Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:変態仮面

世間ではマッチョブームが来ているのでしょうか。

このところテレビでやたら筋肉を見ているような気がします。

ライザップのCМ(関東限定?)で一般人の筋肉を見せつけれ、今旬の俳優、鈴木亮平さんは「変態仮面」、「TOKYO TRIBE」と立て続けにギリシャ彫刻のような肉体美を披露しています。 

hentai2
 映画「変態仮面」より

水曜日の「怒り新党、新三大○○」ではボデイ・ビルダーを取り上げていました。
私は今までボディ・ビルというものがイマイチ理解できなかったのですが、この番組を見てはたと腑に落ちました。

ボディ・ビルをスポーツと考えるからよく解らなくなるのです。
あれは自分の肉体を使うアートなのです。
言ってみれば、スポーツというよりも盆栽に近い趣味の世界なのです。
 コンテストも競技会ではなく、筋肉の品評会ととらえれば納得がいきます。

bodybilud

 とはいえ、あれだけの肉体を作り上げるためには相当ハードなトレーニングとストイックな生活が必要なはずです。
そうまでしてのめりこむ心理は依然として理解不能です。

翌木曜日の「アウトデラックス」では、体を鍛えている芸人矢野勝也さんと俳優、格闘家の金子賢さんがゲスト出演していました。 
 
矢野勝也さんを知っている人はなかなかのお笑い通だと思いますが、「すべらない話」でしばしば登場する兵頭さんの相方さんなんだそうです。
ウイキぺディアによれば、矢野・兵頭の漫才は評価が高いそうですが、矢野さんはアドリブに弱い(致命的!)そうです。

yanokatuya

結局、特に面白い話はなく、子供が3人いる懐に余裕のないオジサンは使用料1回400円の地元(尼崎)の市民体育館のジムでトレーニングをしているという、普通のオジサンのお話でした。

一方、金子賢さんはかなり本格的に体を鍛えているようです。
渋谷にある高級ジムでトレーニングを積み、食事も完全に筋肉を作るためのメニューです。
ボデ・ィビルとはちょっとコンセプトが異なるベストボディジャパンという肉体美を競うコンテストの東京大会で今年優勝したそうです。

kanekoken
 東京大会での金子賢さん

ボディビルとは違う…と言われても一般人の目から見れば鉄オタのノリ鉄とトリ鉄の違いを説明されているようなもので、同じジャンルという認識しか生まれてきません。

たまたまどちらの番組もマツコ・デラックスさんがМCをしていましたが、マツコさんは皮下脂肪の少ないムキムキの体よりも、筋肉にいくらか脂肪がのった体の方がお好みのようでした。

ストイックに体を鍛えあげる人たちの気持ちはイマイチわかりかねますが、今までなおざりにされてきた筋肉に関心が寄せられることは悪いことではないような気がします。
若いうちにしっかりした体を作っておけば、年がいってから腰や膝の痛みに悩まされることも少なくなると思います。

 




 

最初のゲストは俳優の鈴木亮平さん。
NHKの連ドラではヒロインの夫役、数々の話題の映画にも出演している今最も旬な俳優さんです。

鈴木亮平さんは世界遺産検定1級の資格を持っているそうなのですが、本人はインタビューなどで世界遺産の話を振られるのが嫌なんだそうです。 
何故なら、相手が世界遺産など興味がないくせにその話題を振ってくるからだそうです。
世界遺産の話をしても、聞き手の目は死んでいる…。

わからないではありません。
よく初対面の相手に「どちらにお住まいですか?」って聞かれませんか。
「○○です」
「…ああ、私の友達が住んでいたことあります」
だから、なんだよっ、とつい思ってしまいます。
だいたい、お前は俺が住む町にも、俺にも興味ないだろっ。

若い頃はそんな風に思っていました。
でも、相手だって興味がないのに何とか会話を成立させようと努力しているわけです。
相手を思いやる気持ちが足らなかったと今は反省しています。
 
でも、確かに世界遺産って、騒がれる割には興味わかないないなあ…。
富士山も富岡製糸工場もそんなに行ってみたいとは思いません。
行ってみたい世界遺産は遠すぎるし…。
ゴメン、鈴木君。

srilanka
鈴木亮平さんお勧めの世界遺産「シギリア・ロック」 頂上には古代都市の遺跡がある

さて、鈴木亮平さんの次回公開予定(8/30)の映画作品は園子温監督の「TOKYO TRIBE」です。
「変態仮面」に続き、また彼の肉体美満載の作品のようです。

tokyo tribe
「オレの○○○が最高にデカいはずじゃー!」とシャウトしてましたww

これについて、「一度(裸の作品を)引き受けると、やってくれると思われるみたいで…」と、ぼやいていました。

鈴木亮平さんは英語もドイツ語も堪能なインテリジェンス溢れる俳優さんです。
ほんとうは、ちゃんとスーツ着てエリートビジネスマンの役なんかをやりたいのかもしれません。
でも、ガテン系の役も悪くないと思います。
腐らず頑張ってください。
 
 次のゲストは秋本志保さん。
アラフォーの一般人女性です。 

秋本-300x173

なぜこの人がゲストかというと、あちこちのテレビ局のインタビューに登場するのでやらせ要員ではないかと疑われて有名になったそうです。

ほんとうは、ただの”追っかけ”だそうです。 
追っかけをしている結果、街頭インタビューに引っかかるようになった模様です。

しかし、その追っかけっぷりがハンパじゃない。
名だたる有名人たちとの2ショット写真撮影に成功しています。

総勢404名。
日本人だけでなく、マイケル・ジャクソン、ジョニー・デップ、トム・クルーズ、アンジェリーナー・ジョリーといったセキュリティの厳重そうな海外勢との2ショット撮影があるのがすごい。

トム・クルーズ-300x207

2ショット写真を撮るため、数日~1週間前から現場(会見会場、ホテル、空港)に入りベスト・スポットを見つけておくそうです。

すさまじい執念…。
この人に命を狙われたら、まず助からないような気がします。

しかし、秋本さんのおっかけ魂の本領が発揮されたのは、収録終了の合図が出てからでした。
収録は終わったのに本人はスタジオの居心地がいいのか、なかなか帰ろうとしません。
始めはニコニコして相手をしていたMCの二人も、とうとうシビレを切らして腰をあげてしまいました。
それでも動こうとはしません。
撮影用のライトが落ちて暗くなっても、まだボソボソと喋りながら帰る気配を見せません。
最後はレギュラーの山下クンに「帰ってください、お願いします!」と懇願されていました。

ここに彼女の追っかけスキルを見たような気がします。
快く2ショットの写真を撮らせてくれる有名人って、実はそう多くはないと思います。
断られても、露骨に嫌な顔をされても、彼女は目的を達成するまで笑顔を絶やさず粘り続けたのではないでしょうか。

意味のないことに情熱を燃やす人は嫌いではありません。

でも、友達には絶対したくありません(笑)。





 
HK/変態仮面 アブノーマル・パック[DVD]
鈴木亮平
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2013-07-12

前からちょっと気になっていたので、ネットで見てしまいました。
これを劇場で見た人はかなり変態度が高いと思います(笑)。

まず見る人を選ぶというか、かなり疲れていてこれっぽっちも頭を使いたくないという時に見るとよいかもしれません。
まあ題名がストレートですから、この手のものが嫌いな人は手を出さないと思いますけど。
私は原作は知りませんが、ほぼ小中学生レベルの下ネタ満載ナンセンスギャグ映画です。

主人公の変態仮面の作りこみはかなり良いです。
役者さん(鈴木亮平)の肉体が同性の私が見ても美しく、作品全体をきれいなものにしています。

hentai2

最強の敵、ニセ変態仮面もかなり強烈な個性です。
演じている安田顕氏はいろいろなドラマや映画で見かける売れっ子俳優なので、ここまでやって大丈夫かと心配になりましたが、もともとそういう(変態)キャラで注目された役者さんみたいですね。
とにかくその変態っぷりは、本家をはるかにしのいでいました。

yasudaken

惜しむらくは、なんか作りが雑。

他のキャラクターの作りや演出はB級どころか文化祭の自主映画レベルで、なくても良かったんじゃないかと思うほどテキトーです。
唯一、真面目仮面を演じる佐藤次郎氏は個人技で見せ場を作ってました。

とにかく、力を入れている場面と入れてない場面でムラがありすぎました。

スパイダーマン並みのクオリティは求めませんが、こういう映画だからこそ細部まで丁寧に作ってほしかった。

ラスボスとの対決でのヒロインとの絡みは予想通りの展開だったので、満足でした(笑)。


hentai3
この作品が認められて、鈴木亮平はNHK朝の連ドラヒロインの恋人役に抜擢(??)
ヒロインの清水富美加ちゃんも朝の連ドラの「まれ」で注目されました。

鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動
キネマ旬報社
2014-09-12

 

このページのトップヘ