Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:小峠









ロケ地:川崎・根本造船所
本日の気温約35℃。

s1

前回放送で紹介した暑さ対策のファン付き作業服とファン付きヘルメットで快適。

s2

ゲストはバイきんぐの小峠英二さんと西村瑞樹さん。

s3

小型船舶1級を取得しているアウトドア派の西村。

s4

今回のテーマは船底塗料。

s5

船の歴史は船底塗料と海生生物の戦いの歴史でもあります。


s6

船の底はなぜ赤いのか?
船底塗料にまつわる様々な謎をひも解いてゆきます。

s7

1990年代、環境汚染につながる有機スズ化合物を含む船底塗料が禁止になる。
その後は改良された船底塗料が出てきているのではないか。

s8

船底塗料の最新情報を教えてくれるのは、千葉工業大学の柴田清先生。

s9

先生もファン付き作業着で快適。
バイきんぐと待遇が違うw

s10

船底塗料はなぜ必要なのか?

s11

フジツボや海藻が船底につくと、船のスピードが落ち燃費が悪くなる。
フジツボや海藻がつかないように、船底塗料が塗られている。

s12

紀元前の古代ギリシャでは、船底にタールやワックスを塗っていた。

s13

大航海時代の15~16世紀、コロンブスは船底に樹脂や牛脂を塗っていた。
そして、1625年、イギリスで船底塗料の特許第1号が生まれる。
しかし初期の特許の多くにはヒ素や水銀などが含まれていた。

s14

19世紀頃になると木造船から鉄船になり、多くの船底塗料が開発される。

s15

ところで、船底塗料に赤が多いのはなぜ?

s16

フジツボなどが付かないように毒物を塗っている。
銅系が多く、現代の主流は亜酸化銅。
船底の赤は亜酸化銅の色。

s17

ここからは船底塗料についてのあれやこれやを学びます。

s19

小峠がしっかり拾うので、タモリが安心してボケたおすw

s20

① 我が国で初めての特許は船底塗料

s21

明治18年、漆工芸家の堀田瑞松が船底塗料で特許第1号を取得。

s22

漆が主成分。
生姜や酒も入っている。

s23

② 日本海海戦の勝因は船底塗料

s24

日本海海戦(1905年)
日露戦争末期、日本の連合艦隊が対馬沖でロシアのバルチック艦隊を破った戦い

s25

地球を半周してやってきたバルチック艦隊の船底に大量の海生生物が付着し、スピードが出なかった。

s26

バルチック艦隊の航路。

s27

続きを読む









第4位 マテンロウ アントニー(19回)

s1

「双子の対決なんだかんだで引き分け説」でビーチフラッグ対決をするザ・たっち。

s2

兄が軸、弟がフラッグを掴む。

s3

アントニー「…ドロー」

s4

アントニーの名レフリーでしたw

s5

第2位(同率2位) バイキング 小峠英二・西村瑞樹(20回)

s6

クレイジーぷりっが番組にハマる西村。

s7

ドッキリ系を中心に出演した小峠。

s9

あえて雑に作ったドッキリ企画に小峠がどこまで乗るのかを検証。

s10

小峠が楽屋にいると、ニセ警察官がやってきて盗まれた財布を捜索。

s11

小峠が席を外している間に、あらかじめスタッフが小峠のカバンに財布を入れていた。

s12

いろいろ察して、小峠素直に逮捕される。

s14

外にはすでにマスコミが待ち構えていた。

s15

さすがに笑ってしまう小峠w

s16

ハウススタジオに連行される。

s20

取り調べを省略して即裁判。

s18

検察官に死刑を求刑されるw

s21

弁護人は何も弁護してくれない。

s22

判決。

s23

結局死刑w

s25

裁判所の隣に牢屋w

s29

牢屋に収監される小峠。

s26

さすがにボヤくw

s27

続きを読む





ロケ地:杉並区

最近は定額制で洋服借り放題というファッションレンタルの店が流行っている、というお話。

da1

ゲストは、宮本文昭さん、バイきんぐ小峠さん、久保田直子アナ。

da2

クラシック音楽の打楽器にはめったに登場しないものがいくつもあるので、レンタル楽器が使われることがあります。

da3

高円寺にあるプロフェッショナル・パーカッションは、そんなニーズに応える大手レンタル会社。
ありとあらゆるクラシック音楽の打楽器をストックしています。

da4

今回はめったに貸し出されず倉庫に眠っているレアな打楽器の音を堪能します。

da6

打楽器の演奏は、東京フィルハーモニー交響楽団、打楽器奏者の幸西秀彦さん。
楽器のレンタル事情の解説は、プロフェッショナル・パーカッション主任の山田諭さん。

da5

小峠さんが持ってる打楽器、ウィップは割りとよく使う。
レンタル頻度:月2~3回
貸出単価:540円/1日

da7

打楽器奏者はいくつかの打楽器を掛け持ちする場合が多いそうです。

da8

一つ目の打楽器はマーラーの交響曲第6番で使わるもの。

da9

見ての通りのハンマーw
楽器用ではなく、ホームセンターで購入した木槌。

da10

プロが試打。
ドンッ!

da11

レンタル頻度:半年に1回出れば良い方
貸出単価:5400円/1日(ハンマー台とセット)

da12

演奏中にハンマーの台座が落ちてしまい、悲劇的な曲が喜劇的になるw

da13

ハンマー演奏部分の楽譜。

da14

金属的ではない性質の音(斧を打ち込むように)、という指示も書かれています。

da15

打楽器奏者とはいえ、ハンマーの練習は疲れるからしないw

da16

ハンマーの演奏シーン。

da17

タモリもオーケストラの演奏に合わせてハンマーを打つ。

da18

ドォン!

da19

プロ顔負けの演奏でしたw

da20

続いての打楽器はベルリオーズの代表作、幻想交響曲で使われるもの。

da21

演奏されることが多い曲なので、貸出頻度は多い時で月に一度。

da22

カリヨン(教会の鐘)。
小さい方がド、大きい方がソの音程。

da23

演奏するときは金属のマレットで叩きます。

da24

幸西さんの試打。
カーン、カーン、コーン。

da25

貸出単価(ド):16200円/1日
貸出単価(ソ):27000円/1日

da26

カリオンは距離感を持たせるため舞台裏で演奏する。

da27

続きを読む





プレゼンターはオードリー春日さん。

br1

もはや説ではないw

br2

キャンプ場に集められた5人のタレント。

br4

先生が集合をかける。

br5

さっそく犠牲者が。 

br6

映画「バトルロワイヤル」のパロディ。
本編ではビートたけしが「この国はすっかりダメになってしまいました」と言っている。

br7
 
一人2個ずつ自分の落とし穴を持ち、自分の落とし穴の位置は知っている。
いかに他のメンバーを自分の落とし穴に誘い、落すか。
最後の一人になるまで落としあう。

br8

企画内容をすぐに理解できない人たちw

br9

松野が自分の落とし穴に誘おうとするが、大根過ぎて勘づかれる。

br10
 
それでも引っかかるバカもいるw

br11
 
 みやぞんアウト。

br13

 脱落したみやぞんのもとに行き、励ますたかし。

br14

たかしはみやぞんの地図を盗んでいた。

br15

たかしはみやぞんの落とし穴をゲット。

br16

たかしに促されて薪を取りに行く矢口。

br17
 
何かを察知したのか、遠い方にある薪を取り、落とし穴回避。

br18
 
ここでキャンプの先生として、バイきんぐ西村がやってくる。

br19
 
西村は芸人界一のキャンプ好き。

br20

西村は事情が分かっていない。

br21

楽しいバーベキュータイム。

br22
 
脱落したみやぞんもお弁当タイムw

br28

ランチの後はみんなで遊ぶフリータイム。

br23

遊び場所は、小峠の落とし穴のそば。

br24
 
矢口を落とし穴のそばに立たせることに成功。

br25

ボールを取りに行き、穴にはまる。

br26
 
矢口脱落。

br27
 続きを読む

ロケ地:神田神保町

このへん(神保町)は古書店や出版社が多い、というお話。

tks1

ゲストは入社2年目の池谷麻依アナと、社会人16年目の能町みね子さん。

tks2

そして、バイきんぐ小峠英二さん。
小峠さんは福岡県の田川出身。

tks3

今日は帝国書院にやってきました。

tks4

帝国書院といえば地図帳。
中学校のシェアはなんと約9割。
 
tks5

今回は来年で100周年を迎える地図出版の老舗、帝国書院の社員さんと地図クイズで対戦します。

tks6

解説は地図編集室の本田智比古さん。

tks7

本田さんのネクタイはスイスの地図w

tks8

各世代の地図帳。
タモリさん   1962年版
能町さん  1994年版
池谷アナ  2008年版 
2008年なんてつい最近だよ…。

tks9

アラビア半島にある国オマーンは、タモリさんの時代にはオーマンと呼ばれていた。
 
tks10

ナミビアは西南アフリカだった。
1960年代はアフリカが欧州の植民地支配と決別し次々と独立した時代。
(ナミビアは1990年に南アフリカ共和国から独立)

tks11

レオポルドビル→キンサシャ
アリとフォアマンが戦った場所。

tks12

ここで話についていけなくて無口になってしまった小峠をイジる。

タモリ「お前今日なんで来たんだ」
小峠「知らないですよ。そっちが勝手に呼んだんでしょ」
タモリ「呼ばれたら来るのか」
小峠「呼ばれたら来ますよ。都合のいい男ですよ」w

tks13

小峠さんの出身地、北九州の地図。
能町「二重四角は100万都市なんですよ」

tks14
 
 タモリさんの時代の地図帳には北九州市はない。
1963年、5市の合併により北九州市が誕生。

tks15

タモリさんの時代は日本は繊維産業がまだ盛んだった。

tks16

能町さんの時代はEUではなく前身のEC。

tks17

池谷アナの時代は、インターネット網、PC、携帯電話が普及。

tks18

能町さんは日本の市と人口をほぼ記憶したが、平成の大合併でその蓄積データが台無しになるw

tks19

帝国書院のお宝、大正9年の帝国地図。

tks20

東京はまだ市で、15区だった。

tks21

築地市場はまだなく、海軍の施設だった。

tks22

大正12年の関東大震災で壊滅した日本橋の魚河岸が築地に移転。

tks23

お台場の砲台跡がまだ残っている。

tks24

当時の山手線は中野発上野止まり。

tks25

上野ー秋葉原間は貨物列車の路線があった。

tks26

万世橋駅。

 tks27
続きを読む

このページのトップヘ