Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:山里亮太

たまにやる不定期番組、今回は2ヶ月ぶり3回目の放送です。
心に闇を抱えるMC4人が様々な提案を世の中に投げかける提案型バラエティ。
2回目を見た時レギュラー番組だと思ったのですが、いろいろな事情でたまにやる番組になっているようです。

● 若林正恭の提案:「笑い屋」のデリバリーを作る

若林さんは日本アカデミー賞の授賞式で大スベリをしたらしく、あの時プロの笑い屋の仕込みがあれば…と痛感したそうです。
若林さんがアカデミー賞でスベッた時のVTRが流されましたが、確かにきれいにスベッてましたw
スピーチの最初のツカミがスベッたので委縮したのでしょう、司会の西田敏行さんからゆる~いパスが来たのに完全にスルーしてしまいました。
場違いな状況で笑いを期待される芸人さんのプレッシャーはかなり大きそうです。

実際笑い屋さんは実在していて、スタジオには3人の笑い屋さんが登場しました。
普通のオバサンたちなのですが、テレビ局の要請があれば番組の観覧席に仕込まれるそうです。
プロなので、ディレクターのキューで小笑い、大笑いなどの調整が可能です。

若林さんの話によれば普通の人はあまり声を出して笑わないのですが、こういう笑い屋さんが大声で笑うと、それが呼び水となって声を立てて笑うのだそうです。

確かに私の場合、一人でテレビを見ている時に声を立てて笑うのはよっぽどの時です。
たいていは面白いと思ってもちょっとニヤッとする程度です。

バラエティ番組などは共演者も皆協力して、他の共演者の冗談に大げさにウケてたりしている事があります。
若林さんが日本アカデミー賞のような孤立無援の場所で笑い屋さんをデリバリーして仕込みたいという気持ちはよくわかりました。

● バカリズムの提案:「早炊き」を「炊飯」、「炊飯」を「じっくり」に

バカリズムさんは炊飯器の早炊きをよく使うそうですが、早炊きには「味はどーでもいいから、早く米を食わせてくれ」というネガティブなイメージがあってイヤなんだそうです。

リモコンボタンから「巻き戻し」が消えて、「早戻し」になったのはビデオテープが使われなくなった現状からすればもっともなことですが、炊飯器はどうなんでしょう。
言葉を変えても、機能が同じなら意味がないような気がします。

考えてみると時間がない時でも、「早炊き」を使ったことがありません。
早炊きにすると味が落ちるのでしょうか?
今度「早炊き」を試してみたいと思います。

● 本田翼の提案:「ご飯をシェアしなくてすむ方法」を考えてほしい

この問題は他の番組でも取り上げられていましたが、「一口ちょうだい」はやりたい人同士でやってください。

本田さんは飲み会なども苦手だそうでうまく断る方法をMCの皆さんに聞いていました。
若林さんは帰りたくなったら洗面所などで体をびしょ濡れにして、「俺はダメだー!」と叫びながらその場を脱出するそうですww
一見良さそうな方法ですが、後々ダメージが残りそうです。

他に「親知らずを抜く」、「冷蔵庫が来る」という断り文句も出ましたが、断り方は結局その人らしさがないとうまくいかないような気がします。

本田さんのように一見人づきあいが良さそうで、実は一人で漫画読んだり、ゲームしているのが好きというタイプは苦労しそうです。

● 坂上忍の提案:テレビ局は月1回何も放送しない日を作る

確かにテレビ局のADさんは徹夜は当たり前で24時間働いているイメージがあります。
マスメディアがブラック企業や過労死問題を弾劾する立場にあるなら、率先して労働環境の改善に取り組むのがスジでしょう。
出世すれば楽できる局の社員はまだしも、下請けのプロダクションなどはたいへんそうです。

● 山里亮太提案:「私ドS」という女性は女王様に弟子入り

山里さんに言わせると自称ドSという女性は単に性格が悪いだけで、人を責める言葉のボキャブラリーが貧弱なんだそうです。

ここから山里さんは自分がSМクラブに行った時の体験談をします。
「裸になって荒縄で縛られて吊るされるわけです…女王様が大きなロウソクを持って下から炙るわけです、チリチリチリ…」

若林さんとバカリズムさんはお腹をよじって笑っていましたが、坂上さんは「山ちゃん、(そんなことを言って)大丈夫なの」と真面目に心配していました。

山里さんとしては女王様の気の効いたセリフを紹介したかったようですが、SMの場面描写の時点で観覧客と坂上さんをドン引きさせてしまいましたww












 

火曜深夜(23:59~0:54)から始まった新番組です。

レギュラー出演が坂上忍、バカリズム、オードリー若林、山里亮太という、なかなか強力な4人体制です。
この4人が世間に様々な提案をし、それについて語るという番組です。

4

最初の若林さんの提案は「居酒屋にもう帰るボタンをつけよう」というもの。

自分はそろそろ帰りたいけど、雰囲気を壊したくないので「帰る」とはなかなか言い出せない。
そこで、テーブルの下にボタンをつけておいて、帰りたくなったら押す。
帰宅希望者が過半数を超えると、厨房前あたりのランプが点灯して店員がラストオーダーを取りに来るというシステムです。
 
なかなか良いシステムのようですが、これが必要になるのはおそらく縦関係の飲み会ですよね。
上司とか先輩のいる飲み会。
遺恨を残しそうです。
あの時誰がボタンを押したかとか、粘着質の上司ならあとで探索しそうです。
それに下手をすると、乾杯の前にラストオーダーになるかもしれませんw

次の山里さんの提案は「王将で8秒箸を止めたら退席」という提案です。

要するに王将のような回転率勝負の店では、さっと食ってさっと帰れ、という話です。
昼時ならわかりますが、夜の王将はビール飲みながら結構まったりしているお客さんもいますね。
この件について王将からの回答も「お好きなペースでお食事を楽しんでください」ということでした。
本音を言えばどこの飲食店も、そして待っている客も、ささっと食べて、とっととケツ上げてほしいに決まってます。

ousho
 王将のから揚げ


3番目はバカリズムさんの「性教育で実技を教えるべき」という提案でした。

特にデートのお食事からどうやって、エッチまで持っていけばいいのか教えてほしい、ということでしたw
昔は週プレやポパイが教科書でしたが、今はネットなんでしょうか。
坂上さんはエロ漫画で学んだそうですが、女性器が貝で表現されていたので、未だに貝が食べられないそうですww
繊細な人だなぁ。

yokoyama
ちなみにこの”貝”漫画を描いていたのは同級生のお父さんでしたw
真面目な青春物を描いていたころは、家の中が返本の山でした


その繊細な坂上さんの提案は「謝罪会見の時は芸人をつけよう」というものでした。
会見に縁がない庶民にはピンとこない提案ですが、有名人はいろいろ考えてしまうのでしょうね。

でも、仮に佐村河内さんや野々村さんの会見に芸人がついていたらどうにかなったものでしょうか。
そもそも本人たちの方がずっと面白いので、芸人さんはとても太刀打ちできないと思います。

samura

火曜のこの時間帯はこれといって面白い番組がないのでこれから期待したいと思います。


天才になりたい (朝日新書)
山里 亮太
朝日新聞社
2006-11






 

このページのトップヘ