Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:始点終点

今回のゲストは篠原涼子さん。

ryoko1

42歳になりますが、相変わらずおきれいです。
夫の市村正親さんとは24歳差だそうです。
以前地下鉄で市村さんを見かけたことがありますが、明らかに一般人とはオーラが違いました。
ただ車両のシートに座っているだけなのに、ウキウキと楽しそうでした。
 
篠原さんは宮沢りえさんと外出先でちょくちょく出くわすそうで、先日は温泉の浴場で遭遇したそうです。
有名女優二人が鉢合わせするような温泉ってどこなんでしょう。

ryoko2
 
遅れて建築家の近藤さん(タモリ)が来店。
新国立競技場の問題で 近藤さんは責任を取らされそうになり憤慨しています。
そういえば近藤さんの風体は、新国立競技場のコンペの審査委員長を務めた安藤忠雄さんに似ていますw
 
ryoko3
 
近藤さんによると、”結婚は狂気”だそうです。
何億人もいる異性の中から、一人だけを選ぶという行為は狂気以外の何物でもない、ということです。
確かに恋愛は双方がちょっとおかしくなっている状態とも言えます。
脳科学者によると、そういう異常な心理状態(恋愛期間)は平均3~4年だそうです。
そう考えると、恋愛期間が終わってから本当の結婚生活が始まるのかもしれません。
 
ここで新企画、「超能力者タモ=ゲラー緊急来日」。
タモ=ゲラーはモノが手作りか機械で作ったものかを当てることができるそうです。

ryoko4

検証①は卒塔婆。
タモ=ゲラーはこれが機械製であることを見抜きます。
卒塔婆プリンターは、テレビで何回か見た覚えがあります。

 ryoko5

検証②はテニスボール。
これは機械だろうと思いましたが、タモ=ゲラーは手作りと宣言。
正解は手作りでした。
おばちゃんが手作りでテニスボールを作っているVTRが流れます。

検証③はおかきの海苔。
これは、手作りでも、機械でもなくタン(舌)とタモ=ゲラーは宣言。
工場でおばちゃんたちが舌で海苔を湿らせておかきに張っている場面が流れますw

これはどう考えてもウソでしょう。

となると、②のテニスボールも怪しくなってきます。
気になってちょっとググってみましたが、ボールに黄色いフェルト(メルトン)を貼り合わせるところだけはほんとうに手作りなのかもしれません。
テニスボールの作り方

最後にタモー=ゲラーは意味不明の英語のコメントでコーナーを締めます。
”no woman no cry”の部分はレゲエの神様ボブ・マーリィの歌から取っているようです。 

近藤さんは、飲み会で月光仮面の真似をした男が鴨居に頭をぶつけて失神したという話をしていましたが、これとよく似たエピソードが伊丹十三さんのエッセイにありました。
確かこっちはスーパーマンの真似をしてやはり何かに激突して失神した話でした。
どちらも共通するのは、普段はおとなしい真面目な性格の男性だということ。
変身願望が強すぎて、余計な力が入ってしまうのでしょうかw

盗まれたパンツを体育館などで広げて写真を撮ることに能町みね子女史は疑問を投げかけていましたが、確かにそうですね。
これは外国人の目から見ても珍妙な光景のようです。
インドネシア人の本音

証拠写真として撮影するのでしょうが、押収物は元の所有者に所有権はないのでしょうか?
証拠としてはともかく、被害者のパンツの写真をメディアに公開するのはいかがなものでしょう。

ここで、私立湯島女子高等学校のコーナー。
前回は合唱部でしたが、今回は吹奏楽部です。

ryoko7

ラテン楽器のギロを演奏するJKタモリw
70になってもこういうことを喜々としてやるタモリさんはカッコいい。

常連客のU-zhaanさんと沖仁さんが篠原さんの大ヒット曲「恋しさとせつなさと心強さと」を即興で演奏。
プロの本気のセッションはやはり素晴らしい。

ryoko9

コアなファンがいる「始点終点」、今回は上信線の下仁田駅。
下仁田といえば、ネギとコンニャク。
それと、井森美幸さんの出身地です。
国道沿いの峠の茶屋で”井森美幸ちゃんがアルバイトしていたお店です”という看板をみたことがあります。

ryoko8

車止め標識を擬人化して、無駄に叙情的なナレーションが好きですw

ところで、「ヨルタモリ」は9月いっぱいで終了するそうです。
ようやく調子が出てきた、という感じなのでなんだかモッタイナイ。



ゲストは加山雄三さん。
常連客は、能町みね子さん、U-zhaanさん、沖仁さん、市川紗椰さん。

 kayama1

今回はいやに賑やかですが、 U-zhaanさん、沖仁さんは音楽要員、市川さんは鉄道要員で招集されたようです。
加山雄三さんは、歌手・俳優として知られていますが、鉄道模型のコレクターでもあります。

岩手のジャズ喫茶店主の吉原さん(タモリ)が入店すると、すぐに話題は鉄道に。
鉄オタが3人で話すと専門用語が飛び交うので、一般人には会話の内容が理解できません。
ちなみに、加山さんが言っていたビッグボーイはアメリカの世界最大級の蒸気機関車のことのようです。

kayama2

加山さんの鉄道模型コレクションは、伊豆堂ヶ島の加山雄三ミュージアムに展示されているそうです。 

鉄オタたちは新幹線の停車のタイミングで一盛り上がりして、列車の車窓から見る地形の話へ。
吉村さんは、車窓のカーテンを下ろしている人を見ると腹が立つそうです。
吉村「オレ、有名人じゃなかったら、開・け・ろっ…」
能町「吉原さん、有名人じゃないですよ」
つい話に夢中になり、タモリさんは設定を忘れてしまいましたw

加山さんは飛行機の免許も取ろうとしたのですが、奥様に止められて断念したそうです。
吉原さんによると、ベンツのエンブレム(スリーポインテッド・スター)は陸海空での繁栄を目指していることを表しているのだそうですが、結局空(飛行機のエンジン)は制覇できなかったそうです(もともとはヘリコプターを作っていたようですが)。

 kayama3

ここで、マニアには大人気の「始点・終点」のコーナー。

kayama5

今回は茨城県ひたちなか海浜鉄道湊線終点の阿字ヶ浦駅。
阿字ヶ浦駅は昭和3年に海水浴客のために作られた駅だそうです。

kayama4
 東洋のナポリと称される阿字ヶ浦海岸

ところが昨年、国営ひたちなか海浜公園への延伸計画が持ち上がり、阿字ヶ浦駅が終点ではなくなる可能性が出てきました。

タモリNa:(車止めは)喜びと哀しみが入り混じった複雑な表情を見せている…。
長年線路が先に延びることを夢見ていたが、その実現はここが終点ではなくなり、自分(車止め)が必要なくなることを意味する。
始まりは終わりでもあり、終わりは始まりでもある…。

kayama6

車止めを主人公にしたナレーションも良かったですが、湊線と周囲の景色がノスタルジックでした。

「海の日(7月20日)は加山雄三が作った」。

初めて聞く都市伝説でしたが、加山さんによると、昔海の日は海の記念日と呼ばれ休日ではなかったそうです。
海の記念日を休みにして、家族で海と夏を楽しんで欲しい…。
そういう思いから、加山さんは海の記念日を休みにするよう国に陳情したのだそうです。
実質的には、この都市伝説は事実のようです。

kayama9

続きを読む

このページのトップヘ