前江東区で発見されたそうです。

isema3

文化6(1809)年の牧野家の道中記と同年の丸岡家の記録を照らし合わせれば、お伊勢参りの実態を知る手掛かりになるはずです。

isema4

記録によると参拝客の牧野家(総勢17名)はお神楽を鑑賞しています。

isema5

江戸時代はお神楽を外注して御師邸の神楽殿で奉納することができたそうです。

isema6

牧野家が頼んだのは「大々神楽」という最高ランクの神楽。
間に飲食タイムも挟みながら6時間ぐらいやったそうです。

isema7

舞子は今で言えば、E-girls?w

isema8

参拝客に供された300年前の食事が特別に再現されました。
煮物、なます、刺身、鯛、アワビなど全12品。

isema9

鯛のお刺身は煎󠄀り酒で食べます。
煎󠄀り酒:酒に梅干しなどを加えて煮詰めた調味料

isema10

近江「鯛の味がしました」
アナウンサーとは思えないシンプルすぎる食リポw

isema11

牧野家のお伊勢参りは5泊6日で17名。
お神楽も案内もお土産もすべて込みで60両。
今の貨幣価値では600~1000万円!

isema12

御師丸岡家はウハウハと思いきや、同じ年に25両借金している記録がありました。
御師業もたいへんだったようです。

isema13

さらに記録によると、牧野家は古市という場所に行ってます。
夫婦は夜丸岡邸に帰ってきたが、他の者の行方がわからない。 
 どこに行った?

isema14

内宮の門前町宇治と外宮の門前町山田をつなぐ街道には尾根があり、そこにあるのが古市という町。

isema15

古市にやって来たタモリさん一行。
聖があれば、俗がある。

isema16

古市は江戸時代遊女1000人を超える大歓楽街でした。
遊郭のほかに芝居小屋や料理旅館も建ち並び、女性も楽しむことができた娯楽の町でした。

isema17
 
江戸時代創業の老舗旅館「麻吉」
建物は国登録有形文化財です。

isema19

縣(かけ)造り:傾斜が急な崖や渓谷の上に建てる建築様式
清水寺本堂などが有名

isema20
 
「麻吉」の最上階(5階)を目指します。

isema21
 
最上階の座敷。

isema22

最上階からの景色。

isema23
 続きを読む

タモリさん一行が内宮の入り口に戻ったところで、新しい案内人が待っていました。
中京大学文学部の学芸員の千枝さんです。

gegu3
 
伊勢神宮には内宮と外宮があり、内宮の門前町を「宇治」、外宮の門前町を「山田」と呼ぶそうです。

gegu2
 
衣食住の神様、豊受大神(とようけのおおみかみ)を祀る外宮の門前町「山田」は、内宮の門前町「宇治」の約8.4倍の面積があります。
 
gegu4

一行は外宮に移動。

 gegu5

江戸時代の絵図を見ても、山田が規模の大きな門前町だということがわかります。

gegu6
 
実はこの絵図の中に、江戸時代の伊勢参りに欠かせない重要なキーマンがいます。

gegu7
 
赤い枠で囲ってあるのが御師(おんし)の家。

gegu8
 
「御師」とは何?

gegu9
 
伊勢御師:全国を回りながら伊勢信仰を広めたり、参拝者の宿泊・観光などの世話をした神職

gegu10
 
御師こそ門前町発展のキーマン。
外宮には最盛期に611軒の御師の家があったそうです。

御師は今で言えばコンシェルジュ?

gegu11
 
当時のお伊勢参りのルートを体験するために、一行は外宮近くを流れる川(宮川)に移動します。
 
gegu12

 江戸時代の絵図を見ると、宮川には”渡し”と書かれています。

gegu13

橋が架けられたのは明治以降。
江戸時代は伊勢に入るためには舟で川を渡らなくてはならなかった。
 
gegu14

当時の渡し場の絵をみると、同じ衣装を着た人たちがいます。
これは伊勢講と呼ばれる、同じ信仰を持つ団体さん。

gegu15

この絵は江戸時代に流行した”おかげ参り”を描いたもの。
おかげ参り:式年遷宮後に参拝すると恩恵があるといわれ、江戸時代60年に一度起きた大ブーム
 
3~4か月で500万人が川を渡ったと言われています。

gegu16

川を渡った先にあるのが中川原という町。

gegu17

ここで参拝者を出迎えてくれたのが御師の部下。
ここから御師による参拝者のおもてなしが始まるわけです。

gegu18

御師の部下の案内で町中に移動。

gegu19

今はマイナーな通りですが、江戸時代はメインの道

gegu20

続きを読む

このページのトップヘ