Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:山崎武司









トヨタの名車をバンバン乗り回したい

a1

欲望を叶えるのは、愛知が生んだ本塁打王、山崎武司さん。
山崎さんは球界きってのカーマニア。
車は6,70台買ったが、プロ野球選手になって最初に買ったソアラが一番嬉しかった。

a2

サポートするのはトヨタオールドカークラブの杉山泰成さん。

a3

最初の車は1965年発売トヨタスポーツ800。
通称ヨタハチ。

a4

現在の市場価格は300万円以上。

a6

ルーフが取り外せる。

a5

山崎さん試乗。

a7

ヨタハチを野球選手に例えると、小さくて足が速い高木守道選手。

a8

次は1964年発売トヨタクラウンエイト。
当時のトヨタの最高級モデル。

a9

現在の市場価格は約500万円。

a12

試乗。

a10

野球選手に例えると、張本勲選手。
成功者が乗る車。

a11

勢ぞろいしたトヨタの名車たち。

a15

1965年式トヨペットコロナRT40.。

a13

ナンバープレートの裏が給油口。

a14

1976年式トヨタセリカリフトバック。
市場価格約300万円。

a16

1979年式トヨタカローラGT。

a17

1987年式トヨタスプリンタートレノAE86
市場価格約200万円。

a18

トレノで爆走する山崎さん。

a19

ラストの名車はトヨタ2000GT。

a20

1967年発売 トヨタ2000GT

a22

生産台数337台。

a23

続きを読む









ホームランバー生活27日目、ついにバーは568本集まる。

h5

いよいよバット作り。

工程① バットの長さになるまでバーを互い違いに組み合わせる

h4

工程② 板状になったバーを重ねて棒状にする

h6

工程③ 仕上げにグリップをやすりで削る

h7

バット完成。

h8

仕上がりは上々。

h9

自信を見せる「板橋の怪物」。

h10

ついにその日を迎える。
球は軟球をチョイス。

h11

記念すべき第一球は、ショートフライ。

h12

バットは折れず、打球も前に飛ぶことがわかった。

h13

しかし、大きな当たりも出るもののフェンス越えはない。

h14

疲れてきたアントニー。

h15

大トニーに交代。
しかし、大トニーは巧打者だが、ホームランバッターではない。

h16

こんなこともあろうかと…

h17

スタッフは助っ人を用意していた。

h18

セパ両リーグでホームラン王を獲得した元中日ドラゴンズの山崎武司。

h19

さすがのスイング。

h20

続きを読む

このページのトップヘ