Halohalo online

ブログ再開しました。 以前ほど頻繁に更新できないかもしれませんが、ぼちぼちやっていきます。

タグ:大谷石

「宇都宮は”東京”に欠かせない町」
その理由とは何か?

a39

タモリさんたちは東武宇都宮駅のすぐ近くにやってきました。

a1

カトリック松が峰教会
昭和7年に建てられた国の有形文化財

a2

東京に欠かせないものとは「大谷石」だった。
大谷石:
宇都宮市の北西部・大谷地区で昭和30年頃から採石されている

a3

ロマネスク様式の教会のアーチ型や紋様は加工しやすい大谷石が向いていた。

a4

東京の街づくりに欠かせない大谷石。

旧帝国ホテル

a5

築地本願寺(塀)

a6

旧国立競技場(土台)

a7

代々木公園

a8

教会内部。

a9

大谷石は内装で使うと暖かい味わいがある。

a10

パイプオルガンの演奏~♪

a13

林田アナは芸大音楽学部卒。

a11

音楽室の壁に穴があるのと同じ原理?

a43

大谷石は音響が良いことがわかり、東京のコンサートホールの内装にも使われ始めている。

a12

続いてタモリさんたちは、市街地から北西に8キロの大谷地区にやってきました。
ここで大谷石の採石場跡を見学します。

a14

ここには大谷石の山があったが、採石してなくなった。

a15

山の残骸。

a16

採石場内部。

a17

調査用の大谷石のサンプル。

a18

大谷石は軽石凝灰岩(軽石を多く含む火山灰が固まってできた岩)なので、軽い。

a20

昭和10年ごろの大谷。

a21

大谷石でガッポガッポw

a22

続きを読む

JR宇都宮駅前からスタート。

a1

宇都宮といえば餃子。

a2

旅のお題は「宇都宮は”江戸”に欠かせない町?」。

a3

隣に誰かがいる…。

a4

宇都宮の案内人は栃木県立博物館の江田郁夫さん。

a5

江戸から宇都宮まで100km。
今なら新幹線で50分。
江戸時代なら歩いて3日ほど。

a6

タモリさんたちは駅から西に1キロほどのところにある二荒山神社にやってきました。
二荒山神社は別名「宇都宮」。

a7

宇都宮の由来。

a8

二荒山神社は下野国で一番格の高い神社なので一宮(いちのみや)。

a9

一宮がなまって「うつのみや」。
*諸説あります

a10

第112回 宇都宮

a14

丘の上にある神社。

a11

まずは本殿にお参り。

a15

二荒山神社は台地の端にあり、関東平野は階段下の平地から始まる。

a12

宇都宮は関東平野の北の端に位置している。
東北を押さえる拠点だった。

a13

続いてタモリさんたちがやってきたのは二荒山神社から南に1キロの場所。

a16

大谷石の塀
宇都宮の大谷地区の特産品。

今でも見るけど、大谷石の塀は昭和の頃は都内でも多かった。

a17

石好き。

a18

そして猫好き。

a19

宇都宮ネコ歩きw

a20

続きを読む

日本には現在約6000館の博物館があるそうです。
今回の新3大は、数ある博物館の中でもちょっと珍しい博物館をご紹介。

haku1

有識者は博物館マニアの盛田真史さん。



① 東京都「港区立港郷土資料館」

有識者の盛田さんによれば、「決して大きくはないが、ドキドキする体験ができる博物館」だそうです。 

港郷土資料館は、三田駅から徒歩2分、三田図書館の4階にあります。

haku2

この資料館の特徴は、”お触りOK”。

haku3

全長7メートルのミンククジラの骨。

haku5

ミンククジラの骨を触るADお菓子ちゃん。
木のような感触だそうです。

haku6

アジアゾウの下あご。
象の歯の感触も触って確かめられます。

haku8

2万年以上前のナウマンゾウの牙の化石。
これも触れます。

haku9
 
約20点の動物の骨が触り放題!

haku10
 
港区の住民が提供した昔の民具も触り放題。

haku11
 
足踏み式ミシン。
ウチにもありました。

haku12
 
一番の目玉は土器の持ち上げOK。

haku16

3500年前に使われていた縄文土器をお菓子ちゃんが持ち上げる。
これだけ触って入場料無料!

haku14

お菓子ちゃん、スタジオで感動を伝えるw

haku15
 
② 東京都葛飾区「郷土と天文の博物館」

有識者の盛田さんによると、「ここの魅力はライブ感のあるプラネタリウム」だそうです。

入館料大人100円、小・中学生50円。

haku17

 フロアは5階まであります。

haku18
 
プラネタリウム観覧料:大人350円、小中学生100円。

haku19
 
こちらのプラネタリウムは何が違うのか? 

haku20
 続きを読む

このページのトップヘ