Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:動物









芸人が舞台からはけるときの顔を見てみたい

番組HP。

a1

欲望コーナーの投稿。

a2

中川家礼二がマネする今くるよ師匠が舞台からはけるときの真顔w

a3

投稿採用。

a4

ルミネtheよしもとの舞台袖に隠しカメラを設置。

a5

M‐1ファイナリスト相席スタート。

a6

「新婚さんいらっしゃい!」のありがちな夫婦w

a7

さわやかカップル風。

a8

M‐1チャンピオンNON STYLE。

a9

二人の表情が対照的。

a10

とろサーモン久保田の作り笑い。

a11

婚活中の隅田さん。

a12

笑顔の隅田さんとベテラン芸人風の腕時計を見る馬場園さん。

a13

昨年のM‐1、3位スーパーマラドーナ。

a14

二人の性格がよくわかる。

a16

ベテラン漫才師、テンダラー。

a17

普通のサラリーマン。

a18

以上。

a19

ノンスタイル石田は求道者アピール?w

a20

有吉くんははけが早い。

a21

マツコがスタジオから出てくるときには、有吉くんはエレベーターのボタンを押している。

a22

今日の収録終わり。

a24

会釈しながらさっと去る有吉くん。

a23

ちょっとけだるい表情のマツコ。

a25

マツコはスタッフたちと二言、三言言葉を交わすのが決まり。

a26

続きを読む




今回の新3大は、名演技を魅せる動物たちの紹介です。

dot1
  
動物タレントの草分け的存在、名犬ラッシー。

dot2

映画で主演をつとめる動物も。

dot3

全国にたくさんある動物プロダクションの動物タレントの中から、動物プロデューサー三上昇さんが魅力溢れる演技をする動物3匹を選出しました。

dot4

① 三毛猫 ドロップ 


ドロップは度胸のある撮影向きの女優。

dot5
 
茨城県稲敷市 グローバル・アニマルアクト。

dot6

ドロップ (三毛猫 6歳 メス)

dot7

出演作品は、NHKの朝ドラ「あまちゃん」など全5本。

dot8

雑誌の表紙もいくつも飾っています。

dot9

飼い主ではない人間が近づいても逃げない。
*映画「先生と迷い猫」より

dot10

カメラマンが近づいても堂々と歩く。
*映画「先生と迷い猫」より

dot11

毛色が淡く上品なのも魅力の一つです。

dot13
 
普通の三毛との比較。

dot12
 
ドロップはもともとはノラ猫でしたが、先代社長が美しさと物怖じしない度胸にほれこんで芸能界に入れました。

dot14

牛が近づくと、普通の猫だと逃げようとする。

dot15

でも、ドロップは動かない。

dot16

イヤだけど動かない。

dot24

なめられても動かないw

dot17

初めて来た場所で塀の上を歩かせる。
カメラマンが近づいても平然と歩きます。

dot18

「先生と迷い猫」で共演した岸本加世子さんもドロップを絶賛。

dot19

② フレンチブルドッグ たれ蔵

 たれ蔵は一つの才能しかないが、その一つが飛びぬけている。

dot20

千葉県松戸市。
遠藤警察犬家庭犬訓練所(通称:遠藤ドッグスク-ル)。

dot21
 
警察犬の訓練、ペットのしつけとともに、動物プロダクションも兼業。

dot22

たれ蔵(フレンチブルドッグ 6歳 オス)

dot23
 
めちゃコミックのCMでおなじみ。

dot25

CM出演7本。

dot26
 
続きを読む

夏目「詐欺師みたいな動物…どんなものだと思われますか」
有吉「カッコウみたいなね、他の巣に卵を生んで…そういうことじゃないのかな?」
夏目「そういうことじゃないんです」
バッサリw

gitai2

今回は、自分を周りと同化させて敵から身を守る擬態生物の新3大。
一番知られているのはカメレオンですが、身を守るだけでなく、他の目的で擬態をする動物もいるようです。

gitai1

① ミミックオクトパス

1998年に発見された、比較的研究歴史の浅いタコです。
ミミックは”真似る”という意味。

今回の有識者、遠藤教授。
先生はミミックオクトパスのスピーディな変化がたまらない、のだそうです。

gitai3

タコはそもそも周りの景色に溶け込むのが上手い生物。
約3000種類いるタコですが、その擬態の仕方は千差万別。

gitai4

 そんなタコの中でも、遠藤教授が「変装する詐欺師」と絶賛するのがミミックオクトパス。
 
 gitai5

天敵のカニ参上。

gitai6
 
一瞬にして真っ黒になったミミックオクトパスにビビるカニ。
 
gitai7
 
ヒラメに擬態して、海底を泳ぐ。

gitai8
 
他にもカサゴ、海ヘビ、シャコなど、変装パターンは10種類以上あるそうです。 

gitai9
 
タコの表面には色素を持つ斑点があり、筋肉で変形させて体色を変化させているそうです。

gitai10
 
実は私たちになじみのある単色のタコの方が珍しく、世界的には柄のあるタコが主流 。

gitai11

どうやってタコたちが周囲のモノを認識して真似をしているのかは、まだ解っていないそうです。
 
gitai12
 
② ランプシリス

ランプシリスは北米の川に棲む二枚貝。

自分の体の一部を小魚に擬態しています。

gitai22

小魚を狙うブラックバスが近づいてきます。

gitai21

ブラックバスが擬態した小魚に噛みついたとたん、”白い何か”を放出。

gitai15

その”白い何か”はブラックバスのエラに入りこみます。

gitai16

”白い何か”の正体は、ランプシリスの子供。
エラから栄養を吸い取り、食べられやすい時期を安全に生き延びるという戦略です。

gitai17

ランプシリスは「悪女」という話から、スタッフから遠藤先生への質問。

gitai18
 
「騙されるほど、私は魅力的なオスではない」と言い、自らの言葉に凹んでしまう先生w

gitai19

続きを読む

ホワイト・レインボウ(湯島のバー)に黒柳徹子さん(81)が来店されました。

yorutamo4

黒柳さんは70歳近くまではいくら食べても太らなかったそうですが、70過ぎて赤福を毎日1箱(20個入り)食べていたらさすがに肥ったそうです。 
普通は40前後で中年太りに悩みますが、徹子さんは一般人とは体の作りが違うようです。

徹子さんは健康のために寝る前にジャイアント馬場さん直伝のヒンズースクワットを50回するそうです。
膝をあまり深く曲げると膝に負担がかかるので、軽く曲げて45回、最後の5回は深めに曲げるのが徹子流。
りえさんによるとダンサーの田中泯さんもゆっくり浅めのスクワットを勧めていたそうです。 

徹子さんは、何とかというところに行くと太った人が筋肉ムキムキになるので(たぶんライザップのこと)、あんなになれるならちょっと行ってみたいと思っているそうです。
バーにいたお客さんたち(タモリ、能町)は自分はやりたくないが、徹子さんが(ライザップの)CMに出るのは見てみたい、とうことでしたw

検便にまつわる徹子さんや吉村さん(タモリ)の笑い話の後、りえさんがバーで飼っているネコを徹子さんに紹介しました。
(毎回番組に登場している三毛猫ですが、本名はドロップ、あの人気ドラマ「あまちゃん」にも出演していました)
徹子さんは猫にお説教をするのが得意ということで、ネコを抱いてお説教を始めました。 
ネコはお説教をされている間も逃げないでじっと大人しくしていました。

yorutetu1

徹子さんはこれまでも様々な動物と会話をしたことがあるそうです。

旭山動物園のシロクマ(♂)には恋の手ほどきをしてあげ、そのせいかシロクマ(♀)との関係が良くなったので動物園の人にお礼を言われたそうです。 
 
動物と話す時は、上からものを言ったり、下手に出たりしてはいけないそうです。
普通に話しかけるのがベスト、なのだそうです。

上野動物園のカバの赤ちゃんを撮影した時、母カバが赤ちゃんを隠すので写真を撮らせてほしいと普通に話しかけて頼んだところ、母カバは俄然赤ちゃんカバの撮影に協力的になったのだとか。

また、ドラマの撮影の時に(出演している)牛の位置が違うので、大人4人で牛を引っ張って動かそうとしてもビクともしなかったのだそうですが、徹子さんが牛に1メートル下がるように頼んだところ、ちゃんと1メートル下がってくれたそうです。

タモリさんの合唱のコントから、徹子さんが音楽学校でオペラ歌手を目指していた時の話になりました。

yorutamo2

徹子さんの声は、とても声がよく通る「整数次倍音」なのだそうです。
反対に声が通らないのは「非整数次倍音」。

(整数次倍音の)本によると、有名人の中で代表的な「整数次倍音」は、徹子さんとタモリさんなのだそうです。

yorutamori5

吉村さん(タモリ)によると、「整数次倍音」は聴いた人に崇高なもの、上のもの、飛びぬけたもの、という印象を与えるそうです。
「非整数次倍音」の声は、雑音の成分が混じっているのですが、聴いた人の感情に訴えてくるのだそうです。
有名人ではたけしさんが「非整数次倍音」の声の持ち主。
 
また、西洋音楽の場合は、非整数次倍音をなるべく排除しようとする傾向にあり、東洋の音楽は非整数次倍音を どうとりこんでいくかを考えているのだそうです。

そういう観点からだと、フラメンコは西洋音楽とは思えないと吉村さんが話すと、同席していたフラメンコギタリストの沖仁さんがおおいに同意していました。
 
沖仁さんのお話では、フラメンコギターはフラメンコ歌手のおじいさんのかすれたダミ声をギターで再現しようとしているのだそうです。 



 

このページのトップヘ