Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:後編

大阪環状線ツアー後編です。

okt3
 
ターミナル駅の天王寺駅。

okt1
 
天王寺駅といえば、阪和線(天王寺駅~和歌山駅)。

okt4

関空特急はるかとすれ違う。

okt2
 
大和路線(加茂駅~JR難波駅)を飛び越えて新今宮駅に入ります。

okt5
 
天王寺公園、スパーワールドを通り過ぎ、

okt6
 
通天閣が見えてきます。

okt7
 
新今宮駅。

okt8
 
新今宮駅の発車メロディはドボルザークの「新世界」。
駅近くの繁華街「新世界」にちなんで選ばれたのだそうです。

okt9

大阪城公園駅の発車メロディは大阪城にちなんで、法螺貝の音。

okt10
 
 桜ノ宮駅は大塚愛の「さくらんぼ」。

okt11
 
特急くろしお289系(京都・新大阪~和歌山・紀伊田辺・白浜)と大阪環状線ですれ違う可能性もあるそう。
 
okt12
 
南田「小田原から来た東海道線が山手線一周して品川行きみたいなもんです」
一同「エー!」
鉄道マニアの驚きのツボにほんこんバカ受けw

okt13
 
大和路快速(大阪環状線~奈良・加茂・五条)とすれ違う。

okt14

 大正駅に到着。

okt15

タモリさんにあいさつされて笑顔の一般人。

okt16

先ほど言っていた特急くろしお289系とすれ違う。

 okt17

西九条駅手前。
左から貨物線、JRゆめ咲線(桜島線)、環状線(内回り)。

okt18
 
停車している「ハリー・ポッター」ラッピング列車(JRゆめ咲線)。
1月14日スネイプ先生没 合掌。

okt19
 
左の梅田貨物線を京都・新大阪~関空・南紀方面の旅客列車も使用しています。

okt20

野田駅を通過し、環状線最大のターミナル大阪駅へ。

okt21

運が良ければサンダーバード、スーパーはくと、はまかぜ、こうのとり、サンライズエクスプレスなどの特急が見られます。

okt22

残念ながら特急は見られず大阪駅通過。
次は天満駅。
天満駅には南北2.6キロに及ぶ天神橋筋商店街があります。

okt24

天神祭りにはギャルみこしも出るそうです。
ただし、全員ギャルというわけではないw

okt25

天満駅の次は桜ノ宮駅。
造幣局の桜の通り抜けは春の風物詩。

okt26

続きを読む

幼い頃に見た赤く染まる夜空の源を見たくて、 JFEスチール東日本製鉄所千葉地区(旧川崎製鉄)の見学を志願したマツコさん。

 jef1

前回(6月11日放送)は、溶鉱炉の外観を見て(内部は危険なので見学できません)、

jef5

転炉(巨大な鍋で溶けた鉄を窯に入れる)を見学。

tetu5

さらに、不純物を取り除いてできた鋼を適当な長さにカットする連続鋳造を見学しました。

今回は熱間圧延を見学し、さらに社員の独身寮にも潜入します。 

熱間圧延は鋼の塊(スラブ)を薄く延ばしてロール状に巻いていく工程です。
この工程の工場は600mにも及ぶそうです。
鋼は様々な商品に加工されますが、JFEスチール千葉地区では薄板を多く生産しているようです。

jef6

1200℃に熱せられた鋼鉄がローラーで薄く延ばされてゆきます。
熱い鋼鉄は同じローラーを何往復もしたり、いくつものローラーを通されたりして徐々に薄く延ばされます。
最終的にはお客さん(注文主)の要望するサイズの製品となって完成します。
最長で2~3㎞、厚さ約1ミリの製品に加工できるそうです。

jef7

600mに及ぶ鋼鉄を薄くする工程は、モニタールームで監視しながら操作しています。

jef9

マツコさんは勤続45年の旧川鉄時代から働いている鉄鋼マン、山口さんと対面。
マツコさんは撮影中製鉄所で働く人間は塩をなめながら働いていたという話を何度もしていましたが、実際にそうしていたことを山口さんから確認できて、とても喜んでいました。

工場のミーティングにもお邪魔して女性社員とも言葉を交わします。
まだ18歳の新入社員だそうです。

jef8
 
薄板になった鋼鉄は最終的にはこのようにロール状に巻かれます。

 jef10

製鉄所の見学を終え、バスでいったん見学センターに戻ります。
見学センターでは自社製のスチールを使った缶コーヒーを振る舞われます。

jef3

CMに使えそうなマツコの一服。

続きを読む

先週の続きです。

今週は小手指車両基地から、池袋へ回送電車を運行。 

 sebuike1

貸切車両も黄色い6000系にチェンジ。
本来ブルーの車体を黄色にラッピングした特別仕様です。

sebuike3

メンバーも先週と同じ。
メガネ率が異常に高いw

sebuike2
 
黄色い6000系の記念すべき初乗り。
2016年3月まで運行するそうです(黄色い6000系は1編成のみ)。

 sebuike4

この電車は他の路線にも乗り入れるので、横浜の方まで行くらしい。
黄色い西武電車が横浜へ…。
地味に夢のようだ。 

 記念すべき出発を前に、いくつかセレモニーをこなします。
まずは、 「ラッピング作業をお手伝い」。
 
 sebuike5

へらで空気を抜きながら貼るのですが、これがなかなか難しい。
タモリさん悪戦苦闘。

sebuike6
 
 プロに手伝ってもらいながら、なんとかラッピング終了。

sebuike7
 
続いては「テープカット」。
端でテープを持つ人(2名)とテープをカットする人(3名)をジャンケンで決めます。

sebuike8
 
うまいこと地味な二人(土屋、南田)がテープ持ち役になりましたw 

sebuike9
 
続きまして、六角精児さんの新曲「西武鉄道の歌」披露。

sebuike10
 
池袋駅のかき揚げ蕎麦と本川越駅前のホワイト餃子は旨いそうですw

sebuike11

 次は車内に移動して、中吊り(広告)設置のお手伝い。
 
sebuike12
 
10号車の先頭に番組オリジナルの中吊りも設置しました。 

sebuike13

アップにするとこんな感じ。

sebuike14

続きを読む

このページのトップヘ