Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:宮本文昭





ロケ地:杉並区

最近は定額制で洋服借り放題というファッションレンタルの店が流行っている、というお話。

da1

ゲストは、宮本文昭さん、バイきんぐ小峠さん、久保田直子アナ。

da2

クラシック音楽の打楽器にはめったに登場しないものがいくつもあるので、レンタル楽器が使われることがあります。

da3

高円寺にあるプロフェッショナル・パーカッションは、そんなニーズに応える大手レンタル会社。
ありとあらゆるクラシック音楽の打楽器をストックしています。

da4

今回はめったに貸し出されず倉庫に眠っているレアな打楽器の音を堪能します。

da6

打楽器の演奏は、東京フィルハーモニー交響楽団、打楽器奏者の幸西秀彦さん。
楽器のレンタル事情の解説は、プロフェッショナル・パーカッション主任の山田諭さん。

da5

小峠さんが持ってる打楽器、ウィップは割りとよく使う。
レンタル頻度:月2~3回
貸出単価:540円/1日

da7

打楽器奏者はいくつかの打楽器を掛け持ちする場合が多いそうです。

da8

一つ目の打楽器はマーラーの交響曲第6番で使わるもの。

da9

見ての通りのハンマーw
楽器用ではなく、ホームセンターで購入した木槌。

da10

プロが試打。
ドンッ!

da11

レンタル頻度:半年に1回出れば良い方
貸出単価:5400円/1日(ハンマー台とセット)

da12

演奏中にハンマーの台座が落ちてしまい、悲劇的な曲が喜劇的になるw

da13

ハンマー演奏部分の楽譜。

da14

金属的ではない性質の音(斧を打ち込むように)、という指示も書かれています。

da15

打楽器奏者とはいえ、ハンマーの練習は疲れるからしないw

da16

ハンマーの演奏シーン。

da17

タモリもオーケストラの演奏に合わせてハンマーを打つ。

da18

ドォン!

da19

プロ顔負けの演奏でしたw

da20

続いての打楽器はベルリオーズの代表作、幻想交響曲で使われるもの。

da21

演奏されることが多い曲なので、貸出頻度は多い時で月に一度。

da22

カリヨン(教会の鐘)。
小さい方がド、大きい方がソの音程。

da23

演奏するときは金属のマレットで叩きます。

da24

幸西さんの試打。
カーン、カーン、コーン。

da25

貸出単価(ド):16200円/1日
貸出単価(ソ):27000円/1日

da26

カリオンは距離感を持たせるため舞台裏で演奏する。

da27

続きを読む

ロケ地は上野・東京文化会館。
クラッシック音楽の殿堂。

siki1

ゲストは、山田五郎さん、劇団ひとりさん。
いつになくフォーマルな装い。

siki2

山田五郎さんによると、東京文化会館はル・コルビュジエの弟子の前川國男氏が設計した名建築(1961)だそうです。

siki3

本日の主役、宮本文昭さん(65)と久保田アナ。

siki4

宮本さんは2015年3月21日に指揮者を引退。
指揮者は1日2万回以上腕を振る、想像以上に過酷な職業なのだそうです。 

siki6

ということで、今回は宮本さんが激しく消耗した名曲の数々をご紹介します。 
 
東京文化会館大ホールに移動。

siki7
 
宮本さんはもともとはオーボエ奏者だったのですが、57歳ぐらいで指揮者に転向。
年がいってからの転向だっただけに、指揮者活動による肉体の消耗が激しかったそうです。
 
siki8
 
では、最初の指揮者殺しの名曲。
チャイコフスキーの弦楽セレナーデ。

siki9

人材派遣会社のCMでなじみがありますね。
プロ奏者は”チャイコの弦セレ”と呼んでいるそうです。

siki12

<チャイコの弦セレの指揮者殺しポイント>
曲の出だしでいきなりテンションを120%まで上げなければならず、精神力を消耗する。 

siki10
 
宮本さんがチャイコの弦セレを指揮しているときの様子。
静止画だとわかりませんが、動画では確かにいきなりフルパワー全開でしたw

siki11
 
宮本さんが一生懸命説明しているのに、ニヤついてたタモリさん。

siki13

宮本さんが話していると、身ぶり手ぶりがだんだん指揮者になってくるので、おかしかったようです。
 
siki14
 
ロシアの巨匠アシュケナージのチャイコフスキーに関するエピソード。

siki15

NHK交響楽団の定期演奏会でチャイコフスキーの交響曲第3番を演奏していた時、右手に持った指揮棒を左手に刺してしまった(2004年の出来事。左手に指揮棒が5センチ刺さる大けがだったようです)。

 siki16

宮本さんは演奏中に足がつってしまったことがあるそうです。
「痛い、痛い、痛い!と思いながら…」指揮を続けていたそうですw 

siki17
 
宮本さんは指揮棒を持たないスタイル。
プレイヤーから指揮者になったので、楽器屋の店員に「こいつ調子こいてんじゃね?」と思われるのがイヤで指揮棒を買えなかったそうです。 
そういう理由?w

続きを読む

このページのトップヘ