Halohalo online

特にテーマは決まっていません。 興味のある記事があれば、ぜひぜひお立ち寄りを。

タグ:修理

昨年(2014)の晩秋でしたか、台所で皿洗いをしていると突然妙な音が聞こえてきました。
「フォフォフォ~ッ」
それは見たこともない怪鳥の鳴き声のような、不気味な音でした。

この不審な音はその後も時折繰り返し聞こえてくるようになり、私は正体不明の怪音にしばらく怯えていました。
が、とうとうその音の源がガス給湯器だということをつきとめました。
ネットで調べたところ、こういう音がするのはウチだけではなく、給湯器の具合が悪くなるとそういう警告音が鳴るのだということを知りました。
ノーリツ ガス給湯器のエラー警告音

しかし、給湯器自体には目立った故障はなかったので、そのまま使い続けました。
 
ところが12月末ごろになると、コントロールパネルのボタンを押しても電源がオンにならなくなることがあったり、逆に勝手に電源がオンなっていたりという現象が出るようになり、さすがにこれはまずいと思いメーカー(ノーリツ)のメインテナンスの人に来てもらいました。 
メインテナンスの人の診断によると、燃焼機能は衰えたといえどもまだ大丈夫だが機械に指令を出す部分(CPU?)がおかしくなっているということでした。 
「それは人間でいうと、まだ体は動くけどボケが来たという感じでしょうか」
と私が聞くと、
「その通りです」
というお答えでした。

体が動くなら、少々ボケたからといって見捨てるのも可哀そう(ほんとはケチなだけだがw)と思い、いよいよダメになるまでこのまま使い続ける旨をメインテナンスの人に伝えました。

その後も給湯器は不気味な鳴き声を上げたり、電源がなかなかオンにならなかったりと不具合を続けましたが、最終的にはお湯は出るのでだましだまし使い続けていました。

ところが今年の8月、とうとうお湯が途中で水になってしまう現象が時折起こるようになり、いよいよ別れの時を覚悟しました。
まだシャワーが水でも耐えられる夏にダメになってくれて、けなげなヤツです。

メーカーのメインテナンスの人に昨年来てもらった際に見積もりを出してもらっていましたが、私はまずつきあいのある地元の工務店に電話を入れました。

あの東日本大地震で家の2階の屋根が崩れてしまった時も、私はこの工務店に修理を依頼しました。
実はこの時もほかの工務店にも見積もりを出してもらったのですが、修理代金が倍以上違っていました(もちろん地元の方が安い)。
家の修理・維持については、必ず複数の業者から見積もりを出させるのは鉄則です。

かといって、安ければいいというわけでもない。
ネットでかなり安く請け負う業者も多数ありますが、全く知らない業者に頼むのはリスクもあります(価格・サービスともに満点の業者もあるようですが)。
価格と信用が家の修理依頼については一番大事なポイントです。

また、どこかの紹介だからと言って、安心はできません。
テレビがデジタル放送に切り替わった際、ウチも地デジ対応テレビを購入しましたが、テレビを買ったコジマ電気の紹介で業者にアンテナをつけてもらいました。
ところがテレビは映りません。
その業者は、ウチの電線が古くて細いので電流が減衰してしまうのだ、とイケシャアシャアとぬかしました。
そのくらいのこと、業者ならアンテナをつける前に分かりそうなものです。
この当時は母親の介護のこともありバタバタしていたので特に文句も言わず、工事代を払って(7万ちょっと)引き取ってもらいました。
その後通販でマスプロアンテナを購入して、自分でアンテナを取り付けテレビは見られるようになりました。
そして、数年後のある台風の夜、2階のてっぺんにあった業者がつけた役立たずのアンテナは吹き飛んで、その残骸は今でも屋根に放置されています。

先の壊れた屋根の修繕費でぼったくり価格の見積もりを出した工務店も、区の紹介の建設会社の下請けの工務店でした(親方と打ち合わせをした時点で嫌な感じはしていました)。

さて、話が少々それてしまいましたが、今回の給湯器についてはメーカーと地元の工務店の二つに見積もりを出してもらいました。
信用度では互角。
価格でいうとメーカーの方が少しだけ安かったのですが、今後のおつきあいも考慮して工務店経由での給湯器交換を依頼しました。
給湯器の工事費込の価格は地元の工務店が一番高いというネット情報もありましたが、これはケースバイケースだと思います。

取り付け工事には70過ぎのおじいちゃんが一人だけ来て、黙々と作業していました。
腰痛ベルトを巻いていたので、用済みになった古い大型給湯器をワゴン車に運ぶときはお手伝いしました。
この時、給湯器はかなり重いことを知りました。

ウチの旧給湯器は2000年に取り付けたものなので、享年15歳。
これは給湯器としては長寿な方だと思われます。
ググってみると給湯器の寿命は7~12年、10年前後が一般的なようです。 
中には、30年、27年という驚異的な長寿情報も見受けられました。
今の給湯器は昔と違って作りが複雑なのでこれほどの長生きは望めないようです。
 ガス給湯器の寿命はどれくらい?

繰り返しになりますが、給湯器も含め家のメンテナスについては価格も様々、サービスの質もだいぶ異なります。
実感として詐欺まがいの業者も決して少なくありません。
複数の業者に見積もりを出してもらったうえで交渉して、総合的に判断するのが望ましいかと思われます。


今回はプロレスラーの真壁刀義選手が試合中に壊した長机(リング場外に置いてあるヤツ)を修理するという企画です。
レスラーは会場の器物を破壊すると後で請求書が送られてくるそうです。
事情通によると、リングの周辺にある長机は、プロレス団体側が用意したもので、壊れやすいように鉄のフレーム部分などは細工してあるそうです。

gohan1

ゲストは真壁選手、浅草キッド、ユージ(元大工見習い)。 
タモリさん以下、台東区の工務店を訪れました。

まず、工務店の社長さんが合板(ごうはん、”ばん”ではない)についてレクチャー。
一般に合板をベニヤ板と呼ぶことが多いのですが、もともとはベニヤ板は単板なのだそうです。 
木目が直交するように単板(ベニヤ)を重ねたものが合板ということです。

gohan
 
いよいよ長机に適した合板を捜してゆきます。

最初のエントリーはフィンランド・バーチ合板。
白樺で作られており、耐水性のある接着剤を使用しているので水に強いという特徴があります。
船の甲板などに使われているそうです。

gohan3

 中々粘り強い合板で、真壁選手が飛び乗っても壊れませんでした。

次はファルカタ合板。
ファルカタは成長の速い木なので、軽いそうです。

gohan4
 
 タモリさんは壊せませんでしたが、玉袋筋太郎氏がぶっ壊しました。

次はシナ合板(共芯)です。
一般的なシナ合板は表面だけがシナ材で中はラワン材ですが、シナ合板の共芯はすべてシナ材で作られているそうです。

gohan7

シナ材はまっすぐな(フラットな)木なので、段ボール箱などの紙の容器の抜型用合板に適しているそうです。

gohan6

ユージくんがあっさりまっぷたつにしました。

4枚目はブナ合板。

gohan8

堅い板なのでパチンコ台の板に使われるそうです。

 gohan9

タモリさんが飛び乗りましたが、割れません。
この後真壁さんもチャレンジしましたが、壊れませんでした。 

続いて、ラワン・ランバーコア合板。
中芯部分が木のブロックになっています。

gohan10
 
強度はあまりないそうです。
4人が静かに板の上に乗ったところで、割れました。

6枚目のパーチクルボードは今までの合板と少し趣が違います。
木質廃棄物(木屑)を削って、接着剤で固めたものです。

gohan12

これはタモリさんでもあっさり割れました。

7枚目はLSL。

gohan13
 
合板ですが厚みがある(38mm)ので、梁などに使うそうです。

gohan14
 
飛び乗ったユージくん、衝撃が下半身に跳ね返りました。 
真壁選手でもビクともしませんでした。 

 これまでの候補の中から、最終的に真壁選手が長机の修理に選んだ合板は、

gohan16
 
しなりの良いラワン・ランバーコア。
これなら衝撃を吸収して、きれいに割れそうです。
プロレス向きですw

gohan15
 
タモリ倶楽部美術班が早速ラワン・ランバーコアで長机を修理しました。 


 

長年吊るしっぱなしだったレースのカーテンがボロボロになってきました。

さすがに最近切れ目が目立ってきたので、修繕することにしました。
ネットで調べたら、手芸用ボンドを使う方法が載っていたので、即採用。 

早速、ダイソーで手芸用ボンドを買ってきました。
2種類あったのですが、乾くと透明になるタイプを選びました。

003


カーテンの切れた縁にボンドをつけます。
特に切れ目の両端はボンドでしっかりくっつけて、被害の拡大を防ぎます。
くっつけた箇所はクリップで挟んでゆきます。
のりしろ部分をクリップで挟むと、クリップもくっついてしまうので少しずらして挟みます。
こんな感じ↓

001


10分ぐらいたったら、クリップを外します。
カーテンにクリップがくっついている時は慎重に丁寧にはがします。
 
 切れている場所が10か所ぐらいあったので、半日仕事になりました。
 翌朝チェック↓

002
 
近くに寄って見れば修繕箇所は解りますが、遠目では目立ちません。

 ただし、ボンドは水溶性なので洗濯は厳しいと思います。
 
手芸用ボンド**極細ノズル 【クロバー】【手芸用品】
手芸用ボンド**極細ノズル 【クロバー】【手芸用品】 

【ハマナカ】手芸用ボンド ※クロネコメール便・ゆうメールNG! 【category3-8】
【ハマナカ】手芸用ボンド ※クロネコメール便・ゆうメールNG! 【category3-8】 


フィリピンのセブ島で自転車を借りて(アウトドアツアー・ショップ プラネット・アクション)サイクリングをしました。

白砂のビーチが有名な観光地ーホワイト・ビーチに行きましたが、あいにくの曇り空で人はほとんどいませんでした。
私の他に観光客といえば、ビキニからはみ出たお肉が気になるアラフォーの白人女性4人組ぐらいでした。
地元の漁師兼海の家のおじさんと少し立ち話をして、リゾートホテルの中庭で遊んでいた犬たちを写真に撮ってから自転車が停めてある駐車場に戻りました。

CA390058
 モアルボアル ホワイトビーチ

自転車を漕ぎだしてすぐ後輪のタイヤがパンクしていることに気づきました。
悪路を来たので釘でも踏んづけたのかもしれません。
あるいはイタズラされたのかもしれません。
原因はどうあれ、パンクしていることには変わりありません。

私は自転車を引いて歩き出しました。
無理して乗ってリム(車輪)でも歪めた日には、自転車屋に預けたデポジット(保証金)の5000ペソ(当時のレートで約1万円)が返ってこない恐れがあるからです。
ビーチの入り口にいたガードのオジサンにパンクを直せるところはないか聞いたのですが、そのオジサンは現地語で何やら言いました。
言葉はわかりませんが雰囲気でわかったのはもう少し先に村があるからそこに行ってみろ、ということでした。

自転車を引いてしばらく歩いていると雨がぽつぽつと振ってきました。
ジャングルの中に小さな家々が数件見えてきたところで、雨は本降りになってきました。

CA390064
 闘鶏用の鶏を飼う家は多い

粗末な、一間しかない小さな家の窓から若い夫婦がこちらを見ているのに気づきました。
「パンクを直せるところありませんか」
身振りを交えてつたない英語で彼らにそう呼びかけると、彼らは隣の家を指さしました。
「隣?そこ?」
あまりに近くに目的地があったことを訝しく思いましたが、私はその家に近づきました。

その家はよく見ると、トロトロ(簡易食堂)になってました。
食堂と言っても普通の家の軒先で営業しているようなごく小さな店です。
テーブル席が一つと手作りのカウンター。

そのカウンターの向こうで18、9くらいの娘が店番をしていました。
「あのーパンクを直してください」
私がそう言うと、彼女は大きな声で誰かを呼びました。
彼女は何度か呼びましたが、返事はありません。
強くなった雨脚の音だけが私たちを包んでいます。

「今いないみたい。遠くには行ってないと思うけど…」
「じゃ、少し待ちます」
パンクを直せる人がいるのなら、待つ価値はあります。
それに外は雨です。
そして、ちょうどお昼時でした。
待っている間、お昼ご飯を食べることにしました。
「ここ食堂ですよね。何がありますか?」
「今日あるのは鶏レバーとナスの炒め物と魚のフライ」
「じゃあ、魚。それとビール」
「わかりました…あなた日本人?」
「そうだけど…なぜわかるの」
「その…」
彼女は少し躊躇しているようでした。
「…話し方」
「ああ」
どうやら私は日本語なまりが強い英語を話しているようです。
学生時代、テキストの新単語にカナでフリガナを振っていたツケでしょう。

私が小さなテーブルの席についていると、ほどなく彼女が食事とビールを運んできました。
食事は山盛りのごはんと15センチほどの魚のフライが一匹。
以上。

フィリピンの庶民の食事は実にシンプルです。
私は街のジプニーの車掌クンの横顔を思い出しました。
スペイン系の血が混じった彼はなかなかのイケメンでしたが、少し痩せすぎで顎が尖っていました。

おかずとごはんの比率があまりにアンバランスで、私はご飯を半分近く残してしまいました。

軒下で物欲しげな様子の犬がこちらを見ていたので、私は掌にご飯を載せてそいつを呼びました。
犬はおずおずと私に近づき、手の上のごはんをうまそうに食べ始めました。

CA390063
こちらの犬は概ねおとなしいが、狂犬病を持っていることがあるので注意

すると娘が店の奥から出てきて、「&%$#!」
と、犬を叱りつけます。
客人からエサをもらうような真似をするなということでしょうが、仁王立ちの娘は犬と座っている私を見下ろし、完全に私も一緒に叱られている感じでした。

どこからともなくオジサンが現れ、ビニール袋に入れたナスの炒め物をテイクアウトしてバイクで去ってゆきました。
雨は少し小やみになってきました。

私は娘に声をかけようとしてカウンターの方を見ましたが、そこには誰もいないように見えました。
立ち上がってカウンターの奥の暗がりを覗くと、椅子に座った彼女が身じろぎもせずじっと虚空を見つめていました。
まるでお寺に安置された菩薩像のようです。

「あの…家の人は帰ってこないかな」
「まだ…みたい」
「そろそろ行きます。他にパンクを直せるところありますか」
「ボーカサイスィング・レスト」
「えっ?」
「この先を行った右手にあるわ」
「もう一度言ってくれますか?」
「ボーカサイスィング・レスト」
どういう場所か見当もつきませんが、私はその名前を頭に刻みつけました。
「いろいろありがとう。さようなら」
「さようなら」

私は雨上がりのぬかるみの道を自転車を押しながら再び歩き始めました。

続きを読む

このページのトップヘ