Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:川島明


世界一の人口といえば、やっぱり中国で、だいたい世界の4人に一人が中国人、こういう状態になっております。

a1

ゲストはロン・モンロウさん、鈴木浩介さん、

a2

川島明さん。

a3

焼き餃子や天津飯が日本独自の中華料理であることは有名な話ですが…

a4

同様に世界各地でもその国の文化に融合したその国独自の中華料理が生まれているそうです。

a5

近年、そんな世界のご当地中華を食べられるお店が日本で急増中。

a6

そこで今回は東京浅草橋にある老舗中華料理店、中華楼を舞台に世界の中華料理を堪能します。

a7

タイトル。

a8

ロン・モンロウさんは中国湖南省(今話題の)出身。
湖南省の料理は四川よりも辛いらしい。

a9

謎の老人登場。

a12

西葛西にあるインド料理店、「カルカッタ」のオーナー、チャンドラ二さん。

a11

インドにはインド中華がある。
日本語達者。

a13

なにせインドと中国は数千年のつきあいがある。

a14

中華鍋を使う。

a15

タマネギ・ショウガ・ニンニクを炒める。

a16

トマトとタマネギのミックスソースを加える。

a17

チリソース適宜。

a18

インド醤油適宜。

a19

カリフラワー。

a20

水溶き片栗粉。

a21

完成。

a22

ゴビマンチュリアン。
ゴビはカリフラワー
マンチュリアは満州。
満州風カリフラワー。

a23

タモリ「辛くて口内炎にしみる」

a25

ロン「ぜんぜん辛くない」

a26

お好みで唐辛子ソースを足します。

a27

国境が隣接していたインドと中国は、インドがイギリス領だった150年前にコルカタ(カルカッタ)にチャイナタウンが誕生。

a30

最盛期には2万人以上の中国人が暮らし、独自の中華料理が生まれた。

a29

中華料理はインド東部・北部でよく食べられている。

a31

ワールド中華フェス、2カ国目はアメリカ。

a32

麻布十番にあるアメリカ料理店、「ブルージャム」のシェフ、ジェームスさん。

a33

ジェームスさんが調理して、鈴木浩介が実況中継。

a34

中華鍋にペースト状のニンニク・ショウガを投入。

a35

唐辛子と砂糖も投入。

a36

オレンジジュース。
アメリカが攻めてきたw

a37

続きを読む


今日は、新装になりました新国立競技場内部を特別に行ってみたいと思います
(ウソ)。

a1

ゲストは川島明さん、

a2

井上咲楽さん。

a3

今回のテーマはきのこ。

a4

きのこマニアの方々からディープなウンチクを聞きながら、珍しくて美味しいきのこを味わいます。

a5

タイトル。

a6

群馬県野生きのこ同好会の面々。

a7

珠生ちゃん、真里奈ちゃんの山田姉妹。

a8

会長の大井俊一ちゃんw

a9

会長「私が(二人に)美味しいきのこを食べさせている…フフフフ」
川島「発言的に大丈夫なんですか」w

a10

こちらは左から博士、きのこ問屋、きのこ切手コレクター。

a11

きのこ問屋は正確に言うと元きのこ問屋。
今はIT系に転職。

a12

きのこ切手コレクターの石川さんは、きのこ切手の回に続き2回目の出演。

a13

きのこ切手コレクションも着々と増え続けている。

a14

本日の主役「きのこ鍋」。

a15

具材はきのこ100%。

a16

これは何?

a17

ササクレヒトヨタケ。
栽培されているきのこ。

a18

同じ属のきのこは糞の上に生えるが、これは例外的に草地に生える。

a19

スーパーなどに卸すことはあまりないが、きのこ薬膳鍋を出す飲食店などでは喜ばれる。

a20

ブルガリアにササクレヒトヨタケの切手がある。

a21

世界で一番発行されているきのこ切手はベニテングダケ。

a22

ササクレヒトヨタケは76種類発行されている。

a23

ニョキニョキ成長するササクレヒトヨタケ。

a24

あっという間に枯れる(?)。

a25

ササクレヒトヨタケは自己分解酵素を持っており、自分で自分を溶かしてしまう。

a26

黒くなった部分が胞子。
雨で流れ、別の場所で繁殖する。

a27

ササクレヒトヨタケの生態に食いついた山田姉妹。

a28

試食タイム。

a29

大きめのエノキみたいでおいしいらしい。

a30

山田姉妹は可愛いので特別に試食w

a31

井上咲楽が選んだきのこ。

a32

トキイロヒラタケ。

a33

色が朱鷺の羽色に似ているのでそう名付けられたらしい。

a34

鍋に入れる前のトキイロヒラタケ。

a35

みんなのうんちくを聞いてから食べるルール。

a36

自然のものは色が鮮やか。

a37

うま味が濃い。

a38

続きを読む

現場の状況。

a45

邪魔な木の根をノコギリで切る。

a46

木の根が取れて、根石がキレイにハマる。

a47

集めたぐり石を渡す。

a48

根石がぐらつかないように、まず手で根石の下にぐり石を差しこむ。

a49

残りのぐり石は勢いよく根石の奥に放り込む。

a50

放物線を描くような投げ入れ方はNG。

a51

2段目以降の石は、2つ以上の石で支えるように積む。

a52

タモリも石積みに挑戦。

a53

石橋がぐり石の差し込みを忘れ、ぐり石を全部放り込んでしまう。

a54

コミュニケーションをとりながら石積み作業を進める。

a55

2段目まで完成。

a56

ここで休憩タイム。

a57

バンド名の由来。
最近の音楽シーンはCDが売れず、物販が主な収入源になっている。

a58

もはやバンドではなく、ヤバイTシャツ屋さんw

a59

というのは後付けで、先輩が言った「ヤバイTシャツ屋さん行きまーす」の一言から拝借w

a60

四千頭身は漫才「石積み」をアンコール。

a62

すべったネタをもう一度やるという罰ゲームw

a63

続きを読む

今日は国立(くにたち)音楽大学に来ています。
国立(こくりつ)と書くので、国立の音楽大学と間違える人がいますけど、私立の音楽大学、というお話。

a1

ゲストは音楽家の菊地成孔さん、

a2

麒麟の川島明さん。

a3

今回の主役は最大・最低音の金管楽器ながら注目度が最も低いチューバ。

a4

そんな現状を変えようと立ち上がったのが、国立音楽大学のチューバ専攻の学生たち。

a5

無謀にもチューバだけのオーケストラを結成してしまったのです。

a6

タイトル。

a7

さっそくあいさつ代わりに歌劇「カルメン」前奏曲。

a8

チューバオーケストラの「カルメン」を聴いた感想。
タモリ「曲がわかる」w

a10

川島「すごい太ったヤツのカルメンみたいな感じでしたね」w

a9

チューバ研究室室長4年生 山里音(ひびき)さん。
音楽家になるために生まれたようなお名前。

a11

楽団名は「BOTTOMS」。

a12

昔は(チューバに)女性はいなかったが、今は男女半々ぐらい。

a13

全員で23人。
今日は20人来ている。
タモリ「3人がタモリ倶楽部出るの嫌だって…」w

a14

チューバの基礎を学ぼう。

a15

一般的なオーケストラでは、チューバは右端後部にいる。

a16

顔が見えない。
チューバから足が生えているように見える。

a17

チューバばっかり、チューバッカw

a18

山里さんのチューバは120万円。

a19

彼女のチューバが最も高く250万円。

a21

一番安い59万円のチューバ。

a22

タモリと菊地がチューバに挑戦。

a23

適当に吹きまくるw
最初から音が出るのはさすがトランぺッター。

a24

チューバー意識調査。

a25

ルール:共感したら楽器を吹く

a26

チューバ専攻3年 田村相円さん。
ほんとうはトロンボーンがやりたかった。

a27

小学校の時に吹奏楽部に入って、トロンボーンを希望したのにチューバをやってほしいと言われた。
チューバが嫌で泣いたw

a28

チューバ専攻3年 田中美慧さん。
小学生の時ブラスバンドをやっていて、トランペットをやりたかった。
練習したがトランペットの音がなかなか出ず、チューバを体験で吹いたらすぐ音が出ちゃったw

a29

チューバ専攻4年 岡本友里さん。
ほんとうは小さくて可愛いフルートをやりたかった。
でも音が出ず、最後の最後に出会ったチューバの音が出ちゃったw

a30

チューバ専攻2年 中江基希さん。
中学の吹奏楽部に入部した時に第5希望にチューバと書いてしまった。
第5希望にチューバと書いたのは自分だけだったw

a31

続きを読む

今日は池袋に来ているが、池袋といえば、毎年西口公園でカレーフェスティバルが行われているそう、というお話。

a1

ゲストは鈴木浩介さん、マキタスポーツさん、川島明さん(麒麟)。

a2

今日はこちらに行きます。

a3

無印良品の約7000点の商品の中で、3年連続売上数量1位のものは、

a4

年間300万食を売り上げるバターチキンカレー。

a5

これに味を占めたのか、無印良品ではレトルトカレーが大増殖中。
現在30種以上のレトルトカレーの品揃えがあります。

a6

SNS上ではもはや無印良品=カレー屋。

a7

今回無印カレーの秘密が、カレー開発担当によって明らかにされます。

a8

タイトル。

a9

無印良品のレトルトカレー。

a10

タモリ「これだけで脅迫状作れる」w

a11

まずは人気№1のバターチキンをいただきます。

a12

タモリ「あ、おいしいですね…本格的な」
鈴木「あーコクがありますねぇ」

a13

バターチキンは4回リニューアルしている。

a15

最初はバター感が強いものだったが、現在はカスリメティというハーブを入れている。

a16

カレー担当者はバターチキンを超える商品を産み出すのが使命。

a17

打倒バターチキンでカレーの種類が増加した?

a18

マキタ「たけし軍団と同じ。たけしを超える人はいない」
そのたとえは違うw

a19

ここからバターチキン以外の気になったカレーを試食します。

a20

タモリ「カレーはチキンに限る」

a21

レコード屋でレコードを探す人w

a22

キーマ。
ご飯に合うよう少しとろみがついている。

a23

カレー開発担当者は一人。

a24

橋本さんが初代担当。

a25

現行商品32種のうち30種を手掛けた、いわば無印カレーの母。

a26

遠藤さんが半年ほど前にカレー開発担当を引き継ぐ。

a27

学生時代から無印良品の文房具が大好きだった遠藤さんは、文具担当からカレー担当へ異動。

a28

スープカレーは橋本さんと遠藤さんの共作。

a30

タモリ「あ、おいしいよ、これ」
鈴木「スパイスメチャメチャきいてますね」

a31

具材のごろごろ感を出すために、スープとは別に具材を入れている。

a32

続きを読む

このページのトップヘ